レーシックとは

花粉の季節は、コンタクトをしている人にとって辛い季節です。細かい花粉が、コンタクトレンズと角膜の間に入り込み、アレルギーを引き起こすために、ごろごろ感やかゆみを生じます。裸眼の視力回復が出来れば、理想的な解消法といえますが、即効性のある治療法はレーシックだけです。

レーシックの手術の概要は、角膜にフラップといわれる蓋状の切れ込みをいれて、角膜内にエレキシマレーザーといわれる微細レーザーを照射し、角膜内の組織容量を焼いて変化させ、焦点調整を行なうものです。裸眼視力が劇的に回復し、めがねやコンタクトが必要なくなります。

レーシックの手術を体験した人の多くは、裸眼の視力回復に感激されている場合が多く、改めてレーシックの治療効果の高さを再認識されます。術後のハロ現像やグレア現像などに戸惑う場合が多いにしても、1週間も経てば、ほとんどの方がなれて、気にならなくなるといわれています。

レーシックの手術自体は、短時間で済みますが、手術を行なうまでに、検査や医師とのカンセリングを行い、術後のケアなどにも注意する必要があります。レーシックを体験された方の意見を聞くと、担当医師とのコミュニケーションが大事で、手術の問題だけではなく、手術後のケアについても医師に相談する事が多いそうです。また、レーシックの手術を受けられた体験者の多くがおしゃることは、いい病院を見つける事が、レーシック手術を受ける上での最大の問題と言われます。

レーシックが普及したといわれても、いまだ話題先行で、安全なレーシックの手術の行なえる病院や医師は限られています。

そこで、レーシックを検討している方には下記の3つのクリニックがお勧めです

症例数も豊富で、多くの実績がある、安心してお勧めできるクリニックです。

レーシックの申込みをする前にまずは無料の資料請求や無料検査を受けることをお勧めします。

acomimg.jpg
最新・世界最高性能の視力回復用エキシマレーザー「コンチェルト」における症例数世界No,1のクリニックです。1.0以上の視力回復率は99.6%と高い実績を誇っています。料金は両目14,8万円。手術前の検査費用はもちろんのこと、術後3年間のアフターケアも無料です。治療は東京、名古屋、大阪と全国主要3都市で受けられます。
無料検査予約・資料請求はこちらから>> 神奈川クリニック眼科

acomimg.jpg
錦糸眼科は2003年にアジア圏で初めてイントラレーシックを実施した認定施設です。 院長である矢作氏の屈折矯正手術症例数3万9千は国内最高レベル。料金はレーシックが12万円、イントラレーシックが18万円と低価格(ただし、院長指名の場合、追加料金が必要)。東京、札幌、名古屋、大阪、福岡と全国の主要都市にあるので治療のためにわざわざ遠出しなくてもいいのも嬉しい。
WEB予約・無料資料請求はこちらから>> 錦糸眼科

acomimg.jpg
品川近視クリニックでは月間症例は10,000件を超えており、世界でもトップクラスの症例数を誇っています。ドクターの充実度も世界トップクラスです。98%の方が裸眼で1.0以上とほぼ100%の方が視力回復しています。料金は両目13,3万円。術前の検査は無料です。品川近視クリニックはアフターケアも万全で、翌日、1週間後、3ヶ月後に定期検診を実施。施術後3年以内であれば、無料で再手術を行うこともできます。
無料検査予約・資料請求はこちらから>> 品川近視クリニック