三宅裕一郎 憲法講演会 感想文

September 20 [Wed], 2017, 12:50
 三宅裕一郎(三重短大教授)の憲法講演会を、2017年9月18日、鈴鹿市文化会館さつきプラザで、開催しました。多くの皆さんのご参加ありがとうございます。感想文をご紹介します。

1,とてもわかりやすくて、来てよかったです。まわりの人に伝えられる!! また「議論が大切」とても心に残りました。本当にそうだと思います。

2,とても明確な話でわかりやすく、驚きました。むずかしい話でもわかりやすかった。一番理解しやすかった。

3,「制限規範」としての憲法の箇所は今まであまり意識していなかったです。アメリカ合衆国憲法の話はなるほどと思いました。

4,難しかったです。でも安保法制によっても変えられなかった、しばりをかけれた9条ってすごいんだと思いました。そのぶん、改憲・加憲の怖さがよくわかりました。署名活動がんばります。

5,公明党の加憲論が、アベ加憲論と、ここまで一緒のこと言っているとは・・・。これは発見です。

6,語り口がもの凄く早い。でもお話はよ〜く理解できましたよ。すぐ国政選挙に入りますが、考えさせられること多いです。整理して地域の住民に迫りたいですね。

7,憲法に関する勉強会は何度か出席させていただいていますが、難しいですね。それでも、そうなんだ!と思えるところがあったりすると嬉しいです(後法優先の原則を聞いて納得できました)。コツコツとした積み重ねを続けて行きます。

8,急に浮上した衆議院解散のうわさの中での憲法「改正」の講演会で、三宅先生のわかりやすい解説とお話で、本当に皆にも聞いてもらいたいお話でした。ありがとうございました。

9,歯に衣着せない?お話をお聞きし、すっきりという気持ちです。憲法研究者の先生の講演はむずかしいですが、よくわかるお話のすすめかたと思います。

10,誰かまわりの人に伝えることが大切と判っていても、最近はちょっとしんどくなっています。沖縄の闘いを思ったら、そんなこと言ってられないのですが・・・。市民による集会や署名を続けて行くことが大事と話されたこと、少し背中を押していただきました。また安倍さんにごまかされないよう、もう少し頑張ります。

11,今日のお話の内容を自分としては納得しているのですが、これを普通の生活をしている人に色々と話しても、なかなか理解されない、と言う前に関心を持ってもらえないというのが実情です。現実的に北朝鮮が日本上空にミサイルを打ち上げても、まだ真剣に考えようとしていないのが現状かと思い、どうすれば良いのかと。

12,三宅先生のお話、すごくわかりやすかったです。しかし憲法というのは何でこんなに難しいのかと思います。特に若い人にはどう伝えていったらいいか悩みます。戦争へと進む中で私たちの暮らしがおびやかされているということをわかりやすく伝えていくにはどうしたらいいか?悩みます。みんなで考えを出して楽しくやって行かなくてはと思います。

13,アメリカにも憲法があったのかと思ってしまいました。世界中のどこへでも戦争を起こしに行くのも大統領や議会の思い通りにやっているように見えていたので・・・。
日本の憲法をどうするか、どうしたらいいのか、講演を聞かせてもらったら余計むずかしくなりました。「どうでもよい」ではなくて、どうあるべきか。憲法は何のために作るのか、変えるのか、無くしたらよいのか、だめなのか、誰が何のために変えようとしているのか、と。

14,憲法は私たちを守ってくれている砦。しかし(人と話したりすることも少なく)大切な砦が崩されようと画策されているのに、手をこまねいている現状があります(「不断の努力」が欠けているのを反省)。憲法のキラキラした条文をかみしめ、みんなと話し合い、共有していく活動が、これからすごく大切になって来ると思います。そういう意味でも、きっかけの一つとして、今日の講演はアカデミックで良かったと思いました。感情ではなくて理論でも人に話せる表現を身につけなければと思いました(憲法カフェしていきたいですね)。

15,今の日本はだんだん昔(軍国主義)に戻って行くような気がする。安倍内閣も中国の海洋進出や、北朝鮮の核開発を実際以上に誇張して国民の危機感をあおり立てているように感じる。今日のような講演などで冷静に考える機会に恵まれたことに感謝している。

16,私にとって易しいお話ではありませんでしたが、一生懸命聴きました。9条だけでなく「憲法」が私にとって何なのか、全体をしっかりとつかむことが、私には今したいことだと思いました。私の暮らしの中に憲法を活かしていくこと、そんな大きな見方に一段登れたような気がしました。

