チャリティ・ヨーガ 開催 

May 26 [Fri], 2017, 17:44
国連で定められた国際ヨガ・デイにちなんで
高知・認定ヨーガ療法士会では6月18日に
チャリティ・ヨーガを開催いたします。

6年前から日本ヨーガ療法学会で活動を続けてきた
チェルノブイリ原発で被爆した方々へのヨーガ療法支援。
その活動の中でウクライナ・キエフの子供たちに胃潰瘍が多いことが分かり
今年から2年間の支援プロジェクトとして
「キエフの子供たちに胃カメラを贈ろう」という目的で
国際ヨーガのイベントを開催することとなりました。

ぜひこの支援活動にご協力をお願いいたします。
当日参加の方は申込み不要ですので
お気軽にご参加ください。

<イベント内容>
*開催日:6月18日(日)
*場所:高知市・鷹匠公園(雨天時は高知文化ホール第5練習室)
*時間:@9:30〜 A10:45〜(各60分)
*参加費:ご寄付をお願いいたします
*持ち物:ヨガマット・お飲み物・動きやすい服装・日よけ

皆様のご参加お待ちしています!



痛み 

May 10 [Wed], 2017, 16:55
人の痛みってなんて心と繋がっているんでしょう
今更ながら、自分自身で感じています

今年のGWはやや風邪気味ながら
様子を見ながら過ごしたつもりでしたが
想定外の気候の変化で身体はついていかなかったみたいで

5月4日の早朝から四国の霊峰の一つ「剣山」へ登頂
行きは青空も広がって最高の山歩き日和でしたが
登山口で意外と寒い!でフリースを着たまま登り始めました。

中盤からどんどん雲行きは怪しくなり、濃いガスに覆われて
景色はまったく見えない状況になりました。
さらにやっとのこと、山頂についた頃には暴風と小雨
写真撮ったら、即下山!寒い、寒い〜!

せっかく構えたバーナーもラーメンもコーヒーも諦めて
一気に逃げ降りた感じで、山小屋の祖谷そばでやっと生き返りました。

それが無理したんでしょうね、高知に帰宅2日後から
咳がでるわ、発熱するわ、でもレッスンはあるわ。
ちゃんと安静にできなかったので、その夜に鎖骨が腫れました。

おかしいな〜と思いつつ触ると痛むので、これはリンパ節の腫れだと思ってたら
翌日この鎖骨あたりの激痛で腕が上がらなくなってしまい
でもレッスンがあるから休めない、片手でやるしかない状況。
あまりにも不自由なので、行きつけの接骨院に駆け込んだら
鎖骨がずれている、とのことで調整してもらい腕は上がるように。

でも、その晩も咳が出るたびに激痛でまだ腫れたままだったけど
翌日もレッスンが3つもあったわけですよ。
そこで病院に行く暇はないので。漢方!を取り入れました。

初めての薬局でめちゃおもしろい雰囲気の(私より)お姉さんが
症状に合わせて処方してくれてその場で飲みました。有難かった

確かに夕方から咳がおさまってきて、楽になってきたものの
また布団に入ったら左腕から鎖骨〜肩甲骨までの激痛
さすがにレッスンやりすぎたとしか思えません。

布団のなかでどうしよう骨折していたら?ヒビでも大変なこと。
いろいろ妄想が始まって、痛みが強くなって眠れなくなったので
もう奇跡を祈るしかないのか!って半べそで祈りましたが
朝になってもまったく痛みは引いてませんでした。

で、最寄りの整形外科へ(徒歩5分以内)
初診だからか?2時間待ってようやくレントゲンまで行きついて
診断を聞いてみると「骨に異常はありませんね〜」って
折れてない?ヒビもない?びっくりでした
ついた診断名は「胸鎖骨関節炎」という使い過ぎで炎症を起こしたと

はて?いつから使いすぎた?
確かに咳をすると動くので炎症は起きやすいと。
で、炎症止めの薬と痛み止めのシップをもらうと

人って不思議、心配事が消えたとたん痛みが変わる。
同じように痛いはずやのに、気にならない。
もう孫を抱っこできなくなるかも。という悲しみが消えたとたん
掃除機なんてかけてしまう始末、自分にびっくりです。

本当に心身相関、健やかさは心から。
今夜は眠れそう



映画のタイトル 

April 28 [Fri], 2017, 20:29
最近観たまま受け取れる映画しか観てなかったから
この映画にはとことん悩まされています

「リリーのすべて」という
世界初、性別適合手術を受けた人の実話
高知の映画館では上映されなかった作品
アカデミー賞ノミネート作品だったというのにね

で、一日限りの上映会に行ってみましたが
映画館じゃないと、こうも違和感があるのですね
この内容で周りがほとんど高齢者ばっかりで
軽いラブシーンや全裸のシーンで(特にこういう内容だから)
親と真面目に観ているようで非常に気まずかった

