【 更新情報 】

スポンサードリンク

ヨークベニマルのオードブル

ヨークベニマルというスーパーマーケットをご存知ですか。
福島県を中心に東北南部から関東北部にかけてチェーン展開するスーパーで、あのセブンアンドアイグループの1社です。

ヨークベニマルは、相乗効果の大きいNSCといわれる商業集積型ショッピングセンターを主体に、一定の地域に集中して出店するという、戦略を取っています。

ヨークベニマルの食品は、安全性にこだわり、「産地が見える商品」としてホームページで生産者や産地等の情報を公開しています。
「安心・安全・おいしさ」にこだわり、開発したオリジナル商品は、ヨークベニマルグループ内の株式会社ライフフーズによって、地域ごとのニーズに対応できるよう見直しをしています。
そうして出来た商品の1つにオードブルがあります。

ヨークベニマルのオードブルは、子供や男性の大好きなチキンやハム、女性の好きなサーモンやポテトサラダなど、家族みんなが笑顔になれるオードブルです。
彩りもよく人気の商品です。

その他にもヨークベニマルでは、ケーキやシャンパン、ワインなどパーティを盛り上げてくれる食品がたくさんあります。


オードブルと一緒に、こちらも注文してみてはいかがでしょうか。

ヨークベニマルの宅配

ヨークベニマルは、昭和22年紅丸商店がイトーヨーカ堂と提携を結び、今のヨークベニマルになりました。

ヨークベニマルは、福島県に60店舗、宮城県40店舗、山形県14店舗、栃木県19店舗、茨城県22店舗と
2008年12月末現在で155店舗あります。

ヨークベニマルの特徴は、一定の地域に集中して出店するという店舗戦略を取っています。
このことにより、物流コストや販促コストを低減することができ、また独自の商品集荷体制が可能となりました。
お客の利便性を高めるために、こういった戦略を取っているようです。

ヨークベニマルは、インターネットで各店舗のチラシを公開しています。
このヨークベニマルのチラシは、地域性がよく出ており、いかにヨークベニマルが地域に密着しているスーパーマーケットなのかが分かります。

セブンアンドアイグループでは、お店で買った商品を家に届けてくれるサービス「きいろい楽だ」や、インターネットで商品を申し込むと自宅に届けてくれる宅配サービスを行っています。
ヨークベニマルでは、まだこういったサービスは開始されていませんが、ヨークベニマルの戦略を考えると今後のサービス拡大に期待が持てます。

ヨークベニマルの取り組み

ヨークベニマルが5年で155店舗を展開しているという事実がすごいということが同じセブン&アイグループのイトーヨーカドーが全国で191店舗という所に出ているのではないでしょうか。

もちろん40店舗の差は大きいと思われるかもしれませんが、地域展開と全国展開でのこの差はやはり大きいと思います。
閉店した店も多いとは思いますが、この展開は大きなヨークベニマルの努力が見えます。
今は食の問題が大きく取り上げられてますが、ヨークベニマルは産地名を記載した商品を売ること、そして総菜などにもすべてその店舗で作るというこだわり。
そして食生活の乱れの改善をするためにヨークベニマルでは栄養士の相談を行ってる店舗もあります。
ヨークベニマルは野菜をつかったレシピを載せて野菜不足を解消させようとしたり、試食も行ってます。
もちろん環境問題にも取り組み、レジ袋有料化や簡易包装、トレー、牛乳パックの回収など積極的な取り組みがあるのもヨークベニマルの一つの特徴です。



>>楽天サイトの食品部門で今売れている商品を見てみる



どこか不信の続く食への不安をヨークベニマルは安心という旗揚げをして、環境や地域に密着していることが以前の紅丸商店からの取り組みを引き継いでやっているということが、店舗拡大に大きく貢献しているのではないでしょうか。

ヨークベニマルで使える商品券は

ヨークベニマルは最初の紅丸商店の時からやっている123の市という月初めのセールと最近はじまったと言われているどまんなかの市という月半ばにやるセールが大変お得です。

ヨークベニマルは他のスーパーと比べると安いと評判です。そして惣菜系がおいしいんですよ。
メンチカツなんか味がしっかりついてるのでソースつけなくても充分おいしいです。
煮物もおいしいです。さすが東北系!味が濃いのが決め手です。
他のスーパーよりヨークベニマルの方が安いのにおいしいんです。ついつい買ってしまう主婦なのでした。
ヨークベニマルは他にも衣料品も安いですし、靴下や下着も安いです。趣味にもよるんでしょうけどね。
そしてヨークベニマルは店舗にもよりますが、10時から22時まで開いている店舗ばかりです。
多少の前後はありますが、これは便利ですね。近くにヨークベニマルがあるお家はいいですね。
そしてヨークベニマルでは商品券も多く使えます。
ヨークベニマル商品券という独自の商品券もありますが、セブン&アイの商品券やイトーヨーカドー商品券も使えます。
百貨店系の商品券は使えませんが、プレゼントとしてヨークベニマルで使える商品券をプレゼントすると主婦や学生は喜ぶのではないでしょうか。



>>商品券を安く手に入れたい方はコチラ

地域に密着した店舗展開

ヨークベニマルとは宮城県をはじめ東北南部中心にして栃木や茨城県にあるセブンアンドアイグループ系列の大型スーパーです。
私も宮城県ではヨークベニマルに大変お世話になりました。
ヨークベニマルは今では5県で155店舗を構え、更に店舗展開を進めています。

なぜ、ヨークベニマルは地域が密着した店舗展開をしているのか。
それは一定の地域に集中して出店することにより、物流コスト、販促コストの低減はもちろん、独自の商品集荷体制が可能になるため顧客の利便性が高くなっているのです。

しかし、ヨークベニマルが大手スーパーへの転進はもちろんイトーヨーカドーとの合併はもちろんセブンアンドアイのバックが大きな影響をあげているに違いないと思います。
それだけでヨークベニマルへの安心感、親近感を与えることになると思うのです。
ヨークベニマル自体がもともとこだわった地域密着型に対する安心感ももちろん大きなものですが、地域展開は否めません。
今はヨークベニマルもチラシもネットで見れるようになり、安さを重点に置いているスーパーが目立つところ、食への安心とそのサービスで顧客を満足させるスーパーに発展させようという企業の努力が今のヨークベニマルを作っているのです。




>>とにかく安い商品をお探しの方はコチラをクリック!!
   ほとんどのものが揃って、とにかく安い