17,戦前が着々と近づいてきている感じがしました。今日学び知ったことをどう伝えていくか、自分に問われていると思いました。

18,これまで私は「交戦権」を文字通り「政府が戦争を始める権利」と理解していましたが、三宅先生の話を聞いてそうではないことがわかりました。交戦権とは相手を殺しても、建物を破壊しても罪に問われない国際法上の権利。戦争法ができて海外で戦争できるようになったとしても、憲法がある限り自衛隊員にはつねに「殺人罪」がつきまとう。これを取り除くために憲法に「自衛隊」を明記する必要がある。なるほど、アベが改憲したがる理由が一つわかりました。

19,三宅先生の講演は何度かお聞きしていますが、今回特に新鮮な気持ちでお聞きし、スーッと頭に入りました。クレイグ・マーティン教授のお話にも感動しました。自民党の支持率も高い中、むなしささえ感じていました。平和への取り組みをあきらめることなく、学習や連携を頑張っていこうと元気をいただきました。とても有意義な講演でした。ありがとうございました。

20,安保法制も憲法問題も、それらに反対するものと賛成するものの力関係である。それぞれの立場からわかりやすい正論(学問的にも常識的にも)を発信し、広めていくことに尽きる。憲法を守る立場でがんばろう。

21,かなり専門的な話のように思った。新しい視点で勉強になった。初めて先生の話を聞いた。活躍を期待します。

22,憲法の話はとてもむずかしく、もっともっと勉強する必要がありますが、先日、人権センターで見た「標的の島」、憲法で何とかならないものかと強く思いました。私としては「憲法9条」は何としても守らねばと思う。ありがとうございました。

23,戦争を知らない世代ですが、どんなことがあっても未来永劫、子々孫々まで平和な世の中であってほしい!!と願わずにはいられないと、最近とみに思うよういなりました。憲法9条があるから平和でいられた。何が何でも守らないと・・・。今日の詳しい先生の説明で、改めて憲法の大切さ、これがなくなったときの恐ろしさを感じました。自分のまわりには漠然とすごしている人も多いかもわかりません。もっと勉強して伝えていかなければ。今、北朝鮮を利用した宣伝が行われているので、余計知らせていかないと、と焦ってしまいますが、先生の聞きやすいお声と深いお話、どうもありがとうございました。

清水まなぶ平和コンサート感想文

May 09 [Tue], 2017, 17:55
 5月3日、鈴鹿市文化会館さつきプラザで、スズカ塾主催、鈴鹿市教育委員会後援で「憲法施行70年平和コンサート・清水まなぶトーク&ライブ」が開催されました。憲法記念日にふさわしい心に響くコンサートでした。感想文を紹介します。

○とってもとってもすばらしかったー。S28年生まれの私、平和な日本を生きてこられた幸せを、この頃しみじみ感じています。ずっと平和な日本であり続けなければ、そして、世界中に平和を広げないといけないと思います。

○チラシを見せていただいた時点から、こんなステキな人が、どんなお話をして、どんな歌をうたってくれるのだろうと、とても楽しみにしていました。その若さで、よくあちこちに出向いて、多くの人の意見を聞き取り、それを歌にして広くみんなに知らしめていく、何て素晴らしい人でしょう!!
今、平和がおびやかされようとしている時、とても大切なお仕事をされているなと、つくづく感じました。

○清水さん、「過去は変えることができない」とおっしゃいましたが、戦後70年という過去を変えようとする者たちが居るということ、肝に銘じないといけませんね。マナブンさん、ありがとう。

○若い人や子どもたちに平和の大切さを伝えていかないといけないと思います。小さな声でもあげていきたいと思います。

○私の父もこの戦争で戦死しました。長野県内市町村の戦争体験のききとり、ご苦労さまでした。この尊い体験を一人でも多くの人に語り継がれますように・・・。

○「回想」私もS19年2月満州新京で生まれ、子供のころ両親より新京から引き揚げ時の話をよく聞きました。父も94歳で他界、引き揚げ時はぜんぜん覚えて居ず、先日先輩の渡辺トミさんが書かれた戦争の記録(満州引き揚げ)を読ませていただき、4歳上の姉とも一緒に読み、「回想」を聞きながら、両親に感謝です。戦争のない平和な時代が続きますよう祈ります。

○息苦しい日本、世界の動き、そんななか道を見失うような感じだったが、今日の歌と話で勇気をもらった。元気が出た。Very Good!