それで、このタイトルが「The Danish girl」だったので
なんか時々邦題っておかしな意味づけしてるので
モヤモヤして調べてみると・・・やっぱりね、ということが分かりました

英題は「デンマークの少女」という意味ですよ
なんでこれが「リリー」という名前と「すべて」までついたのでしょう
おかしいじゃないですか、そりゃモヤッとしますよ

これは、この人の人生だけスポットをあてたタイトルであって
結婚した夫の中に女性がいる、という衝撃の事実を知り
それを受け入れられず、最後までずっと向き合うとした
勇敢な妻のゲルダもデンマークの少女なんですよ

おかしいじゃないですか、二人のことを言ってるんですよ
だから、画廊の受付で「デンマークの女性」を呼ぶシーン
てっきり彼の事と思っていたら、奥様のゲルダが入ってきたんですよ

このタイトル、本当にしっくりきませんでした

大体「すべて」とつけた時点で違う
どこからが始まりでどう終わったか
終わりは描いていたけど、始まりはデンマークじゃないですか
リリーとして生き始めたところだけなら「すべて」でいいけど
なんか言いっぱなしで、無責任な感じ〜

この作品は無条件の愛情とかそんな言葉で片付かない
夫を失い、子供も持てなかった、さらに女性になっていくのを
支えて、励まして、でも納得できてないゲルダの事実だと思う

きっと結婚してなければ、うまくいっていたと思う
ある日友人の彼が彼女になっていても好きだったろう
でも夫として愛し、自分も妻として愛されていたある日から
夫の中から女性が生まれて歩き出すんです
しかも他の男とキスしているのを見てしまうんです

あまりにも残酷
さすが「レ・ミゼラブル」よっ!人生どん底!と監督に言いたくなる

「あなたは自分のことしか考えてない」とゲルダが言うシーン
まったくその通りだ、彼は自分の苦しみの事しか考えてない
自分の幸せにしか考えが及んでない

確かに世界初に挑戦する勇気は相当な思いだったと思うけど
結局昔の技術なので、普通ならやらないけど
この人がやったお陰で、性の不一致に悩む人の一歩がでたわけで

でも、一生懸命私なりに彼の気持ちを想像してみたけど
本当に無理です、これは人間の機能的な違いですか
私は女性でありすぎるのか、肉体と性別の不一致がわからない

それでも、ヨーガ的にもスピリチュアル的にも考察して
人として魂は同じでも、乗り物が違うときっと違和感はあるので
これは生まれた時の「乗り間違い」だろうかと思う

そうすると、レ・ミゼラブルのように神様はどこまでも
人を試すのだろうかというくらい、たまにこんなケースがあって
周りの人も巻き込みながら、新たなステージをつくっているのだろうか


デンマークの思い出の場所に
スカーフになり、風に乗って還っていった人
私はリリーじゃなくアイナーだったと思ってしまう

それにしても、この作品を一体あのご年配の方々が
どう理解したのか、破廉恥だというか、不可解というか
非常に気になるところですが、会員制の映画鑑賞ということで
集まった映画会の一つだったと推察します

だったら、映画館で私はひっそり観たかった(笑)



私の新学期 

April 17 [Mon], 2017, 17:20



久しぶりの海
春の日差しで眩しく
遠くにはヨット
隣りにはオット(夫)


明日からまたお互い一人暮らし
慣れない新生活からまだ半月
淋しいながらも自由過ぎるスケジュール
今まで敬遠してきた夜のクラスを
早速2つも引き受けてしまう自由さ


今日はこの暴風雨の中、
レッスン初日を迎えておりますが
無事帰ってこれるのか?


でも待ってくれている人がいる限り
せーの!で行くわけです



時短のススメ 

February 03 [Fri], 2017, 14:42
まったく久しぶりで、書き方も忘れ気味
季節がもうだいぶ変わりすぎてます

今年は年明け早々に「ヨガごと」が増えて
これは年々増している気がしますが
休日もなんらかの事務的なこと
資料を作ったり、勉強したり追われています。

少し前まではもっと時間に余裕もあったけど
社会的にヨーガの認知度が広がってきたのか?
私が首を突っ込みすぎたのか?
いろんなジャンルでの出会いがあります。

ヨーガ療法はどんどん進化して
医療の現場や学校教育でも
さらには刑務所でも使われるように発展しています。

どんな人と出会っても怯まずに向き合うために
やはり自分自身が安定していないとだめです

私はまだ道の途中、ヨーガを行ずるものとして
実践を重ねていかねばなりません。

ま、それでもヨーガの智慧を学んでいると
こんな私でも心の切り替えスイッチが早くなりました。

本当なら今までの私ならズルズル〜と引きずられそうな事件が
もうすでに何件か起きていますが
一瞬落ち込んだり、腹立てたりもしますが
どうでしょう?私。今すっかり忘れています。
というか、そこにもう心を戻さずに手離しています。

