K 

2004年04月23日(金) 3時56分
ビッグイシューという雑誌をご存知だろうか。

ホームレスの自立を促すために発行されている雑誌なのだが、ユニークなのはその販売方法。書店販売に頼らず、ホームレス自身に街頭で路上売りさせ、その売上げの約半分を彼らのもうけにするというシステムをとっているのだ

新宿とか上野など、ホームレスのセンパイ方が多くいらっしゃる街で、「一部200円!」と、アッパーな雰囲気で声を張り上げるセンパイ方の姿を見かけたヒトもいるかもしれない。個人的には、かなり前から気になっていて、いつか買いたいと思っていたのだが、なかなかその機会がなかった。そんな中、楽町を訪れたところ、マリオン前のガード下で、ビッグイシューを路上売りしている素敵なセンパイを見つけた。200円を払い購入すると、表紙はアウトキャスト。
「このラッパーは今いちばん人気なんですよ」と、すかさずセンパイが説明してくれる。

その後もバックナンバーを取り出し「メグ・ライアンといえば、ロマンチックコメディだけど、今度の映画は違うんだナ」と、メグ・ライアンを特集した号を指して、いろいろと新作映画の解説までしてくれる。その後もセンパイの解説は続き、立て板に水のごとく、ペラペラと売り口上を並べて、バックナンバーのセールスに忙しい。「つーか…そんなにセールスしたいんなら、他にもっといい仕事あるでしょ…」と言いたかったけど、怖かったんでやめときました(笑)。
ちなみに映画フリークのセンパイは有楽町や日本橋、上野などで営業活動中。みなさんもやたらと映画の解説とか始めるビッグイシュー販売員がいたら、ぜひ耳を傾けよう。きっといい話が聞ける…はず???

東京で食べる太平燕 

2004年04月20日(火) 3時41分
どうも、blog版での日記スタートです。
どうやらジオのほうは容量がいっぱいになっちゃったみたいなんで、今はやりのblogに移行して、日記続けていきたいと思ってます(が、まだあんまり詳しく機能を理解はしてないんですけど…)。

で、リニュアル一回目のネタは太平燕(タイピーエン)を。以前、熊本でしか食べられない麺類ということで、この日記でも取り上げたことがあるかと思うんだど、実は今ファミレスのバーミヤンで期間限定ながら、太平燕が食べられるというネット情報を仕入れた。

これは早速出かけねばということで、近所のバーミヤンを訪問。熊本で食べたのとは違い、ここのは鍋仕立てで登場。銀色の鍋か…なんだか台湾で食べた海鮮鍋を思い出すなぁ。味のほうは本場熊本と比べ、甘い感じがする。
それに鍋の大きさの割りには量も少ないんじゃない? ということで全体的な印象はちょっと物足りない。やはりウマイもんを食おうとするなら、本場熊本へ行けということか。
でもまあ、モドキとはいえ、久々に太平燕が食えたから良しとよう…。


P R
2004年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:suzukihoito
読者になる
Yapme!一覧
読者になる