デコッパチとロクさん

August 06 [Sun], 2017, 21:56
オペレーションして人工歯根を埋め込んだ後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。



人工歯根を埋め込んだことで、その他の歯の神経も刺激されて反応し立ためで、移植がなじんでくれば、違和感もなくなることが自然な流れです。実は他の問題が隠れていたということもありますので、異変を感じた場合は歯科医の判断を仰ぐことで早めの対応をしていきましょう。
移植治療はどのような流れかというと、段階が大きく3つに分かれます。
最初に人工根元を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというのが大まかなプロセスです。


長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってちょうだい。
このため、移植メディカルケアをはじめてから義歯を使えるようになるまで、要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えていいでしょう。



どんな歯科診療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、おもったよりの費用を要することは確かです。健康インシュアランスが使えることもまれにありますが、厳しい条件を満たさなければならず、普通は治療の全てが自費になるのが負担が大きくなる原因です。

現状では最低線が十数万円、難しい手当てを受けるケースでは治療全体で、その数倍の費用が必要になることを重々承知しておいてちょうだい。

移植治療を受けたい方のネックにもなっていますが、メディカルケアはほぼ保険適用されません。


なぜ適用されないかというと、移植治療をすすめようとするとインシュアランスが適用されるブリッジ、入れ歯などよりコストがかかり、設備や技術も要するからです。移植をあごの骨に埋め込むだけでなく、移植と周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので診療全体に医療費がずいぶんかかるのです。


もしこのメディカルケアが保険適用だったら、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。
移植治療の問題点を色々な情報媒体から調べているでしょうが、問題の一つに、移植を埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという話があったのではないでしょうか。

それは本当のことではありません。
MRI検査では、磁場に反応して画像が創られます。

金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。


しかし、移植は主にチタンが使われているので金属ですが、磁気には反応しません。
検査で問題になることはまずありません。
これは移植治療が最適、とされるのは失った歯だけの手当てで済ませたいと、患者が考えている場合です。

ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。移植診療の場合、人工付け根を骨に直接埋め込むので失った歯のみにはたらきかける手当てと言えるのです。



周辺の歯に影響を与えたくないという事情のケースなら、歯科医から移植治療をすすめられるはずです。喫煙が、移植診療の成否に及ぼす影響はおもったより大きいというべきでしょう。
移植メディカルケアは数ヶ月かけるつもりではじめなければなりませんが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が診療成功の絶対条件となります。


組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは例外なく阻害するはたらきをします。


インプラント治療のために何でもできると思うなら、診療を受けている間は禁煙を決意してちょうだい。移植とクラウンがどうちがうかというと、自分の付け根を使えるかどうかの問題です。
差し歯は無理で、義歯が必要になっても、付け根部を支えとしてのこす事が出来れば自分の付け根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンという義歯をはめられます。



これに対し、抜歯した後は、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他にあごの骨に穴を開け、人工根元を埋め込む移植治療を検討することになります。

どんな方にもインプラント治療が良いワケではありません。他の診療が難しい方にすすめられる治療なのです。

周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由で移植診療を要望することになるという患者さんに適用されるのが普通です。移植と入れ歯がどうちがうかというと、移植は根元がある分だけ噛み心地は自然で、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。新たな歯科医療の形として注目されている移植。その耐用年数は、ちゃんと使っていれば一生もつと言われるのですが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。口内のセルフケアを怠れば、せっかくの移植もすぐに劣化してしまいます。また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、人工根元の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数も短くなり、最悪の場合は移植自体を埋め直す必要が出てきます。
ご存じの通り、インプラントメディカルケアはほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。
医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。
手間はかかりますが、年一回の確定申告(誤りなどがある場合には、修正申告や更正の請求が必要になります)によって医療費を収入から引くサービスを受けられます。
確定申告(誤りなどがある場合には、修正申告や更正の請求が必要になります)を行うときには、メディカルケアのたびにもらっている領収書が医療費を払った唯一の証明ですからなくしたり、レシートの印字が消えたりという間ちがいがないよう他の医療費と伴に、1年分をもれなく保管してちょうだい。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Hinata
読者になる
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/svyhrbeece0edy/index1_0.rdf