これって非常に「時短!」
私の大好きな合理的発想、クヨクヨ時間はもったいないのです。
考えても仕方ないことは、もう考えない。
あとは神様の仕事ですから、手離します。

そうはいってもね〜、忘れたりできないよ〜と
昔の私はそう思っていましたが
ここがヨーガの客観視力ですから
そんなくすぶる自分をもう一人の自分から観ると
かなり時間を無駄に生きていることに気付きます。

私にとって「時間」はお金より大事なもの。
だから優先順位つけたら、「はい、神様どうぞ!」にすることが
一番合理的で楽ちんなのでは?

世の中は変わるものだらけなのに
「変わらない!」ってしがみつく心がいっぱいです。

もうそれ、やめよう。
一番身体と心に悪いから。
変わらないものなんて、ないんだなって
そう原点に帰れば、答えは自ずと見えてくる。

私の無駄をさっぱりと切り捨ててくれる
こんなヨーガの智慧があれば
自由時間増えるハズなのにな〜、あれ?





やっと秋 

October 25 [Tue], 2016, 18:24
ようやく秋が深まってきましたね

長かった、ここまでホント今年は長かった
やっと金木犀の香りがし始めたけど
もうまもなく11月だというに
まだ半袖Tシャツって、どゆこと?


先月はたくさん旅をして
伊勢神宮詣り
大阪USJからのトーテム鑑賞
京都御所、比叡山延暦寺
ヨガカウンセリング研修など
激しく移動しまくりました。


どの旅も素晴らしかったけど
比叡山の煙雨の西塔が印象深かった
あのひと気のないシーンとしたお堂
静寂の中の清らかさが今も身体に残っています



正反対で身体に残ったのは
USJの逆さ吊りのコースターでしょうか
フライング・ダイナソー、あれはやり過ぎ
初老の私には2回の脳天逆さ落としはキツかった


美しさでいうと、伊勢神宮の早朝詣り
あの清々しさと飛び立つ鳥のような雲
何かイイ事が始まりそうな気がしました


トーテムでは人間の身体の美しさ
極限まで能力を活かしたまさかの展開
驚きと感動の連続でした


カウンセリングでは心ズタズタにされたけど
振り返ってみれば、あんな事がなければ
自分のこれまでのマズさを知る事がなかった
何回人をカウンセリングで犠牲にした事かっ??


行く前は、こんな旅程には無理がある
って悩んでいたけれど
どの旅も私は一人じゃなかったし
最高のタイミングで完了できたから
すべてはうまくいっていたのです


やはりGOD TIMMING

ひと夏 

August 22 [Mon], 2016, 23:36
土佐の祭り、よさこいが終わり
甲子園も終わり
ついにリオ・オリンピックが閉会しました

私は日本が金メダルに注目する間
ひそかに(?)ヨーガの集中修行会に行きました

たった4日間の短い修行とはいえ
一日2食で、朝6時から22時まで
瞑想、アーサナ、呼吸法、聖典講義

全国各地から集まったヨーガ療法士たちと
朝から晩まで自主的にほぼ外出もせず
寝食を共にして過ごしました

以前も一人、今回も一人
なぜいつも私は単独行動が多いのだろう
と、どうでもいい疑問も含め
心の中に詰まった堅苦しい気持ちも
今回の修行を通して、答えが見つかり
なんて心は自由なんだろう、と思います

ま、全然自分を客観視できてないから
行き詰まるのであって、いつでもどこでも
遠くからもっと自分を冷静に観ていればいいものを・・

で、帰りの電車で知った「SMAP解散」に
思わず「えっ!」と声を出してしまい、
テレビは観てなかったので
オリンピックのメダルを賭けた白熱した試合に
非常に興奮していました

修行の効果は後から効いてくる
そんな感じでその時すぐ受け取れたものと
じわじわと後から意味を理解するものとがあり
今はその意味を体験を通して咀しゃく中です


気が付けばもう8月も後半
頑張ってきた出前講座の「キッズ・ヨガ」も
先週の須崎小学校・児童クラブで
今年の夏休みの活動は無事終わりました

いろんな子供たちに出会えて、また今年も
子供たちからいっぱい学ばせていただきました
毎年少しずつテーマを替えてやり続けてますが
いつか定着した活動として教育の現場で
ヨーガが使ってもらえるようなれば、と思います

