前田でシモフリスズメ

February 21 [Sun], 2016, 23:35
小さな胸がコンプレックスでも、遺伝の問題だから仕方ないと考える女性もたくさんいることでしょう。意外かもしれませんが胸の大きさは遺伝よりもいつもの生活の影響が大きいということです。思い切ってプチ整形なんてする前に、普段の生活を見直してみましょう。気づかないうちにバストアップを妨げる生活習慣をしていて、胸がAカップなのかもしれないです。
一般に、バストアップクリームの成分には女性ホルモンの分泌を活発にするものが含まれていて、乳房を大きくすることが期待できるのではないでしょうか。適当にバストアップクリームを塗るよりは、肌によく染み込むように丁寧にマッサージをする方が効き目が体感できます。

とはいえ、使えばすぐにバストアップするわけではありません。姿勢を正しくすることでバストアップにつながるということを常に思い出してください。小さい胸にみられてしまう姿勢の中にはよく知られている「猫背」があります。これは、成長に大切な血のめぐりを抑制してしまうため、バストの成長を妨げてしまいます。美しい姿勢を続けるためにはそれに必要な部分の筋肉が必要となりますが、今の自分にその筋力がついてないと、大切な胸を支えられないでしょうなれないうちは苦労するかもしれませんが、毎日の生活のちょっとしたときに思い出して、姿勢を正していってください。

バストアップ効果抜群といわれる食品では、豆乳が最も有名ではないでしょうか。



豆乳には大豆イソフラボンという物質が含まれていて、まるで女性ホルモンのような働きをするといわれているのです。



現在では、飲みやすいように独特の臭いを消した豆乳が作られていますから、敬遠せずに豆乳を摂取するようにするのもいい方法です。とはいえ、豆乳ばかりたくさん飲みすぎるのはいけません。バストの小ささにお悩みなら、筋肉を鍛えることも有効な手段です。

というのも筋トレにはバストを支えるための筋肉を作る効果があり、胸が大きくなりやすくなるのです。

ただし筋トレだけを続けたとしても今すぐバストアップ!とはなりません。



ですから、並行して違う方法を行うことも続けなければなりません。疲れを翌日に残さない睡眠や、マッサージをしてみるのも良いでしょう。最近では、バストサイズをあげられないのは、遺伝の関係というよりも日々の生活が似ているのが原因というのが主流となる考え方です。

栄養の偏り、運動の不足、充分な睡眠を確保できていないことなどが、胸の成長の妨げとなっているのかもしれません。親子や姉妹の間でもバストのサイズが違うことは、よくあることですから、今後の生活習慣によっては、成長する可能性はあります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:龍之介
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/svirskyfmrie2e/index1_0.rdf