○若くカッコいいマナブンさんが、子供たちに伝えてくれている事、とてもうれしいです。今、不安な事が多いですが、子供たちが大人になる頃、良い世の中になっていてくれるでしょう。

○素晴らしいコンサートでした、ありがとう。私の夢は「平和のバトン」を次の世代に渡すこと。ワッ、言われてしまいました。あきらめずに頑張ります。

○パンフレットをうしろからめくっていたら、目に入ったのが「最後の手紙」。2、3行読み始めただけで涙があふれてきました。唄の中に込められた想いにも涙しました。苦労を重ねてきた先人たちの為にも、その苦労にむくいる為にも、戦争は絶対に許してはいけません。いい唄を本当にありがとう。

○すてきな歌声に悲惨な体験をのせて、まなぶんのトーク&ソング、笑ったり涙ぐんだり。「おじいちゃんの戦争体験をもっとしっかり聞いておけばよかった」という思いからスタートした聴き取りの訪ね歩き。よくやってくださいました。こうして伝え、つなげることが大切なんだってこと、息子のようなまなぶんに教わりました。

○感激しました!!孫の学校へ来て欲しいです(白子高校)。

○父も今日、誕生日、98歳。フィリピンで負傷、お話の中に父の言葉と重なる言葉がいくつかありました。「人と人の殺し合い」「戦争はあかん」と孫たちにも話を引き継いでいきたいと思います。

○「回想」の唄と語りを聞いて、昨年5月5日に死んだ父のことを思い出しました。戦時中、中学生だった父たちは英語の授業の時に「鬼畜米英の言葉なんか教えるのは非国民だ」などと言って、英語の授業をさせなかったそうです。・・・(中略)・・・。そんな父が80歳まで完全に暗唱できたのが「教育勅語」や「神武」から始まる歴代天皇の名前でした。戦争中の「教育」の怖さを痛感したものです。いろんな実体験を聴き取り、それを音楽と共に伝えるというのはすばらしい仕事です。平和と民主主義の最大の危機とも思える今、マナブンさんのような方は希望の光に思えます。こんな人材を探し出してくるとは、さすが! これからも精力的に!

○福山雅治よりルックスも歌も中身もずっとずっとステキでした。みんなの心をわしづかみしましたね。またお聴きしたいです。母親大会にもお呼びしたいわ。

○行くかどうか迷ってましたが、めちゃくちゃよかったです!!1曲目から涙が出ました!子どもの学校に来てほしいです。ふつうの毎日が幸せなんだと実感しました!!

○若い力を感じます。78歳の小生にとって息子の世代ですが、息子とは違う生きている力、それがすばらしいですね。今後注意してマナブンを眺めていたいと思います。

○まなぶん大好き。帰らないで長野!ずっと聴きたい。私も反戦詩人です。最高でした。渡辺さんに感謝します。

○これまで聴いたコンサートのなかで一番良かった。さすがプロだ。声と語りは一流、映像と生演奏のみごとな調和。何よりも伝えたい中身に価値がある。満州からの逃避行、石の釣り鐘、脳裏に焼きついた。今後、三重県内各地の大小のイベントに招かれることを期待する。まなぶん旋風が三重で巻き起こる予感・・・。

