ロマンチックカラー 

2008年01月20日(日) 19時00分
最期の時、あたしは良い女でTHE ENDする為、

韓国ドラマにも目劣りしないシナリオの中で生きていた・・・。





その頃、男の性癖ひとつにしても知識がないからして、嫌悪しようもない。

つまりバリエーションを知らないのだ。

その夜の気分(TPO)に合わせてSEXしてる小洒落た艶女には

仮にTバックを愛用する女になれたとしても全く無謀な話だった。


あたしの頬がいくら可愛くバランスの良いパステル調のピンクに色づいても、

その傍ら、料理の出来ないキッチンドリンカーだなんて知ったら、

男はそのまま無一文で部屋を飛び出し、

行き交う車は鋭い女の眼光に見立てたかの様なフロントライトを突き刺さすだろう。

最早、男にはその蚊の威力にも似た眩しさについても、知ってか知らずか気にならなくなり、

前後の記憶と言う名の過去も現在も全てパンドラの箱に詰め込んで

ただ、ひたすらに未来と言う名の光を信じ環七あたりをだらしなく彷徨うだろう。



無理矢理のキスもいい。

でも、拒む演出を買って落ちる男が一番ドラマ中毒だ。


あたしは人の神髄に出逢いたい。

性を唱えることに嫌悪を抱いたりはしない。


でも、投げかけた言葉の端々を多方面から切り抜いてたぐり寄せてくれる

そんな心に出逢いたい。

出逢った時は一瞬で分かる。

そんな出逢いは数多くもないけど、

確実に定期的なスパンでやって来ることも知っている。

差して、狙って打てる訳も無いので、いつだって

「Let it be」な訳だが。


ロマンチック症候群の民よ。

ポーズをキメる前に貪欲であることをまず認めるべきだ。

そこには色とりどりのエクスタシーが存在するだろう。


こんな風に矛盾世界で泳ぎ続けるのは人間の極意みたいな。

もがけば、もがくほど、毛細血管で迷子になって

引き返す事も、突き通す事も、正しくない様に思えてくる。



どんなに愛したってこの血統があなたのものと同一されることはないのに。

どんなことをしたって交わりきれやしないのに。

個体として存在する限り、どうしようもないのに。

それでも、エンドレスに今日も愛と性を唱えて眠るのだ。


チョコレートになって、溶けちゃって、彼の中に流れちゃって、

そしたらキス出来なくなっちゃって・・・って思うと、

やはり、この世界が正しい様な気にもなる。

それぞれで在ることが素晴らしく良かったなぁ。と、思う。

もうすぐバレンタインだ。

繋ぎたいのは 

2008年01月15日(火) 18時28分
終電で彼の住む世田谷へ向かったあたしだった。

その夜、隣で眠る彼を夢に見て、ぼんやりと目が覚めたところで不思議な感覚がした。


朝、起きると雪がちらついても良い季節の匂いがした。

二人で歩くのは駅までの距離、徒歩5分足らずの道のり、

まだその冷えた手はお互いのそれぞれのポケットへ、しまわれたままだった。

そんな時こそ得体の知れない勢いで「ギュッ」と、

その腕に絡み付く素直さが自分に欲しかった。

スワロウテイル 

2007年12月06日(木) 1時33分
腑抜け状態で観ていた。

現実と非現実の境なんてそもそも存在しないことを

あたしはこの映画で幾度と学習したのだ。


今日もビールを飲みながら

昨日、仕事で怒られた事を思い出していた。

誰も知らない世界で、誰かは生きていて、

そのまた誰かも生きていたり、死んで逝ったりする。

そのひとり、ひとりがスポットライトを浴びる日は果たして来るのだろうか?

まあ、たいした謎でもないから考えないけど。

とにかく誰かの運命みたいなのに、また誰かの運命みたいなのが重なり合って

この世界が出来上がる。

そこには天地が確かに広がっているが、国境も人種も抱えた現実も

荒野を浮遊するタンポポみたいに確かなものなんて、何一つないんだ。

あたしが昨日、怒られた現実も、あたしが忘れれば、

あたかも夢で見た脳の片隅でひっそりと、ぼんやり、

「そう言えばそうだったかも。」そんな具合だ。


歌いたければ、歌い。

泣きたければ、泣いて。

笑いたければ、過去に腹を抱えて笑った話を思い出せば、簡単だ。


単純な事だ。

この世は偶像に過ぎない。

今、己の精神が何処に所在しているかだけだ。

コン!コン!コン!「入ってますか?」状態。

目を、耳を信じ過ぎると、きっと誤った方角へと人間は歩み出す。

理性で片付かなくて、科学が無力に感じたらいこう。

そこではUFOだって証明出来る。

信じる事が出来るんだ。

結論 

2007年12月05日(水) 3時47分
悩みがつまみ化してビール1リットルを飲み干した。

いや、実際悩みなんてどうでも良かって、

もっとバカで、単純で、酔っぱらい思考でぼんやりと悩みを片付けた。


それより、気づいたんだ。

初めて付き合った彼氏とは3年過ごし、

先月、振られた。

しかし、自分に彼氏と呼ぶ存在がこんなにも不都合だったものかと。

だって、だって、休みの日は昼からビールだし、

こたつは死ぬほど欲するのに、

性欲は全く湧かないんだ。


嗚呼。もう、悩みって何だ?

独り身が寂しい歳でもなく、

人生見えた感でもない。

まだまだビール飲みたいし、

JAZZも歌いたい。

セックスはしたい相手が出来た夜から考えれば余裕だ。


刺激的な恋を先月して、今月の頭、気づいたら終わっていた。

自己嫌悪なんて意味深じみた事じゃなく、

素直に自分は結婚出来ないと、悟った。

ぼんやり、そんな事を考えていた。
自己主張
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:neco
  • アイコン画像 血液型:AB型
読者になる
楽に生きることを目指したら
こんなんになりました。
2008年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
一言、頂きました。
アイコン画像ヨシオ
» ロマンチックカラー (2008年10月18日)
アイコン画像ダッチ伊藤
» ロマンチックカラー (2008年10月13日)
アイコン画像めーたん
» ロマンチックカラー (2008年10月07日)
アイコン画像きりひと
» ロマンチックカラー (2008年10月01日)
アイコン画像マヨネーズ・ラテ
» ロマンチックカラー (2008年09月30日)
アイコン画像ゆりり
» ロマンチックカラー (2008年09月28日)
アイコン画像ハム太郎
» ロマンチックカラー (2008年09月25日)
アイコン画像ikumi
» ロマンチックカラー (2008年09月22日)
アイコン画像MASA
» ロマンチックカラー (2008年09月18日)
アイコン画像えびふりゃー
» ロマンチックカラー (2008年09月17日)