フェードヒッターの中部銀次郎

April 18 [Sat], 2015, 11:31


中部銀次郎さんはあまり飛ばなかったのですね。中部さんはフェードヒッターだったのですが、フェードはドローやストレートよりも飛距離が出ませんので、それも理由だったのかもしれません。

アマチュア日本一を目指す人たちが相手ですから、やはり飛ばし屋も多かったはずです。

一般的には飛距離を出せるロングヒッターの方が、スコアメイクには有利です。しかし、自分よりも飛ばせるゴルファーをうらやましいと思わず、かえってそれを自分の強み、アドバンテージにしたところが中部さんの素晴らしいところだと思います。

中部さんは体が弱く、飛距離が出ないのは仕方がないと割り切ったそうです。このようにさっぱりと割り切れるところが、彼の強さの秘訣だと思います。

自分は短いクラブで打つのだから中部よりもっと内側につけなければいけない。「そんな自縄自縛に陥って勝手にミスをしてくれるんです」

本当は私のオンした位置など関係なくグリーンセンターを狙っていくべきなんですが…」

やがて中部は確信する。飛ぶ人には飛ばない人が想像しているよりはるかに大きな不安や悩みがあるのだと。「(中略)飛ばないことが私にとっては最大の勝因のひとつだったんです」

ミズノ MP-H5 アイアン初心者