彼氏の行動はちょっと

July 19 [Tue], 2011, 13:52
ここはとある東京の喫茶店である。1つの古びたテーブルで初老の老人がなにやら、週刊誌を読みふけっている。老人と週刊誌。。なんともミスマッチな光景だ。
丸い古びたテーブルに私は至近距離に老人に位置しているわけだが、いやがおうにも記事が目に入ってくる。どうやら、男女の色恋模様がそこには記されているようだ。
記事Aでは【段差のあるところで抱っこしようとして降ろそうとする彼氏の行動はちょっと困る】と意見を主張している。
今気づいたが、老人は別の週刊誌と読み比べをしてるようだ。
もう1つの週刊誌の記事Bには【「段差があるから危ないよ」と抱っこしようとする彼氏にはスワッピングする】と意見を主張しており、記事Aと同じ意見のように読み取れる。

なかなか興味深い。
2記事とも恋愛関係においては、普段別思想で連載しているとは思えないほど、今回は本質がまったく同じであるのだ。
【段差のあるところで抱っこしようとして降ろそうとする彼氏の行動はちょっと困る】と【「段差があるから危ないよ」と抱っこしようとする彼氏には辟易する】は、男女の恋愛観において非常に興味深いことを示している。
世の中の男と女は、このような声に謙虚に耳を傾けてもよさそうなものだと思ったほどである。
ちらと老人のほうを見ると、若干笑っているようにみえる。いつの時代になっても男女の話題は、似たりよったりだなと思いをめぐらしているのかもしれない。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:エナ
読者になる
2011年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/sunset_days/index1_0.rdf