シンガポールで青少年集団自殺!!ビデオゲーム【スレイヤーズ】になりたかった!!

September 10 [Thu], 2009, 19:47

青少年らのゲーム中毒が全世界で社会問題となっている中、シンガポールで
ビデオゲームのために青少年2人が自殺する事故が発生した。


AP通信は8日(現地時間)、ビデオゲームが原因で、10代青少年2人が昨年8月に
自殺したと報道した。 しかも総勢8人が集団自殺を行う予定だったことが明らか
になり社会に大きな衝撃を与えている。



16 才になるKu Witayaさんはスレイヤーズ (Slayers)というビデオゲームを
弟と友人6人で楽しんだ後、全員に自殺をしようと提案した。その理由は
「自分たちが悪魔を退治できる本物のスレイヤーズになるためには一度死な
なければならない」というゲームに影響されたものだった。

提案に同意したメンバーは建物9階にある部屋に行き、ドアを閉めたまま2人ずつ
ペアを組み、順に飛び降りることにした。 一番最初に飛び降りたKu Witayaさんと
その友人は死亡。 だが弟と残った友人らは二人が飛び降りる姿に恐怖を感じ
飛び降りなかった。

何かにとりつかれた様に階段を上がる自殺した少年達の映像がネットで世界中に流れ衝撃を与えている!!





今回の集団自殺について、AP通信はテレビゲーム『スレイヤーズ』が原因だとしていますが、シンガポールの元になったと思われる新聞記事やニュースサイトの方ではそのようなことは書いておらず、少年たちは一度死んで、第三次世界大戦で攻めてくる悪魔を倒して世界を救う「スレイヤー(Slayer=殺りく者)」になりたかったと述べています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sureiyaajisatu
読者になる
2009年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sureiyaajisatu/index1_0.rdf