○まなぶん、誠実な人物と感じた。今後も平和への活動、祈念します。

○今の時代、一番大切なものを再確認した。ありがとう。多くの人に伝えます。

○今が戦前のような気がしていました。この変な大きな流れを止めることができるのでしょうか。そうしたいと思いますが・・・。

○大変良かった。若い人が少なかったのが残念。

○40代の人の平和への情熱が強く感じられてうれしく、心に響いた。

○父のことを思い出して涙を・・・。これからもこの活動をずっと続けて下さい。お身体に気をつけて。

○今日はパワーをありがとう。これから全国に向けて発信して下さい。

○すごく良かったです。「情熱」を持って元気に頑張ろうと思います。

○長野から遠路鈴鹿へありがとうございました。すばらしいひとときでした。

○素晴らしい。CD買います。

○良かった、感動した。

○よかった。若いセンスで呼びかけることに共感。お誘いいただき有り難うございました。

以下略。同様の感想が多数寄せられました。

清水まなぶさんホームページもご覧下さい。
https://www.manaboom.net/




中日新聞(5/2)鈴鹿亀山版で紹介されました。

映画「日本と原発」感想文

October 05 [Mon], 2015, 10:13
9月18日、鈴鹿市文化会館さつきプラザでの映画「日本と原発」上映会には250名もの方に参加いただきありがとうございました。
32人の方から感想文が寄せられましたのでご紹介します。
  ============
1,原発について深いところを詳しく知れてとても勉強になりました。利益のために原発を稼働させようとしているのがまず信じられません。戦争法案もそうですが、まず国民のことを第一に考えて欲しい。二度とあやまちを起こさないためにも、戦争法案や原発再稼働には反対です。(20代 女性 鈴鹿市)

2,「国破れて山河なし」という言葉が印象的だった。原発は復興や再生が不可能な町、国を作ると知った。おそろしいものだと思った。もっと自然エネルギーである太陽光や風を利用できたらと思う。緑豊かな平和で安全な日本で暮らしていきたいと強く感じた。(20代 女性 鈴鹿市)

3,原発についてTVから流れる情報が全く信じられない中、とても信頼のおける貴重な情報でした。参観にこれてよかった。LED、我が家も使用していますが、エコだけど本当に安全?!か心配です。
つぶやきですが、企画運営ありがとうございました。もっと若い人たちに見て欲しい、友人にも見て欲しい、そう思いました。(30代 女性 鈴鹿市)

4,原発がなくても本当に日々エネルギーは足りているし、もっともっとマスコミが本当のことを伝えるべきでしょうね。視点がすごく普通の一般人の目線で、福島での細かな調査とインタビュー、町長の言葉が、ずっと心にぐさりと残っています。(50代 女性 四日市市)

5,長かったけど中身の濃い映画でした。日本中の人が見るべきと思いました。1時間ぐらいのダイジェストがれば、あちこちで上映したいですね。どう考えても早く廃炉にしなければ・・・。(50代 女性 鈴鹿市)

6,原発のはらむ恐ろしさ、何のために再稼働の方向へ動いているのか、今後考えていかねばならぬ問題点など、いろいろと詳しく学ばせていただき、本当によかったです。(70代 女性 鈴鹿市)

7,「この映画のことを回りの人と分かち合ってください」と語られた制作者の言葉が心にひびきました。映画の前半はいかにも重たい厳しい事故の現実を見せられ、暗たんたる気持ちになりました。しかし後半(終盤の)自然エネルギー可能性を語る飯田哲也さんの話など、希望も見ることができました。あきらめず、皆といっしょに手をたずさえ、歩みを止めぬこと、これこそ大切なことだと感じた次第。(70代 男性 鈴鹿市)

8,とても中身の濃い映画で、私の知らないことがずいぶん盛られていて、改めて日本に原発を置いてはいけないのだということが、よくわかりました。ただ映画としては編集に問題があり、冗舌な部分も多く、長時間観るには耐えがたいものがありました。1時間半ぐらいにまとめるべきでした。(60代)

9,@できるだけ沢山の人にこの映画を見るようにすすめようと思った。
A今すぐは無理かも知れないが、私個人がロジックを確認したり、忘れ避けにしたりするために、DVDが欲しい。(70代 菰野町)

10,とかく忘れてしまいがちな甚大事故について、映像と会話を基に、一日一日と頭の中を巡らせ続ける自分でありたいし、努力する。(70代 男性 鈴鹿市)

11,・安倍首相はオリンピック誘致のために「汚染水は完全にブロックされている」の大ウソ。
・原子力村の実態、利益独占集団のこと。
・今、何をしてもダメ。数の力、戦争法案とよく似ている。根は一つ。しかし裁判で科学的データでがんばる人がいる。希望。その方を応援したい。
・この映画をDVDにして1枚500円にするなど、多く広める手だてはないのでしょうか、考えてください。その時は協力したい。
・非常に説得力のある映画でした。ありがとう。(60代 男性 鈴鹿市外)    

12,わかりやすかった。原子力ムラの構造を多くの人が知った上で、なくしていこうと努力することが大事。映画を見に来て良かったです。(50代 女性 鈴鹿市)

13,日頃のテレビなどの情報から得られた知識だけでしたが、この映画を見ていろんなことの裏表、真実がより深く理解できました。原発ゼロ、自然エネルギーによる新しい経済の発展を政治が打ち出してくれたら、どれだけ安心な日本になるかと思っています。大変すばらしい映画でした。ありがとうございました。(60代 女性 鈴鹿市)

