2014年の映画鑑賞記録

December 31 [Wed], 2014, 23:46
演劇鑑賞に続き、今年一年間に(映画館で)観た映画の記録です。

1.劇場版 魔法少女まどか☆マギカ『[新編] 叛逆の物語』
2.大脱出
3.エンダーのゲーム
4.エージェント・ライアン
5.ホビット 竜に奪われた王国
6.LIFE!
7.ゲキ×シネ『ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックIII』
8.アナと雪の女王
9.テルマエ・ロマエU
10.X-MEN: フューチャー&パスト
11.ノア 約束の舟
12.All You Need Is Kill
13.トランセンデンス
14.マレフィセント
15.GODZILLA ゴジラ
16.るろうに剣心 京都大火編
17.超高速!参勤交代
18.トランスフォーマー/ロストエイジ
19.思い出のマーニー
20.イントゥ・ザ・ストーム
21.ルーシー
22.フライト・ゲーム
23.るろうに剣心 伝説の最期編
24.ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
25.インターステラー
26.フューリー
27.ベイマックス
28.ホビット 決戦のゆくえ

演劇同様、映画館での鑑賞の方も昨年の39作品に比べて減りました。
まぁ、最近はWOWOW契約を2つのHDレコーダーに充てていて、TV鑑賞は増えたと思いますが。

今年の(私的)ベストは「All You Need Is Kill」。
吹替版を1回、字幕版を2回観ました。
本作ではさらに、公開前に原作を読み、ブルーレイディスク初購入作品となりました。

その他、良かったのは,「LIFE!」、「ゲキ×シネの『ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックIII』」、「インターステラー」の3作品。

最近はコミックが原作のものやリメイクが多いけれど、今後は映画館ならではの作品を期待します。

2014年の演劇鑑賞記録

December 31 [Wed], 2014, 23:45
ほんと、ひさしぶりの更新です。

恒例の今年一年間に「生」で観た舞台公演(演劇・コント・漫才)の記録です。

1.(2月21日)演劇引力廣島 第11回プロデュース公演 「デンキ島〜松田リカ篇〜 広島版」
2.(3月29・30日)広島大学演劇団平成22年度生卒業公演 劇団はたふた 『 ロッカールームに眠る僕の知らない戦争 』
3.(4月28日)劇団うらら 平成26年度新歓公演:「桃色メモリー」,「あらたまの春」
4.(7月10・12日)広島大学演劇団 劇団Diary「ロミオとフリージアのある食卓」
5.(9月6日)劇団きよしこの夜「こまち堂漂流記」
6.(9月14日)芝居空間侍エレクトリカルパレード第九陣 本公演「ファイト!〜今日から始めるゲキテキな日々〜」
7.(9月28日)広島大学演劇団SmileEffect第29回コントライブ「魂闘29 〜憎まれっ子世に生まれる〜」
8.(10月4日)SAIJO^笑^TIME第16回公演 タニンゴト〜 all for one 〜」
9.(11月1・2日)広島大学演劇団学祭企画2014【喫茶演劇三昧】『ある死刑囚のこれから』、『闇鍋を幽霊と囲むと』『ネーミングセンスリレー』
10.(11月2日)広島大学演劇団SmileEffect第30回コントライブ「魂闘30 〜コントラスト「対照的な二人〜」
11.(11月29・30日)劇団A.P.T. 第49回最終公演 「冬の白昼夢」
12.(12月13日)劇団自由の国 第一回公演 『Boys & Girls』『つよがり』 『怪獣とスカートと』『心で伝える、言葉で伝える』
13.(12月14日)劇団いるか座冬公演 「シーラカンスにあいに」

劇団などの皆さん、今年もお疲れ様でした。

わずか、13かぁ。
公演二回観たものは4作品ありましたけど、昨年、一昨年の観劇数23と比べて、かなり減りました。

ちなみに、観劇7年半ではのべ160くらいなので平均でも半減したことになります。
広島市内や県外への観劇に加えて、最近はミュージカルや酒都蒼天も観に行かなくなったからだね。

侍さんたちが「月一企画」?とか始めるそうなので、来年は少しは観劇回数を増やせるかもです。

来年もよろしく。

劇団はたふた 『 ロッカールームに眠る僕の知らない戦争 』の感想6(その他)

March 30 [Sun], 2014, 21:50
戯曲というか脚本,台本?を読んだわけではないし,他の劇団の舞台を観ているわけでもないので,演出がどうかというのは分からないけれど,それぞれ個性の強そうなキャストさんたち大勢をまとめて一つの舞台に仕上げるのって大変だっただろうなと想像します。

特に強く感じたのは,場転がとてもスムーズだったこと。

2回を観くらべて,アドリブもほとんどなかったようだし,結構きっちりと作り込んだね,という印象でした。
はじめに書いたように,演出も演技もブレがほとんどない。

みんなまじめなんだね。

アンケートに少し書きましたが,照明や音響・楽曲はオーソドックスではあるけれど,タイミングもきっちりと決まっていてとても心地よかったです。

他の公演なんかでたまにあるんだけれども,光も音も凝りすぎて,主張しすぎる演出はなんか違うと思ったり。

決して悪い意味ではなく,舞台装置もそれほど凝ってはいなかったよね。
でも,役者さんが怪我しそうになったり,倒れないかと気になって,役者さんの演技に集中できないような装置は上記同様に本末転倒なので。

さあて,いろいろと戯言を書き連ねたけれど,とにもかくにも無事全公演終了,お疲れ様でした。
明後日からは新天地で新社会人,っていう人もいるんだろうか?
ぜひ,そちらでもご活躍を祈っています。

最後にお願いをば。
年々,直接アフタートークするなどの機会が少なくなっていて,とくに低学年の方たちとの面識が薄れていますが,これからも受け入れてもらえたら,嬉しいなって,そう思うオヤジでした。

では,また次の会場で!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:SuzukiのKei
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:2月1日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:広島県
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画-エンタメ,SF
    ・テレビ-海外ドラマ,お笑い
    ・アート-演劇
読者になる
精神年齢の低さだけが取り柄のオヤジです。
ジョージ・バーナード・ショーの!?「青春は若者にはもったいない。」という言葉を実感しています。
最新コメント
アイコン画像SuzukiのKei
» 今の気持ちを書き留めてみる (2014年01月11日)
アイコン画像なかまくら
» 今の気持ちを書き留めてみる (2014年01月08日)
アイコン画像SuzukiのKei
» 今の気持ちを書き留めてみる (2014年01月03日)
アイコン画像なかまくら
» 今の気持ちを書き留めてみる (2014年01月03日)
アイコン画像SuzukiのKei
» プレゼント (2013年02月25日)
アイコン画像るぶろ
» プレゼント (2013年02月25日)
アイコン画像SuzukiのKei
» 赤い目のクラウン (2013年02月04日)
アイコン画像なかまくら
» 赤い目のクラウン (2013年02月04日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
2014年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

http://yaplog.jp/suzukinokei/index1_0.rdf