グーグル、プロセッサ開発の新興企業アグニラックスを買収――クラウド・サーバ向け開発のため? / 2010年04月23日(金)
 米国Googleはプロセッサ技術を手がける新興企業、Agniluxを買収した。同社には、2008年にAppleに買収されたチップ設計のPA Semiや、Cisco Systemsの元幹部たちが名を連ねている。

【関連画像を含む詳細記事】

 近年積極的な買収戦略を進めるGoogleだが、買収の第一報はThomson Reuters傘下の未公開株式情報サイト、peHUBで報じられた。Google側もAgniluxを買収したことは認めたが、詳細は何も明らかにされていない。

 低電力チップ設計を手がけていた米国PA Semiは2008年、Appleに約2億8,000万ドルで買収された。その技術は、現在人気の「iPad」が搭載している「A4」プロセッサに採用されていると言われる。

 しかし、今年2月にNew York Timesのブログに掲載された記事によると、その後多くの元PA SemiがAppleを離れ、新たにAgniluxを設立した。例えば、PA Semiで販売と事業開発を担当していたアマージット・ジル(Amarjit Gill)氏は、SNSサイトのLinkedInで自らを「Agnilux創業者」と名のっている。また、PA Semiでハードウェア&システム・アーキテクト担当副社長を務め、Appleでディレクター職にあったマーク・ハイター(Mark Hayter)氏は、Agniluxの「システム・アーキテクト兼COO」だとしている。

 さらにNew York Timesの記事では、Agniluxの取締役会のメンバーとして、Ciscoの元従業員も複数名加わっていると指摘されている。Ciscoの元副社長で、ネットワーク業界のベテランであるジョン・ウェーカーリー(John Wakerly)氏も、LinkedInに「Agnilux共同創業者」という肩書きを掲載している。

 GoogleがAgniluxを買収した理由について、「Nexus One」の後継モデルとなるスマートフォン向け技術開発ではなく、電力効率の高いクラウド・サービス運用向けサーバを開発するためだとする指摘が出ている。

 モバイル・デバイス関連メディアのRethink Wirelessは、次のような論評記事を掲載している。「Agniluxは、Intelなどの(サーバ向け)プラットフォームではなく、ARMアーキテクチャをベースとした巨大クラウド・サーバ・アーキテクチャの実現を目指すだろう。クラウド・サーバ分野は高い将来性を秘めている」。

(Network World米国版スタッフ)

【4月22日21時39分配信 COMPUTERWORLD.jp
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100422-00000005-cwj-sci
 
   
Posted at 03:02/ この記事のURL
全モデルにテレビ機能を盛り込んだフォトスタンド型PC――「VALUESTAR N」 / 2010年04月23日(金)
 NECの個人向けデスクトップPC「VALUESTAR」シリーズにおいて、主力機種となるのが液晶一体型の「VALUESTAR N」だ。画面解像度1600×900ドット(WXGA++)の20型ワイド液晶ディスプレイを搭載し、本体厚が約6センチ(設置時の奥行きは約16.9センチ)のスリムなフォトスタンド型ボディを採用する。

【拡大画像や他の画像】 【表:VALUESTAR Nシリーズ店頭モデルの概要】

 2010年夏モデルは、エントリー向けの液晶一体型PC「VALUESTAR E」シリーズを統合することでラインアップを拡充。ボディデザインとPCアーキテクチャを2010年春モデルから継承する一方、全モデルに地上デジタルテレビチューナーを内蔵し、SDXCメモリーカード対応(UHS-Iは非対応)のカードスロットを新設するなど、仕様の底上げが行われた。また、プリインストールOSはWindows 7 Home Premiumの32ビット版から64ビット版に変更している。