14,自分の街がこのようになると思うとおそろしい。津波も原発も地震も大雨・洪水も、ひとりの力ではムリ、自然の力もある。だれにどのように向かっていけば、よりよい方向にいくのだろうか。(50代 女性 鈴鹿市)

15,世界一危険な日本原発と、思い知らされました。また地震大国日本で、きちんと地震対策がとられていない原発、多そうです。(60代 男性 いなべ市)

16,日本で一基運転を再開したが、ぜひこの映画を見せてやってください。その周辺で幅広く見せてやってください。(70代 男性 鈴鹿市)

17,とてもわかりやすく、もっと広く見てほしい映画だと思う。すごく説得力があり、過去・現在・未来へとどのように影響があったか、とても考えさせられました。くりかえし上映して欲しいです(全国各地で)。原発は即廃炉!!心底思った。ウソつき安倍さん、ピエロに見えました。企画された皆様ありがとうございました。(40代 女性 津市)

18,大変解りやすく、すばらしい映画だと思いました。ただ私は3・11以前より原発のゴミ処理には関心があり、大変心配しておりました。問題は、大事なことは現在原発に賛成している人、又は関心のない人に、今後どれだけ広げられるかであります。今後制作費が回収できた後は、全国無料であらゆる機会に上映される取り組みをぜひ作ってください。(70代 男性 鈴鹿市)

19,「問題はそこからどう行動するかである」キモに銘じたい。福島から少しだけ離れた思い・・・日頃から感じていること、より気付かされました。
ありがとうございました、気付かせて頂いて。もう一度見たいです。(60代、女性 鈴鹿市)

20,一発で完全にわかる映画、そういう意味で「すごい映画」の意味がわかりました。ただ2時間15分・・・。途中50分のところで5分でよいから休憩が希望。例えば「沈まぬ太陽」のようにね。この映画で2016詩人会議新人賞の作品主眼が定まった。
 津では「戦争法案」「一点集中だ」と言ってお怒りの方もいたが、そんな批判を封ずるために終了後、映画参加者で国会前行動へ集中しよう!!と呼びかけて、有志でよいからマイクロバスをチャーターする心意気がほしかった。
※東京へは行けなかったけど、1回目上映と2回目上映の間に会場から100メートルほど離れた交差点で「戦争法案強行採決するな!」と宣伝行動をしたんですよ。(引用者注)

21,現実をまとめて語ってもらってますが、時間的に長くてちょっと疲れました。でも「原発絶対いらない!」。いわき(福島)の娘も今まで無関心でしたが、わが身になって悩み、本当に私もずーっと考え、なくしていきたいと思います。
 今日の国会も原発も全てつながってます。この悪い連鎖をどこかで切って新たな道へ国民の生活が守られるよう連帯していきましょう。(70代 女性 四日市市)
                 
22,ごく部分的に見聞きしていただけでしたので、全体的な見方ができました。(60代 女性 鈴鹿市)

23,多くの人に見てもらいたい映画でした。(40代 男性 桑名市)

24,もっと一生懸命に生きようと思います。上映会していただきありがとうございました。(50代 男性 鈴鹿市)

25,止すべきと強く思いました。継続は世界の人類に対する罪作りです。マスコミでは報じられない多くのことを学びました。今まで知らないこと多すぎました。(70代 男性 亀山市)

26,何の挨拶もなく、原発利益共同体に電気料金と税金を取られていることには、本当に腹が立つ。久しぶりに良い映画を観た感じです。(60代 男性 鈴鹿市)

27,有意義だった。(60代 男性 四日市市)

28,原発ゼロ(70代 男性 鈴鹿市)

29,河合弘之弁護士さんの真剣さ、厳しさそして優しさが心を打ちました。政府や経済界結びついた原発のカラクリやめられないのでしょうか?福島から私たちは学ばなければなりません。また、広島や長崎の原子爆弾で今もなお苦しんでいる人たちがいる日本でなぜ原子力に頼る政策をとるのか理解できません。地震や火山噴火、大型台風など自然災害の多い日本は一日も早く危険な原発を止めなければ、子や孫たちの未来は哀しいです。もっと多くの人に見てもらいたいです。 
9月18日にこだわって上映されたということ、意味深いです。記憶に残さねばならない出来事がまた増えましたね。(60代 女性 桑名市)

