平成28年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会

November 23 [Wed], 2016, 12:39
飯田、大健闘の準V〜準決までオール一本もウルフには敵わず〜

2016年11月13日(日)
千葉 千葉ポートアリーナ

 優勝まであと一歩届かなかった。体重別の日本一を争う講道館杯。今大注目の高校生飯田健太郎(高3・大野北)が100`級に出場し、準優勝を果たした。準決勝まで得意の内股が冴えオール一本勝ちで勝ち上がった飯田。決勝の相手はこの階級の強者ウルフ・アロン(東海大)。序盤に内股を許し、技ありを奪われると、その後も飯田は技を繰り出すことができなかった。

試合後、飯田は「(今大会は)高校生ですしプレッシャーもなく勢いで勝てたと思いますが、今のままではもう一度やった時には勝てないと感じました」と振り返った。シニアの強さ、うまさを改めて実感した。

 今後の本学に進む飯田。大学生活への思いを聞くと「団体戦で日本一になって、もう一度国士舘を強い大学にするのが大学に入っての楽しみでもありますし目標でもあります」と頼もしい答えが返ってきた。

 インターハイ団体戦3連覇、個人でも2連覇など王者として過ごした高校生活。高校3年間は「あっという間。自分の成長を感じた」と振り返った。

本学の鈴木桂治監督も「東京オリンピックに向けての強化をしていこうと思います。4年間をかけて強くなって欲しいとなという気持ちですね」と期待を寄せる。

飯田の今後の更なる活躍に注目したい。

※今大会の結果を受け、飯田選手は12月に行われるグランドスラム東京2016の日本代表に選出されました。



  • URL:http://yaplog.jp/supokoku/archive/910
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R