 製品ラインアップと予想実売価格は、Core i5-430M(2.26GHz/最大2.53GHz)と1TバイトHDD(7200rpm)、Blu-ray Discドライブを装備した最上位機「VN770/AS6」が19万円前後、Core i3-350M(2.26GHz)と1TバイトHDD(5400rpm)、DVDスーパーマルチドライブ搭載の中位機「VN570/AS6」が16万5000円前後、Celeron P4500(1.86GHz)と500GバイトHDD(7200rpm)、DVDスーパーマルチドライブを備えたVALUESTAR E後継という位置付けの下位機「VN370/AS6」が14万5000円前後だ。2010年春モデルと比較した場合、OSの64ビット化に伴い最大メモリ容量が8Gバイトに増えたほか、VN570/AS6はCPUとHDDが強化された。

 それぞれにクランベリーレッド、ファインブラック、パールホワイトの3色のカラーバリエーションが用意されるため、製品ラインアップは合計9モデルとなる。発売日はいずれも4月28日の予定だ。各モデルには本体と同色のワイヤレスキーボード/マウスが付属する。

 テレビ視聴・録画・管理ソフトの「SmartVision」は、録画番組をケータイに転送して視聴できる「外でもVIDEO」機能にSD画質(640×480ドット)モードを追加したほか、音声付きの早見再生やスロー再生が行える「きこえる変速再生」、本編とCMの間に自動でチャプターを打つ「オートチャプター」といった機能が利用可能になった。

 なお、NEC Direct限定のWeb直販モデル「VALUESTAR G タイプN」では、テレビ機能として、地上/BS/100度CSデジタル放送対応のダブルテレビチューナーを選択することもできる。

【4月23日1時25分配信 +D PC USER
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100423-00000001-zdn_pc-sci
 
   
Posted at 02:58/ この記事のURL
auお客さまサポートサイトでの顧客情報閲覧、変更も可能だったことが判明(KDDI) / 2010年04月23日(金)
KDDI株式会社は4月20日、「auお客さまサポート」サイトのWeb画面において、au携帯電話回線の契約を譲り受けた顧客情報を、そのau携帯電話回線の契約を譲渡したユーザが照会できる不具合が発生していたとして4月7日に発表した件について、追加情報を公開した。これによるとユーザから、譲渡したユーザが譲り受けたユーザの情報を変更可能であったとの申し出が4月15日にあり、調査の結果、4月16日に変更可能であったことを確認したという。

また、変更可能な状態にあった対象数2,837件のうち、譲渡したユーザによる譲り受けたユーザの情報変更が184件発生していた。照会できた内容は、譲り受けたユーザの住所、氏名、生年月日、電話番号、契約日、料金支払方法、月間ご利用料金合計額、料金支払年月日などの情報で、5件についてはクレジットカード番号または口座番号の信用情報が含まれていた。このうち変更できた情報は、au携帯電話の料金プランや割引サービスの申し込み、変更などの情報であったという。この件の発生日時は2009年5月11日から2010年4月6日6時までで、2009年5月11日に実施した「auお客さまサポート」のシステム改修におけるプログラムミスが原因だという。


【関連リンク】
「auお客さまサポート」WEB画面における他のお客さま情報の照会について (一部追加)

auお客さまサポートサイトで顧客情報が閲覧できる不具合(KDDI) (2010年04月08日) 4月22日16時16分配信 Scan
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100422-00000003-vgb-secu
 
   
Posted at 02:54/ この記事のURL
ASスポーツカート:MIHAMAシリーズ第2戦を前にウエイトに対するハンデを調整 / 2010年04月23日(金)
 オートスポーツMIHAMAスポーツカートシリーズは5月22日に第2戦を迎えるが、4月22日のエントリー受付開始を機にハンディキャップの調整が行われ、公式サイトスポーツカート情報局にて発表された。このハンデ調整は多くの参加者が耐久レースを楽しみつつ、好バトルが期待できるように、MIHAMAサーキットの特性を考えたものとなっている。

 趣味で楽しむことをコンセプトとして行われるオートスポーツ スポーツカートシリーズ(ASシリーズ)は、「コストをかけずにレースをエンジョイ」できるよう、勝つために手段を選ばないようなスタイルでの参加をブロックすることを目的として規則を制定。初年度の2009年は東日本、西日本ふたつのシリーズで全9戦が行われ、多くのエントラントで賑わっていた。