夏の後半は少しペースを落としてまいります






6月25日は 

June 28 [Tue], 2016, 16:37



予定していた熊本復興支援の
チャリティーヨガイベントは
雨天のため中止になりました。


皆様から事前にお預かりした
義援金はヨガニケタン本部の
復興支援口座に送金いたしました。
たくさんの温かいお気持ちを
ありがとうございました。


イベントの日はちょうど
妹の5回目の命日で
墓前に花と晩酌セットを供え
手を合わせてきました。


あれから

娘はお嫁に行き、孫も生まれ
姪は大学生から就活が始まり
夫は4回異動し、私は2回引っ越した。


もう5年か、と夫がつぶやき
いろんな事がたくさんあったけど
ただ時間だけが過ぎたような
まだ香織はどこかにいる気がします。


まだまだ私達は旅の途中
「今」をもう少し先に思い出して
人生に無駄な時間なんてないんだと
そう思えるよう、毎日を丁寧に生きたい。













チャリティーヨガ開催 

June 11 [Sat], 2016, 19:44



6月21日の国際ヨガディにちなみ
高知ヨーガ療法士会では
6月25日に熊本大地震復興支援の
チャリティーイベントを開催します。


雨天の場合は中止となりますが
是非マットや敷物を持って
ピクニック気分で
高知城のすべり山にお出かけ下さい。


9:30から受付
10:00から約60分の野外ヨガ
参加費は全て復興支援の義援金として
日本ヨガニケタンを通じて寄付されます。


皆さまのご参加お待ちしています

またこの季節 

May 11 [Wed], 2016, 18:43
あれから「5年」

とりあえず、自分の「5年」は無事越せました。
もうそんなことは家族でさえ忘れてしまっている事

私が日々を健やかにあれから生きていることを
妹は空の上で祝福してくれているのだろうか

いつまで経っても区切りの年、とかはない
私の中には体内時計がちゃんとあって
その季節の風邪が吹くとスイッチが入って
一年ごとに妹の命日に戻っていく

昨日読んでいた本の中で
身体が不自由な人の心情をくみ取る話があり
ただ周りに怒り当たり散らす人の心は
今まで普通にできていたことができなくなる
自分への怒り、いらだちのせいだと気づく・・

その時、5年前の妹のやり取りの中で
私がちっともそれをくみ取れずに
とってもお互い感情的になった場面を思い出した

私って本当にバカでした
妹は自分に怒っていた
私も自分に怒っていた

あの時にこの本に出会っていたら、と思うけど
今更のように「答え」を知らされて
本当に遅いよ

あれから私に与えられたこの命を
私は充分に生きているのだろうか
妹の分も生きていこうと思いながら
無難な道を選んで歩いている

こんなんじゃ ダメだ
こんなんじゃ香織は納得しないよね

お姉ちゃん、また頑張ってみるわ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Bb
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 現住所:高知県
読者になる
*一般社団法人日本ヨーガ療法学会認定 *インド中央政府・日本ヴィヴェー・カナンダ・ヨーガ研究財団公認ヨーガ・インストラクター
*越智啓子ヒーリングスクール第6期生
*臨床スピリチュアルケア・カウンセラー研修生
*レイキ・1stアチューンメント

[ヒーリング・ヨーガ]
*西部教室*高知市鴨部地区
*開催日:毎週火曜/19:15〜
*参加費:一ヶ月4000円
年齢や経験を問わず参加者募集中!
お気軽にどうぞ。
くわしくはこちらをクリック
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村
最新コメント
アイコン画像Bb
» 忘れられない日 (2015年10月14日)
アイコン画像Kazumi
» 忘れられない日 (2015年10月13日)
アイコン画像Bb
» いってらっしゃい (2015年06月05日)
アイコン画像Kazumi
» いってらっしゃい (2015年06月05日)
アイコン画像Bb→Love&Shantiさん
» 親孝行 (2014年01月20日)
アイコン画像love&shanti
» 親孝行 (2014年01月20日)
アイコン画像Bb
» 神聖な場所 (2013年06月25日)
アイコン画像Kazumi
» 神聖な場所 (2013年06月21日)
アイコン画像Bb
» ヒーリングヨーガ合宿のご案内♪ (2013年06月09日)
アイコン画像asupi
» ヒーリングヨーガ合宿のご案内♪ (2013年06月08日)