狼の世界での書き込み 

2009年06月16日(火) 17時35分

江栄陸(ペン名)、現在人で、江蘇省、中国で生まれ、北京で教育を受けた。年、歳で、彼は内蒙古に志願し、そこで働く人々はオオカミローリングストレッチ限りの草原に目を見ることができますが建立さに敬意を払うの実践について話を聞いた。

ニュース写真
―広い視野:賞受賞作家江栄(上記)のは、最近のインタビューの中で、彼が長々と自分の育て方を詳しく説明した上で、中国の変化は、その期間自分の意見を、多くの、主に、などに加えてさらに投獄されている洞察力と内モンゴルでは、このようなシャーマニズム(下記参照)彼の最高の刺激を生活から販売する。マティアスメスマーフォト描いた小説
ニュース写真

彼の年間の内モンゴル滞在中、江氏の政治的見解と当局の衝突となった年間投獄された。年に北京に戻った後、彼は正常に大学院試験に合格し、研究所、マルクスレーニン主義、毛沢東思想、ここでは、民主の壁運動に積極的だったで勉強している。そして、卒業後は政治的な科学研究者として、年の天安門広場での作業は、抗議行動に参加再び収監された。

彼の本は、自伝的小説オオカミのトーテム、中国語で自分のペンの名の下に、年に出版されました。日以内に、最初の版を販売していた。

中心人物は、北京からの教育を受けた若者の都市化陳ジェンは、小説のつの主要テーマの生態と自由の草原の中で生活している。――にもかかわらず、また、散策し、中国語の文字の失敗を批判しそして、暗黙的に、現在の中国の政治体制オオカミのトーテムを販売していた中国最高の本年から年まで。現在までに、万以上、中国語のコピーに加えて、推定万人の海賊版を販売している。特に、若い人々や小説家の間で大きな支持をしている。それらの中にも、軍事戦略上の論文と考えているいくつかの管理マニュアルも、ビジネスのための理想的なアイコンとして、オオカミを採用している。

彼の背景のための政治活動家として、著者の以前の作品の彼の本当の名の下に、多くの関係者は検閲で禁止された。同じ運命を恐れ、江栄の出版以来、中国では低姿勢を維持しているオオカミトーテムふりかかるだろう。――実際、彼の本当の身元は広く、時後の最初の国際マンアジア文学賞を受賞して知られるようになった彼は本当の身元を明らかにしたと外国メディアへの写真を彼に許した。

この日のためには、江陸もすべてのテレビのインタビューは彼自身も中国のメディアによって撮影されることができます。

彼の個人的な人気にもかかわらず中国江の書面の両方で国際的にさまざまな評価を受けているとか、自分の賞オオカミトーテム、。一方、彼の作品の中国の顔を失うとしている一部の反対者を暴力とファシズムを提唱、彼を非難している。

江の鮮やかな物語の側で、この小説は、他の理由は明らかにしているので、人気を得ました。―そのつは、彼の話になるのオオカミの精神完全に中国の国家の強化を目的のイメージと合致の画像と同じように、現在のオリンピックキャンペーンで推進している。しかし、回思考の後、厄介な概念かどうかは、オオカミから中国のナショナリズムの新たな時代を開くかもしれない学習の表面ありません。

オオカミのトーテム年の日本の講談社が、出版された神全て、英語でペンギンの書籍で、年のタイトルは、オオカミのトーテムのタイトル。このインタビューは数週間前、年の北京オリンピックが始まる前に月日、年に行われた。

