生≒死

May 10 [Wed], 2006, 20:41
小さい頃から自分の存在する理由が見つからない

自分はなんで生きているんだろう

「自分がいなくたって皆笑顔で生きていく。」
「自分がいなくたって何も変わらない。違わない。」
「自分が生まれてこなくたって何も変わらない。」
「自分が存在しなくたって歴史は何も変わらない。」

誰かの言う通りに生きる。一番楽で一番流されやすい。
しかし 自分の生存が一番見えなくなる実態

SSCの皆様には勿体無い程のお褒めの言葉を賜ります
「有難きことこの上無し。嬉しきこと限り無し。」
しかし私が出来たことは一時的に皆様の記憶に残ることくらいで
私という存在も当然の様にいづれサークルから消え失せるでしょう
所詮記憶というものは薄らいで消えて失せてしまうものですから
語り継がれる程のことも何一つ出来ておりませんので

人様の記憶に残ることでは自分の存在は把握できない

自分の存在を切り取って形にして初めて把握されるものだと思う
「思い出の品」ってきっとそぉいうこと


人の記憶から失せることが寂しいのです

何か形あるものを残さなければ
生きていた事実すら消え失せてしまう


自分にしか創り出せぬものを作る
自分が存在していなかったら存在しえないものが存在する事実
其れが自分が生きていたことを証明してくれる
(流石に其の証明が墓ぢゃぁ切ないよね〜)



P.S.
私はSSCの皆にサークルしか残せなかった。其れが今悔やまれる。
皆、ごめんネ m(__)m 今しか見れない自己中な幹事で。

生き甲斐

May 08 [Mon], 2006, 21:22
自ら進んで残業する自分に向かって、
営業の人が自分に一言。
「仕事以外にないの?」

いやいや、そりゃあるさ。
仕事メインに生きちゃぁいたくないよ。
ただ完璧主義で。典型的A型で。
何より仕事中途半端に残して困るのは貴方方でしょ?

流石に事務の仕事を生き甲斐には出来ないよ。
きっと近い将来この仕事は機械が出来るようになるだろうよ。
私は機械ではないからね。もうすぐ捨てられる身。

決して生きている甲斐があるものにはできない。

親愛なる親友へ

May 06 [Sat], 2006, 21:52
貴方がなんと言おうとも
私は貴方の親友であり続けたいと願うでしょう
貴方がどんだけウザがろうとも
私は貴方を親友だと言い続けるでしょう

えぇ私の自己満足でしょう
えぇ私の自分勝手でしょう

貴方には新しい世界が待っているじゃないですか
きっと貴方にも新しい友達が出来るでしょう
私なんかよりもっと仲良くなるかもしれません
私なんかどうでもよくなるかもしれません

それでも私は貴方の親友であり続けたいと願うでしょう
貴方のことは何でも知りたいと想うでしょう
貴方の話は何でも聞きたいと望むでしょう

いつでも電話をかけてきて下さい
喜んで寝不足になりましょう
いくらでも本音を吐いて下さい
喜んで聞き役に徹しましょう
(貴方の聞き役になるのは至難の技ですが)
いつでもメールを送って下さい
喜んでメール2・3通返信致します

新しい場所にいても貴方には不安など必要ありません


こんな私を許してねん ハニー♪(笑)
P R
2006年05月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sun_elizabeth8
読者になる
Yapme!一覧
読者になる