 MIHAMAシリーズは昨年のプレシーズンマッチを経て、今季よりシリーズ戦となった。3月に行われた開幕戦では、AS東日本シリーズをベースとした共通規則を基に、各チーム員の体重、年齢に応じたドライバーストップ回数を設定。
 ただ、MIHAMAサーキットは長い登りのメインストレートがあるため、ドライバーの体重によるスピードの差が大きい反面、2時間が基本となっているレース時間では、1回のピットストップの影響が大きいことから、より実情に合わせたハンディキャップストップ(ドライバー交代)回数をサーキットが算出し決定した。

 あわせて、参加者がカートを用意して出場するGT1クラスの車両規定も変更。前戦出場チームのマシンの状態を確認、またヒアリングを行った結果、マフラーの交換を不可として、交換パーツによる競争に歯止めをかけ、さらにハンディキャップストップとの関連で、GT1クラスの車両重量を出場選手の平均体重との合算して150kg以上となるようにした。

AS MIHAMAシリーズ第2戦からの規則変更点(公式サイト「スポーツカート情報局」www.sportkart.infoより)
☆GT2クラス ハンデピットストップ(ドライバー交代)回数
チーム全員の体重の平均値から下記回数のドライバー交代を義務付け
平均体重 70kg以上 → ピット回数 4回以上
平均体重 65〜70kg未満 → ピット回数 5回以上
平均体重 60〜65kg未満 → ピット回数 6回以上
平均体重 55〜60kg未満 → ピット回数 7回以上
平均体重 55kg未満 → ピット回数 8回以上

※ドライバーの年齢によって体重は計測値に以下の数値を加える
50歳以上→5kgプラス
60歳以上→15kgプラス
70歳以上→30kgプラス

☆GT1クラス ハンデピットストップ(ドライバー交代)回数
ドライバー交代回数は5回とし、ドライバーの平均体重+車両重量=150kg以上をクリアするように車両重量を設定。

★両クラスとも計量したドライバーは決勝中、最低10分以上の走行を義務付け

☆GT1マシン改造範囲
マフラーはノーマルのみ
車両重量は、ドライバーの平均体重+車両重量=150kg以上となること。重量が満たない場合はバラストなどで調整

[オートスポーツweb 2010年4月22日] 4月22日21時13分配信 オートスポーツweb
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100422-00000004-rcg-moto
 
   
Posted at 02:51/ この記事のURL
<自転車>全日本学生ロードシリーズ開幕、中大の笠原がリーダーに / 2010年04月23日(金)
 日本学生自転車競技連盟が主催する全日本学生ロードレースカップシリーズの開幕戦、菜の花飯山ラウンドが長野県飯山市で4月17日にヒルクライム、18日にクリテリウム(ポイントレース形式)が行われた。学連登録選手だけでなく、日本自転車競技連盟や日本実業団自転車競技連盟登録選手も参加可能で、シクロクロス全日本チャ
ンピオンの辻浦圭一(ブリヂストン・アンカー)をはじめ、パールイズミ・スミタ・ラバネロの実業団選手も出場した。


インカレロードや学生選手権個人ロードなどの選手権大会とは別に、日本各地で年間12戦ほど実施されるシリーズ戦。最終戦は2月に行われる明治神宮外
苑クリテリウム大会で、昨シーズンは東京大学の西薗良太がシ
リーズ総合優勝を飾っている。

 同シリーズは、インカレロードや学生選手権個人ロードなどの選手権大会とは別に、日本各地で年間12戦ほど実施されるシリーズ戦。最終戦は2月に行われる明治神宮外苑クリテリウム大会で、昨シーズンは東京大の西薗良太がシリーズ総合優勝を飾っている。
 今回のヒルクライムは、距離5.7km、標高差484m。短めのコースだが、3ヒート制で合計タイムを競うインターバル・スプリント型ヒルクライム。しかしながら前日に季節外れの雪が降り、一時は開催も危ぶまれたが、地元飯山市の迅速な除雪作業により、午前に予定されていた市民レースが昼からスタートしたのに続き、2ヒート制に縮小して無事行われた。