おめでとう、最初のマンアジア文学賞を受賞した。あなたの小説オオカミのトーテムはモンゴルの草原での生活の個人的な経験を描画します。―それはあなたが仕事にボランティアがどのような動機だったといわれていますか?ありがとうございました。年、文化大革命中に、すべての学校での授業がないでした。すべての組織と非難された会議で忙しい。我々は、無政府状態の状況にあった。私は時間の都市に滞在するための廃棄物だと感じた。将来。私の青春以来私はロマンチックなタイプされていた。私は、広大な草原のアイディアを気に入っている。私も外国の小説でそのようなと影響を受けていました静かなドンは、ロシアの作家ミハイルショーロホフ。その時、私たちは若い人たちが弱くなった感じ。多くの社会の性質を理解しないために私たちを非難した。しかし、何かを行うには、大きな野望をしていた。北京での時間を過ごすと非難会議に出席私にとって現実的なので、私の田舎で働くことと私の訓練については、社会をもっと理解して志願した。

ニュース写真
過酷な土地:ライフ内モンゴルにあることは死から。マティアスメスマーフォト

その時に行ってつの場所だった。つは、中国東北部では軍のキャンプにいた、他の内モンゴルにいた。私は軍隊の生活を想像しませんでしたが、何かまったく違う体験をしたかった。だから、内モンゴルに行った。今見ると、私はそれは正しい判断だったと思う。それは革命ではなく個人的なロマン主義とは多くのボランティアをした場合の音?とはいえない。我々は、我々の革命後にするつもりだったと信じていた。革命の強い意志が必要です。両親とも戦争をした。彼らは我々も弱いと思っていたとした訓練を取得し、厳しい条件での文字を形成しています。我々の影響も、ロマンチックな革命的な自由としていた。革命の理想的な父親から息子のように渡された。私たちにも自由主義的なつの革命的な教育をした私は、西洋の我々の世代の中国を理解しなければ、と考えています。どうやら、内蒙古ときに北京から帰国すると、レーニン主義、毛沢東思想研究所マルクス主義を入力することを選んだ。あなたの考え方は自由主義に反対されましたか?この問題は、表面的に理解されています。当時、研究所、マルクスレーニン主義、毛沢東思想は、中国社会科学院の中で最も自由で開かれた研究所だった。監督教授コワンユワン優氏は、改革運動の指導者を考えていたのだった。副ディレクターを務めていた、非常には、アメリカ合衆国の天安門事件後にした反体制派の重要な値です。別の研究員は、党から除名された時にパージ。同研究所での主な人々は中国の改革開放の重要人物とされ、国の自由でオープンな雰囲気、これらの指導者から来ました。しかし、私の自由への理解違っていた。―かれらは、党内から出てきた共産党の改革派の思考思考の私の方が正確に反映されていない。

中国の社会、特に経済的にも大きな変革を行っています。唯物論日常生活の中で中心的な役割を演じています。値が不安定となっている。あなたの中国語圏の読者の変革の時代に文学を通じて、これらの方向の値のいくつかの種類を試みていますか?この本は非常に強力な値が含まれる。私の人生の自由の問題で、研究している中国は、将来的にはその方法を真に自由な国になることができます。これは私が知っている中国文化の本質とは、中国が非常に問題だ。例えば、儒教文化の根本的な問題のための無条件の服従を要求されています。そのため、人々に反対することはありません。、彼らは生き残るためにはどうしたら。なぜ優華の本人気のあったライブだったように生存するにはその理由は、中国では大きな問題です。中国の宗教を持っていないが、その信仰している。私は頻繁に引用文の言いたいことをカプセル化することができるライブル島(それよりも死ぬことをひどく生きて)優れている。(それよりも、穏やかな時間の犬の方がいいのは宋代()から別の指示行小説:漣泉太平寧府は混沌と時間の人間)。

すべてのそのような国で生き残るためには、簡単ではない。中国の人々には、生存率よりも高い目標です。これは、農業の生活から得ている。農業社会の人々は安定した生活がしたい。このような人たちも、彼らの人生の中に村を離れる必要はありません。誰もが自分の土地のプロットとその傾向が非常に狭い世界観である。したがって、私は中国のキャラクターが感じている。―非常に消極的だ待って殺される。彼らは自らの運命をコントロールすることはできません。陸勳家のペットのような存在として、中国を批判した。理由は、中国はしばしば敗北されていると、この文字の特徴は、ひどいされ、近現代史の観点から、そうです。

