大掛かりな制作作品について
2009.08.12 [Wed] 13:24

屋外で使用するものは、それ相当の経験と技が必要になってくるかと思います。
屋内で使用する製品とは、使用する材料から変えていかなくてはなりませんし、多いなもの耐久性に優れたものにしていかなければなりません。
例えば、物置・ログハウスなどを作ろうとした時には、それ相当の土地と土台が必要です。
土台作りには、セメントや砂利、砂、あとはスコップが必要でしょうか。
場合によってはブロックやレンガなども必要になると思います。
屋内使用のもので作っていたものとはケタが違うものを作ることになるかと思います。
屋根も必要です。
屋根使用する材料としては、一般住宅でも使用されている「アスファルトシングル材」を使用します。
カラーも3色から選べます。
構成は下地に針葉樹合板や防水紙(ルーフィング)、アスファルトシングル材、屋根裏面も合板で化粧貼りしていきます。
これで雨漏り対策はバッチリかと思います。
組み立てていく手順としては、まず土台作りから水平を保たせて、側面の板パネルを取り付けていきます。
ここで一人作業よりは二人以上で作業した方が効率良いと思います。
側面後ろ・右側・左側を付けていき、正面側の組み立てをしていきます。
屋根板を載せます。
防水紙の上にアスファルトシングル材を貼り付けます。
ドアを取りつけます。
転倒防止用のアンカーも忘れずに。
といった具合です。
最近だと、このような物置を制作できるキットが販売されているのを目にするようになりました。
土地に余裕のある方。
日曜大工に自信がある方は試されてみてはいかがでしょうか?