30,名古屋で見過ごして気になっていたので見られてよかったです。国会の動きも気になりながら、司会の方が言われたように二重三重に忘れられない日になりました。戦争法案にも原発再稼働にも心が折れそうになる中、勇気を与えてくれる映画でした。改めて歴史の只中に居る自分を感じ、いよいよこれからだと決意を持たせてもらって岐路に着きました。ありがとうございました。(60代 男性女性二人で いなべ市)

31,地震が各地で頻繁に発生している。日本の地盤は決して強固なものではないと思います。安全基準や規制基準を超える「メガ地震」がいつやってくるか判らない自然災害なのです。現在の科学技術でとても対応できるものではありません。そのようなことから考えると想定内とか想定外以前の問題であり、原発の存在そのものに問題があると思います。
従いまして、「ウラン」そのものに手を触れない国際的な規制の必要性を痛感しました。(70代 鈴鹿市)

32,かなり理解しているつもりでしたが、知らない事実が多々あり、今後たたかう武器になる。非常に有意義でした。
真っ暗な中で、ずっとメモしていました。気持ち明るくして頂けると助かります。皆さまの見識と行動力に感謝いたします。 Danke schön! (50代 男性 桑名市)

スズカ塾@TPP丸わかりと最新中国アジア事情

January 09 [Fri], 2015, 19:10
スズカ塾主催学習会を紹介します。
===============

スズカ塾@Think Globally Act Locally
TPP丸わかりと最新中国アジア事情

TPPってどんなものですか?
よう分からへんなあ。自分のことばでしゃべれるよう勉強せなと思います。
中国ってどんな国?
メッチャぎょうさん日本の企業行ってるんやろ。
櫻谷先生が実際何度も行って見ている中国・アジアのありのままの姿やこの先の予測、何でも聞けます。

とき:1月17日(土)16:00〜17:30
ところ:白子コミセン

講師:櫻谷勝美先生(三重大学名誉教授)
参加費:無料
どなたでも参加できます!


主催:「スズカ塾」運営委員会〜SUZUKAでThink Globally Act Locally〜
後援:鈴鹿市教育委員会

「朝焼けへの道」第23号を発行しました

December 24 [Wed], 2014, 18:51
鈴鹿革新懇ニュース
「朝焼けへの道」第23号を発行しました。
おもな記事を紹介します。


新しい変化を望めるよろこび
 師走の衆議院議員選挙は、時間もなく十分に活動できなかったと反省をしています。にもかかわらず、三重でも東海でも全国でも新しい変化を示す結果が出てきました。
 全国の傾向を示す比例代表の得票で、自民党が「アベノミクス」の鳴り物入り(マスコミ総動員)の宣伝にも関わらず百万票しか増えなかったのに対して、私たち平和・民主・生活向上の陣営を代表している日本共産党が238万票を増やしたことは、国民の考えの大きな変化を感じます。
 議席数でも、自民党が3議席減らし、日本共産党が12議席増やして、現在の自民公明政治に対する逆方向への国民の願いが示されました。
 沖縄県における県民共同の基地撤去運動と沖縄知事選挙翁長氏勝利にいたる一連の政治運動の中で、平和・民主主義・革新の運動が成果を上げ、「反共攻撃」が力を失ってきたことと、日本共産党が国民の切実な要求を吸い上げ、解りやすい政策に仕上げて選挙に臨んだことが相まって前進につながったものだと思います。
 安倍内閣はすぐ改造し、選挙では一切触れなかった日本国憲法の「改正」を急ぐでしょう。彼らは、現在深刻化している世界不況に当たって、「勝手知ったる」戦争にしか頼る道はないと考えているからです。すでに憲法「改正」手続き法は出来、秘密保護法も発効し、衆議院で3分の2を掌中にしています。この機を逃してなるものかとばかりに。
 私たちは、沖縄に学びたいと思います。基地撤去で一致した沖縄で、今までと違う高まりは、基地が無くとも経済的に自立し繁栄できると沖縄の経済界が認めたからだと思います。私たちの運動も、政治課題や目標と経済やくらしの向上安定の政策が結びついたとき、格差社会を転換できる革新の未来へと、多くの国民を誘うことが出来るのだと思います。
 新しい変化を望む新年を迎えましょう。[辻井 良和]