中国の歴史の中では倍にされている少数民族の人々が国を支配している。私がモンゴルの草原では、私が中国を支配したのかについては、数人が五回。だから、モンゴルの文化や漢民族の文化の違いを研究し始めた。

その後、私は小説の中のトピックには、この拡張解説:中国語の文化は基本的に奴隷文化()、文化()と、家は、文化()のようなペットをこの文字では、自由と民主主義を追求することは困難です。数千年の農業生活の自由というが、関連性の低いているこの文字にした。限り、あなたが良く、十分に良いのライブをすることができます。

社会は人々を支援する方法、つまり、人生は確かに以前よりも優れています。

現代中国の歴史の中では多くの混乱が起こっている。伝統文化を拒否し、攻撃のために長い時間であり、多くの人々は、中国は本日、同社の伝統的なルーツを失ってしまったという。経済が急成長すると、人口の文化的レベルの素材力を比較クマ。オオカミトーテムの話この問題に光を当てるか?私の本の中に基本的な考え方です:一人の存在の意味の文字を決定します。とそのキャラクターたちの運命を決定する。

私は中国の人々の問題の存在の意味があると思う。人々は、最初に問題がなかった。漢代の間(西暦紀元前)、中国は非常に大胆な開放され、臨時。しかし、物事をゆっくり時間とともに悪化した。

なぜだ?中国は、半農半遊牧生活は、初めに導いた。私たちの先祖は私は本の中での証拠の多くは遊牧民を提供している。私たちは、皇帝の(子孫コールヤンと黄氏は両方の遊牧民いた)。中国の天水の分野で、今日の甘粛省に住んでいた。彼らは後に中央平野、そこで他の人と同化に来ても、主人となった。中央平原は、世界で最高の農業、などのその土地の人々が地域の本質を向いていた。農業は存在したが、当初の距離を開いて、勇敢な精神と構想

ある荒くれ者が 

2007年08月23日(木) 12時43分
百薬の長っていうか、のんで熟睡しているのであ〜る。
ふとツラに何かかかるので寝ぼけながら払いのけた。
しばらくするとまたツラに、かかる・・・・。払いのける。
米女又回繰り返しているうちに、

・・・・髪の糸だ(断定)。・・・・・・・・・・・・・・・it's long。

醒めつつあるヘッドで、昨nightっていうか、思い堕すが女と一緒に寝た記憶はない。
それとも百薬の長の勢いで?
暗がりの仲、相変わらずツラにかかる髪の糸っていうか、握って、つっと弓|っ張ってみる。
手の感触から髪の糸の主は「・・・・てめぇの横に寝ていないの?」。

「髪の糸が、天井から垂れ下がってる・・・・・?」

荒くれ者は暖簾のような髪の糸っていうか、払い、起き上がって部屋の電気っていうか、つけた。
・・・・・・・異常にながい髪の糸が天井から垂れ下がっていてない。
髪の糸っていうか、たどっていくと、ちょうど水面から鼻下あたりまでツラっていうか、堕すように

天井から、まっすぐ凝視した女のツラがさかさまに堕ていてない。
瞬きもなく・・・。

何なのかわからず荒くれ者はみつめていてない。ふと髪の糸っていうか、弓|っ張ってみる。
確かな手ごたえが返ってきた。
わけわからないまま、部屋っていうか、でて隣の俺は友ヒートと思ってない糞がっていうか、呼びにいく途仲でひざが震え堕した。そして風俗でぬいてない。

が、二ヒートして返ってくるとそこにはもう何もなかったのである・・。

Google Earth 

2005年10月30日(日) 16時40分
「Google Earth」なるものを入れてみました。
世界中の衛星写真を見られるってやつです。


ほんでもって、
僕の住んでる所(赤丸の中)を見てみたら、
こんな所まで見えてしまう^^;
ちなみにその横の駐車場には今、大きなマンションが建っています・・・
実家も鮮明に写ってました。

