僕は僕しか愛せない 

June 13 [Wed], 2012, 23:43
いつからそうなってしまったのかわからない。

気づいたらこうなってしまっていた。

好きだと言われたから好きだと言った。

愛してると言われたから愛してると言った。

だが僕の本心ではきっと好きではないし愛してもいない。

それは恋でも愛でもない、もっと醜く汚れた、およそ性欲ともいえぬ未熟な塊がそう言わせているだけだ。

そのために僕は黒く、重く内に沈み込む。

僕は僕しか愛せない。

限りない自己愛に支配された利己的な自動人形だから。

眼を抉り出し、性器を削ぎ落としたとしても尚、僕の穢れは僕の心にこびり付いているのだろうな。

嘲ってくれ、誰でもいい、死ねと言ってくれ。

「貴方は代替可能な一人のヒトなのだ」と。


ありとあらゆる存在に意味はない。


ゆえに意味なく生まれ落ち、死に行く僕に意味などない。


傲慢な怠惰を抱いたまま、臆病な僕は今日も眠るしかないようだ。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:のぎ
  • アイコン画像 誕生日:1993年7月28日
  • アイコン画像 現住所:埼玉県
読者になる
2012年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
Yapme!一覧
読者になる