ストックデールの逆説という考え方に学ぶ

August 12 [Tue], 2014, 20:52
以前、ビジョナリーカンパニーA飛躍の法則
という本を読んだ時に、ストックデールの逆説
という考え方が出てきました。


これは、アメリカの軍人のストックデールという人が、
ベトナム戦争で8年間の捕虜生活を強いられ、
20回以上拷問を持ちながら、希望を失うことなく、
遂に釈放の日まで耐え忍んだのですが、
その時に、持っていた精神だと言うのです。


ストックデールは、その後、インタビューを受けた際、
同じように拷問を受けながら、耐えられなかった人達は、
「楽観主義者だった」
と述べています。


クリスマスまでに、
感謝祭のために

出れるのではないかと楽観していた人達は、
その願いが叶わなかった時に、みんな倒れて
いったというのです。

しかし、ストックデールは、
「最後は必ず勝つ」という確信を持ちながらも、
その過程に至るまでは、その一方で、
自分が置かれている現実の中で、厳しい現実を
直視していったというのです。



地獄の底から生還してきた人であるが故に
とても感慨深い言葉です。

私も、苦しい時は、そういった精神を
しっかり持ってがんばっていければと
思います。

もちろん、簡単ではないのですけどね^^;
ブログランキング
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:superlife555
読者になる
2014年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/superlife555/index1_0.rdf