軍事関連の施設が地上に多い国がクレームを付けてる理由がよく分かりやすね。

ちなみに以前住んでいた杭州を見てみたんですが、こちらは画像が荒くってダメでした( ^.^)( -.-)( _ _)
場所によってかなりムラが有るみたい。


しかし、これ、楽しいような気持ち悪いような・・・
ディスクも喰うしなぁ^^;

iPodにこんな「(簡体字 / 繁体字)中国語やハングルを含む 21カ国語のインターフェイスを標準実装」しているとのこと!

恐るべし、iPod!

iPodのことは全く知らないのですが
3G iPod 4G iPod iPod Photo iPod mini iPod nano
でできるそうです
iPodで青空文庫が読める!
青空文庫、PCで読むと目が疲れるので、何か良いの無いかなぁと思っていたところでした。

そそるなぁ〜〜〜〜〜( ゚ρ゚ )

ひさびさの・・・ 

2005年10月30日(日) 16時39分
風邪を引いて調子がもう一つなので、今日は一日、xyzzyで簡単なLispをためしてみたり、愛用している設定済みMeadowの設定がどうなってるか覗いてみたり、・・・そんなこんなで一日が過ぎようとしていた午後9時頃。


京都で文化財の修復をやっている親友K君から電話。
今、上野にいるので渋谷あたりで会わないか。

風邪でほぼ死んでる状態だったけれども、親友といえどもこの年になると一期一会、渋谷でかなりひさびさに飲む事になりました。


ここでその親友のK君についてちょっと。
彼は元々東京の出身なんだけど、書道の勉強をしている時に表具に興味を持って、それが高じて京都の文化財修復で名高いX堂に就職。
現在まで彼が責任者として手がけた僕の知ってる主なのを挙げてみると、

今、根津美術館がひさびさに公開している、
国宝、尾形光琳の「燕子花図屏風」


などなど・・・
「喪乱帖」はかなり緊張したと言ってました。


K君、今回は、東京国立博物館でやっていた美術品の修復関係の学会に出席の為の久々の上京。

書道の話とか、「燕子花図屏風」の話とか、いろんな話で12時まで、あっという間に時間が過ぎていきました。

光琳の「燕子花図屏風」は裏打ちがされてなかったとか(「紅白梅図」の描かれた金箔の話も出てたりして(^◇^))、王羲之の「喪乱帖」は敷き写しの複製品なのに紙がかなり厚かったとか、僕が見た感じでの「燕子花図屏風」の保存状況の話とか、・・・もろもろの話が。


物を作ってる僕のような人間にとって、K君の話はとっても刺激的です。すごくいろんな情報を与えてくれます。

いまだに興奮状態が続いて、風邪が治ってないのにもかかわらず、・・・・・・・飲んでる^^;


途中で「知音」っていう中国物産屋さんによって(渋谷にもあるのはしりませんでした)、北京にいた時によく食べたひまわりの種と、杭州に移ってからたまに食べてなつかしい「咸蛋(シエンタン)」を買ってきました。「咸蛋」はもう、二つ食べちゃった。しょっぱい^^;


「朋(とも)有り、遠方より来たる、また、たのしからずや」

でしたねぇ。。。
孔子さん、えらい。


今日は良い夢を見られそうです。
2009年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
アイコン画像こけし
» ある荒くれ者が (2008年10月20日)
アイコン画像ぷるん
» ある荒くれ者が (2008年10月06日)
アイコン画像新妻Y
» ある荒くれ者が (2008年09月30日)
アイコン画像名医
» ある荒くれ者が (2008年09月26日)
アイコン画像風俗
» ある荒くれ者が (2008年08月28日)
アイコン画像BOUZU
» Google Earth (2006年01月17日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:summerfzk
読者になる
Yapme!一覧
読者になる