師走に舞う、山本あけみさん
 名古屋能楽堂の舞台正面、突っ立って大なぎなたを振りまわす山本あけみさん。
 すざましい形相。長霊べし見(ちょうれいべしみ)という怖い面。目をむき鼻の穴を大きく膨らませ、はったとボクをにらんでいます。
「やい、そこなへっぽこ男、秘密保護法反対の声をあげているか」。謡う意味がさっぱり分からないので、ボクの中で山本さんの肉声に翻訳されてくるのです。時は師走十三日、オオドロボー熊坂長範の亡霊となって暴れる山本さんの唸り声が、白子駅頭の「今こそ声をあげよう」の叫びにオーバーラップしてきます。
猛稽古を想わせる所作の一つ一つ。鼓、太鼓の中で、藤田六郎兵衛の一声高くひゅーと鳴る笛。亡霊は消えてゆきます。
 翌朝は投票。翌々日は、信綱顕彰会ボランティアの我々は、石薬師小4年生の「信綱かるた競技」のお手伝い。終って、ボクは誰かれなく「よかった、よかった」と言って廻りました。けげんな顔しながらも、和してくれました。萩森美知子さんには「なんせ604万人が入れてくれたのですよ」と。彼女は満面の笑みで応えてくれました。
 そして我が愛する羽生弦はSP首位。氷上を山本さんがが舞っているように見えました。[加藤正美]

革新懇全国版に私の名前が載った!?
 齢80有余、とみに物忘れがひどい。
 いよいよ認知症かと恐れおののいている。少しでも解消しないとと好きなクイズに挑戦している。
 先だっての革新懇ニュースのクロスワードパズルに応募したところ入選して、紙面に名前を載せてもらい図書券が送られてきた。宝くじは、トンと当たったことはないが、何でも当たれば嬉しい。
 嬉しいことと言えば、この度の総選挙、共産党の大躍進!
これまた嬉しい限り。
来年は良い年になりそう―。
 私もまたクイズに挑戦して、“物忘れ”を先に先にのばすようにしようと思っている。[糸柳昿子]

選挙結果に思う
 新聞の予想通り自民・公明が300議席を超えました。「自民党圧勝」などの文字が紙面に躍ります。
 しかしよく見ると話はそう単純ではない。フェイスブックで川添誠さんが書いています。「衆院選の議席数の増減を見てみよう。議席減は、自民(3減)/維新(1減)/次世代(17減)/生活(3減)。議席増は、民主(11増)/公明(4増)/共産(13増)。要するに、右派政党の議席は減って、反右派政党の議席が増えたのが今回の特徴。」
 また沖縄で基地反対派4人が揃って当選したこともビックリ。1区の赤嶺さんは共産党、2区の照屋さんは社民党、3区の玉城さんは生活の党、4区の仲里さんは無所属。オール沖縄の勝利。沖縄県民の良識派が協力しての4人全員当選です。
 フェイスブックで大野章さんが書いています。「沖縄方式を全国的に拡大するため、是非、(社共)両党で協議して欲しいと思います。社民党は、政党要件ギリギリの中、共産党との連携に傾斜することが、党勢回復にとっても賢明だと思います。共産党にお願いがあります。「オール沖縄」で選出された議員では赤嶺さん以外は、照屋さんが衆議院で政党要件を満たさないために発言機会がなく、玉城さんは衆参で政党要件がなく、発言機会がありません。この度、共産党は大躍進して21名になり発言時間も大幅に増えるのですから、是非、共産党の発言時間内に、照屋さん、玉城さんに一定時間を譲って上げて下さい。」
 国会内外で協力共同の新たな試みが始まることに大いに期待しています。[吉田一男]

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:スズカ革新懇
読者になる
革新懇話会は、平和・民主・革新の日本をめざし各界との共同と、草の根からの運動をすすめます。
あなたも会員に登録しませんか。
年会費 2,000円(35才以下と70才以上は1,000円)で、毎月1回、全国革新懇ニュースと鈴鹿のニュースなどをお届けします。
ニュースでつながりながら、様々なイベントを企画します。
2017年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
脱洗脳報道はベンジャミン・フルフォードの書籍とHPを見よ!
» 「朝焼けへの道」第18号を発行しました (2014年08月25日)
yasutomo kawashima
» 「朝焼けへの道」第16号を発行しました (2014年05月08日)
ハギー
» 多数のご参加ありがとうございました (2013年08月12日)
kqwa
» しまった! (2013年02月26日)