 1ヒート目。ジロ・デ・イタリアの山岳ステージのような、雪の壁に囲まれた道をトップで駆け上がって来たのは、大阪大の角谷健吾。2位に中央大の笠原恭輔、3位に西薗と続いた。2ヒート目は、チームコラテックの齋藤がトップゴール。2位西薗、3位笠原となった。2ヒートを合計したタイムでの総合順位は、西薗が優勝。第1日終了時点のリーダージャージを獲得した。

 翌日は1周1.15kmのクリテリウム。5分おき(3〜4周)にポイント周回が設定され、1位から5点、3点、2点のポイントが与えられる。ポイント周回が不確定で、逃げを作った方が有利ということもあり、スタート直後から頻繁にアタックがかかった。
 ほとんどすべての逃げに乗り、積極的にポイントに絡んだのは前日2位の笠原。2位の選手に倍近いポイントで圧勝した。2位は同じ中央大の飯野智行。3位にはパールイズミ・スミタ・ラバネロの栂尾大知だった。

 この結果2日間の飯山ラウンド総合成績も笠原、飯野、栂尾となり、リーダージャージは笠原が獲得した。次のロードレースカッ5シリーズは5月8日に修善寺5kmサーキットで行われる100kmロードだ。

1日目ヒルクライム結果
(クラス1+2)
1位 西薗良太(東京大学)
2位 笠原恭輔(中央大学)
3位 角谷健吾(大阪大学)
(クラス3)
1位 吉岡直哉(京都産業大学)
2位 三谷明範(東京大学)
3位 宇野誓(京都大学)

2日目クリテリウム結果
(クラス1+2)
1位 笠原恭輔(中央大学)
2位 飯野智行(中央大学)
3位 栂尾大知(パールイズミ・スミタ・ラバネロ)

(クラス3A)
1位 梅原快斗(同志社大学)
2位 伊波直人(日本大学)
3位 御園井杜充(環太平洋大学)

(クラス3B)
1位 三浦康嵩(早稲田大学)
2位 住吉宏太(日本大学)
3位 板橋義浩(日本大学)

飯山ラウンド二日間総合成績
1位 笠原恭輔(中央大学)
2位 飯野智行(中央大学)
3位 栂尾大知(パールイズミ・スミタ・ラバネロ)

【4月22日17時48分配信 サイクルスタイル・ドットネット
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100422-00000003-cyc-spo
 
   
Posted at 02:47/ この記事のURL
性愛ビデオ流出で人気急上昇、美女モデル獣獣が「北京モーターショー」に登場へ―中国 / 2010年04月23日(金)
2010年4月21日、性愛ビデオの流出で一躍有名になった人気カーモデルの獣獣(ショウショウ)こと瞿凌(チュイ・リン)が、今月23日に開幕する「第11回北京国際モーターショー2010」に登場するという。騰訊娯楽網が伝えた。

今年2月、恋人とのベッドシーンがネット上に流出し、一躍話題の人となった瞿凌。騒動後はモデル活動を控えていたが、今月17日に江蘇省で行われたモーターショーに登場し、活動を本格的に再開した。ビデオの女性が自分自身であると潔く認めた瞿凌は人気も急上昇。オンラインゲームのほか、各業界の大手メーカーからもCM起用の話が舞い込んでおり、カーモデルを飛び出し急成長する可能性も見られている。

【その他の写真】

今月23日には、中国最大級の乗用車の国際イベント「第11回北京国際モーターショー2010」が開幕するが、瞿凌によると同展にも参加予定。カーモデルではなく、違った肩書きで登場するという。ただし、その内容や日時については、契約上の規定があるため、まだ明かせないという。(翻訳・編集/Mathilda)

【4月23日0時22分配信 Record China
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100423-00000000-rcdc-ent
 
   
Posted at 02:43/ この記事のURL
“W結婚”北陽が永山絢斗らイケメン若手俳優陣に幸せを掴むコツ伝授 / 2010年04月23日(金)
“W結婚”をキメた女性お笑いコンビ、北陽が4月22日(木)、東京・渋谷TOEI1で行われた、“PR総監督”を務める映画『ソフトボーイ』完成披露試写会の舞台挨拶に出席。キャスト陣へ、“勝利”を掴み取るコツをアドバイスした。

