March 27 [Tue], 2012, 13:01
ちょうど、4月のはじめ、
入学式の頃に咲く
さくらは、きれいで
花びらが
川の水に浮かび
流れる様とかは風流ですね。

桜の花びらは
椿とは違い
一枚、一枚、
はらはらと落ちてゆくのは
栄枯盛衰とか
散りゆくものの
美しさ、哀れを連想します。

葉桜も好きです。

葉の混じった桜は
5月初旬の暖かい気候を想わせます。

桜の花びらが舞って
肩にふんわり落ちると
その日一日が幸せな気持ちになりますね。

花びらのじゅうたんを踏みながら
歩くのも風流です。

桜の句としては

小野小町の

花の色は移りにけりないたづらにわが身世にふるながめせしまに

紀友則の

久方の光のどけき春の日にしづ心なく花の散るらむ

前大僧正行尊の

もろともにあはれと思へ山桜花より他に知る人もなし

入道前太政大臣

花さそふ嵐の庭の雪ならでふりゆくものはわが身なりけり

ですね。

どれも風流で現代に通じるところがありますね。

しかし、百人一首は意外と
秋のもみじの歌が多いんです。

だんだん、桜が浸透していって
日本人=桜
になったのかな?

こんなにも市民権を獲得したのはいつ??

お花見にも行きたいですね。

毎年微妙に日にちのずれがありますが
4月の初旬に間違いはないですね。

楽しみです。

桜の前は
菜の花畑を見に行きたいですね。


西荻窪 矢野整骨院




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:SUGI
読者になる
2012年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
アイコン画像
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sunking1/index1_0.rdf