愛光堂☆2本の水晶ブレス

September 26 [Mon], 2011, 12:18





先日、同行者が5ツ葉のクローバーの水晶が入ったブレスを購入した時、実は私用にも水晶のみのブレスを買いました。

2本目の水晶ブレス…。
やはりとても綺麗☆
1本目をとても気にいって毎日のように付けてるし、買う必要は無かったと思うのだけど…。

夏前に1本目の水晶ブレスを購入しに行った時、平日の17時半過ぎということもあり店内には私1人。
つまりお2人を1人占め♪

ということもなく、お兄さんも靖子さんも石を紡ぎ、シーンとした店内。
2本付けするつもり満々で(その日は4種類しか無かった内の)1番華奢な水晶のみのブレスを見つめ、近くにいた靖子さんに声をかけました。

笑顔で近寄りケースを開けながら話し掛けてくれる靖子さん。
『1番右側にあった(大き目の水晶で出来たブレス。)は売り切れてしまってるんです。ごめんなさい。』
と、残りの4種類の中で1番大きな水晶達で出来ているブレスを出してくれました。

以前に私が作って頂いたブレスはメインのゴールドルチルとストロベリークォーツが8ミリでそれ以外は4〜6ミリ、そして平たい石で出来ていて決して大振りなブレスではない。
だからそれに合う水晶ブレスを求めていたのですが…。
靖子さんが出して下さったのは結構大振りなブレス。
戸惑いながらも
『…この華奢なブレスも見せて頂けますか?』
『あ!ごめんなさい、こちらですね。』
と2本出す靖子さん。

大小2つのブレスを並べて考える。
何故靖子さんは私に大振りなブレスを出したのか。

自分の手首を見る。
気にしたことは無かったが手首15センチというのは、もしかしてかなり太いのか?
肩幅が40センチ近いから?
私のデカイ体型に似合う大きさのブレスを出してくれたのか?

悶々と考えながら
『手持ちのブレスと2本付けをしたいのですが…』
と作って頂いたブレスを差し出すと
『あ…こちら(華奢な方)でも大丈夫ですよ。』
と。

結局、最初の予定通り華奢な方を購入したのですが、何だかずーっと考えてしまいました。

元々水晶のみのブレスを購入しようと思ったのは、前厄の為。
厄払いに行かないとなぁ…とダラダラしてるうちに
・自転車を漕いでいて、曲がり角で走ってきた自転車にぶつかり大怪我をした
・自転車を漕いでいて、曲がり角から出てきた自動車にぶつかった
ということが1ヶ月のうちにあったから。

きっと私の不注意だろうし、自動車の時は全く怪我はなかったけど、次はオートバイかトラックか?
厄払いに…という意識があったので、素早く神社に予約をお願いした。

そしたらさぁ。
予約当日の朝、神主さんが風邪をひいたので1週間ずらして欲しいという電話!
厄払いの延期って聞いたことないんですけど…。
あの時の私、どんだけツイてなかったんだ?!

ともあれ、延期はしたものの無事に厄払いしていただきホッとしました。
お蔭様でその後は平穏な毎日を過ごしてます。
夏には飲み屋のスクラッチで飲食無料を当てたりと、寧ろラッキーなのかな?

とまぁ、春に色々あったので厄払い以外にお守りで水晶でも、と思ったのです。

愛光堂さんのスタンスでは、『石の大きさに効果の影響は無い』という。
でも他の方のblogで、お任せでお願いしたブレスの出来上がりの石の大きさが、想像より小さくてビックリしてたら『今のあなたに合うのはこの大きさの石です』って言われた方が居たなぁ。

私の勝手な考えだけど、『石の大きさに効果の影響は無い』というのは基本で、中には石の大小により影響を受ける時があるのかもしれない。

春の私にはもう少し大きな水晶が良かったのかもしれない。
と、図体のデカサに合わせてくれたのかも…という考えを棚の上の方にあげて息巻いた。

厄年中に愛光堂に行く時には、大きめなモノを買おう。

と決めてたら。
そしたら意外と早めに行くことになっちゃった。

前回載せた同行者が購入した5ツ葉のクローバー、蓮、丸玉、カット水晶のブレスも綺麗だけど、やっぱり私はプリンとしたハートや星が好き。
今回購入したブレスにはプリンとしたハートではなく、カットされたキラキラハートのみだけど、それ以外にも星や蓮の水晶はもちろんカット丸玉の水晶が物凄く好み。

1本目の水晶は平日の昼間にオーダーブレスと、2本目は夜と休日に付けてます。


そういえば夏前に行った時、私がお店を出る数分前に女性が1人入ってきました。
風貌や服装などは覚えていませんが、お2人に『母が○○ガンで、お守りに何か持たせたいのですが…』と言われ『ガンなどの病気には水晶がいいですよ。干支の彫り物が入っていて…』
と、靖子さんが対応し始めました。
本当はもっとストラップを見ていたかったけどお店を後に。
人には聞かれたくない話しだろうからねぇ。


人間の悩みって自分のことだけでも大変なのに、親、子供、兄弟、配偶者…自分が頑張ってもどうしようもないことだと本当に辛い。
特に病気に関しては。
あの女性も女性のお母様も、笑顔でいられますよう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆずりは
読者になる
2011年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/supairo/index1_0.rdf