【関連写真】この記事のほかの写真


伊藤さおりは今月12日に男子バレーボール、東レアローズの篠田歩主将と入籍。虻川美穂子も7日放送のフジテレビ系テレビ番組で恋人のイタリアンレストランのオーナーで、カリスマシェフ・枡谷周一郎氏への“公開逆プロポーズ”を成功させたばかりで、“W結婚”後、初の公の場。キャストの永山絢斗、賀来賢人からソフトボールの球を形どった花束を贈られ、観客から「結婚おめでとー」の声援で祝福を受け、揃って「ありがとうございます」と何度もお辞儀。

本作をヒットさせるアドバイスを聞かれ、虻川さんは「毎日うわごとのように『結婚する、結婚する』って言っていた、まあ恋人がいないときですが。そしたら婚約できた。婚約を掴み取ろうとグイグイいきました。みなさんも公開まであとちょっとですけど『ヒットするぞ、ヒットするぞ』と念じてグイグイいけば大丈夫」と肉食系女子の攻略法を伝授。一方で永山さんらの顔をしげしげと見つめ「どこをとってもいい顔ばかり。よくこんなに揃えましたね」と肉食系の本能も全開に。

2人は高校時代のソフトボール部のチームメートとして知り合った20年来のつきあい。伊藤さんは「出会ったときは、同じ時期におめでたい報告ができることになると思っていなかった。一生懸命やったチームワークは一生モノになります。みなさんのチームワークも一生モノになっていると思いますからヒット間違いなしです!」とブーケトスとばかりにエールを送った。

退場時、虻川さんは入籍について「今年中に何とかできれば」と照れくさそうな表情。伊藤さんとW挙式は? と聞かれると「いやぁ、それは…ないでしょうねぇ」と首を傾げながらも思案顔だった。

『ソフトボーイ』は6月19日(土)より全国にて公開。

(text:Yoko Saito)


【関連作品情報】
ソフトボーイ
 2010年6月19日より全国にて公開
 © 2010「ソフトボーイ」製作委員会

【関連ニュース記事】
永山絢斗主演『ソフトボーイ』の主題歌が倉木麻衣の人気曲に決定!
来年の東映は『ゼブラーマン2』セクシー衣裳から『桜田門外ノ変』まで注目作ズラリ!
永山絢斗、金メダリストの剛速球に感動! 初主演作『ソフトボーイ』撮影現場公開 4月22日23時30分配信 cinemacafe.net
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100422-00000008-cine-movi
 
   
Posted at 02:39/ この記事のURL
大証、一部外資系証券は、収益機会の拡大は株価に織込まれていると / 2010年04月23日(金)
 一部外資系証券は、大証 <8697> の投資判断を新規「Equal−weight」、目標株価47.1万円でカバレッジを開始した。

 市場の緩やかな回復、収益機会の段階的な拡大を前提にした業績見通しは既に株価に織込まれていると考えたという。

 また、他の金融のサブインダストリーの株価水準が目標倍率に近づいてきている現状下では、市場上昇を前提とする場合には他社よりも投資妙味があるとも。(編集担当:山田一)

【4月22日23時30分配信 サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100422-00000097-scn-biz
 
   
Posted at 02:36/ この記事のURL
大日本印刷、台湾に回路原板新工場 半導体好転、2年越しの稼働 / 2010年04月23日(金)
 大日本印刷は21日、台湾新竹市の新竹サイエンスパークに、半導体の回路原板となるフォトマスクの新工場を開設した、と発表した。初期の投資額は約250億円。まず回路線幅65ナノメートル(1ナノ=10億分の1)のフォトマスクを現地メーカーに供給し、今年夏ごろには最先端の40ナノの製品も出荷する。同工場の建設は半導体市況の悪化を受けて中断していたが、最近の好転を受けて投資を再開し稼働にこぎつけた。

