出会いD 

2009年07月27日(月) 11時05分



この日も店長と同じ2人だけのシフト。


いつものように、楽しく話してたら突然

「侑さんってよくこうされない?」




店長はそう言って

うちの頭を撫でました。


「えっとー・・・たまにされます。笑」


「やっぱり。笑」

「なんでですか!?w」

「撫でたくなるような形してるから。」


と、

その日から店長、はうちの頭を撫でてくるようになりました。










うちは、店長の連絡先聞きたいなーって思い始めて。

でもアドレス聞けない


そんな日々が続いてました。















ますだいが移動しちゃってから、2週間くらいったた2009年1月に


新しい社員さんがうちのお店に来ました。


秋田県から来た人で

顔わ天津木村に似てますwww











「あ、木村さん(仮名w)、この子はうちの店の看板娘です^^w」


うちの頭を撫でながら、そう言った。


「えぇ!」

木村さん「よろしくね」

「よろしくお願いします;;」


「木村さん、それからこの子、中学生なんですよ。頑張ってますよね」

「まじっすか!?」


「えっ違います!高1です!」

「またぁ〜。強がっちゃってw」




店長は、時々お客さんにも言うんです。

うちが童顔で背が小さくて、髪がショートだから素晴らしく幼く見えるらしくて


しょちゅううちを中学生扱いしてるんです;










その日、店長は早く上がりました。

木村さんが来るまで、お店には社員が店長しかいなかったため、

2週間ずっと働いてたから


きっと疲れてたんでしょうね;;






うちは木村さんと2人になって

「本当に高校生だよね?w」


「本当に本当です!;;やっぱ信じてましたか?;;」

「うん。信じたwこの店大丈夫なのかよって思ったww」





あのままうちが真実を言ってなかったらw

うちは中学生って思われてたって思うとぞっとしますwww




その日は木村さんと初めてで

いっぱい話しました。


店長の事もちらちらと・・・


「2人を見てて思ったんだけど、侑さんは店長のお気に入りだね」

「えぇー!?」

「見てれば分かるよ。」




そう言われて、素直に嬉しくって。


だんだん店長を意識し始めてきた。





「店長のあの優しさは、神様みたい」

「俺的には、怒る時はもっとガツンと言って欲しいけどね」

「優しさに甘えそうで、逆に怖いわww」






やっぱり、店長は優しいんだ。

って思った。












その日からうちは、

ずっと、頭のどこかで、店長の事を考えてるようになりました。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:侑
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる

(゚‐゚)高校2年(17)
(゚‐゚)ち○住みですw
(゚‐゚)RADWIMPS

バイトの店長に恋をしました。

言えない気持ち、
書いていきたいと思います。


同じような方が居れば、
是非コメントお願いします('-`)
カテゴリアーカイブ
最新コメント