 新工場は当初、2008年5月に稼働する計画だった。それが、08年に入ってからの市況が急速に悪化したため中断。その後、、08年6月に工場棟が完成し製造装置の導入などを開始していたが、同年秋のリーマン・ショックにより一層の経済環境悪化が追い打ちとなり、再開のめどがたたなくなっていた。

 09年前半に半導体市況が反転の兆しを見せ始めたため、同年6月に投資の再開を決定した。

 製造したフォトマスクは、主に現地の半導体メーカーに納入する。大日本にとって海外拠点はイタリアについで2カ所目になる。国内の工場と合わせると計6拠点となる。

 台湾の半導体メーカーは市場での存在感を増しており、顧客の近くに製造拠点を設置した方が納期の短縮などで有利になる。今後、大日本は東南アジア各国で取引顧客を増やし、海外売上高を引き上げる計画だ。

【4月22日8時16分配信 フジサンケイ ビジネスアイ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100421-00000019-fsi-bus_all
 
   
Posted at 02:32/ この記事のURL
<在日中国人のブログ>アジア最大のモーターショーは東京から北京に / 2010年04月23日(金)
2010年4月22日、華字紙・日本新華僑報の蒋豊(ジアン・フォン)編集長は「アジア最大のモーターショーは東京から北京に」と題した記事を中国のブログサイトに発表した。以下はその概略。

クルマ好きの私は長い間、東京モーターショーに行くのを楽しみにしてきた。東京モーターショーは世界5大モーターショーに数えられており、アジア最大の国際モーターショーとしても有名だ。以前、ある日本人に「東京モーターショーは日本と同じ。世界から見た日本は小さいのにすごい。アジアから見た日本は独特で大きな存在だ」と言われたことがある。だが、そんな状況も今まさに変わろうとしている。

【その他の写真】

東京モーターショーの最大の魅力は目もくらむような華やかさだ。主催団体は「日本自動車工業会」となっているが、日本自動車部品工業会、日本自動車車体工業会なども共催し、業界全体で強力にバックアップしているのが分かる。しかも、後援には外務省、経済産業省、国土交通省などの政府機関や東京都、千葉県、千葉市などの地方自治体がずらり。つまり、東京モーターショーは国を挙げてのモーターショーと言える。だからこそ、今日まで繁栄を保ってきたのだろう。

東京モーターショーは2年に1度開催される。入場者数はバブル全盛期の91年には延べ200万人を超えたが、その後は徐々に減少。03年には高校生以下半額、小学生以下無料とした甲斐あって延べ142万人に達し、ようやく前回を大幅に上回った。しかし、09年の第41回は不景気の影響で参加企業も前回(07年)の半数以下となったため、開催期間も短縮。その結果、入場者数は延べ61万4000人にまで激減した。

来年(11年)の第42回は各自動車メーカーが北京や上海のモーターショーに重点を置くようになったことや前回の入場者幅減を踏まえ、これを挽回するために会場を従来の幕張メッセから交通の便が良い東京ビッグサイトに移す予定だ。東京モーターショーが東京で開催されるのは24年ぶり。実はこれは、東京モーターショーがアジア最大の座から転落したことを意味する歴史的な移転だと言えるだろう。

4月23日に開幕する北京モーターショーには私も行くつもりだ。主催者側によれば、今回は過去最多の2100社が参加。会場面積は20万平方メートルで東京モーターショーを超えるという。私は友人の王錦思の著書「日本行、中国更行」(日本は凄い、中国はもっと凄い)を思い出した。今まさにその時代が到来しようとしている。その象徴の1つがアジア最大のモーターショーが東京から北京に移ることだろう。(翻訳・編集/NN)

●蒋豊(ジアン・フォン)
25年以上にわたってメディアの仕事に携わる。99年創刊で年間発行部数324万部を誇る日本の中国語紙・日本新華僑報編集長。

※本記事は筆者の承諾を得て掲載したものです。

【4月23日1時11分配信 Record China
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100423-00000001-rcdc-cn
 
   
Posted at 02:30/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!