是誰將文字淺薄,又有誰能熄滅這人間煙火?

February 27 [Thu], 2014, 19:11
歲月的那一抹嫣紅點綴了一世春秋;煙火的那一束流光踏碎了剎那芳華。煙雨紅塵,是誰擾亂了青春的舊夢;塵埃落定,是誰訴說了離別的情衷。聽,遠處笛聲悠悠,可惜情愁若痛。看,近處細水長流,可惜離苦似夢。是誰將紅塵看破,是誰將文字淺薄,又有誰能熄滅這人間煙火NuHart顯赫植髮

阡陌紅塵,終究一場繁花落寞,回憶在歲月中飄落了誰的眼淚,往事在時間中飄落誰的憂傷。如煙的往事,不知誰飄落了誰的相思,如夢的回憶,不知誰飄落了誰的等待。沉浮華麗的斷章,谁愿為誰停留?煙花不堪剪,牽戀剪不斷。手裡翻閱遠古的詩卷,三千年的風雨飄搖,淡去了六朝金粉、歌舞昇平,指間砂,刀劍暗啞亂繁華,碎煙火、醉桃花,碧血硃砂傾天下,袖手崖、葬桃花,執念凝眸共天涯!遠去了金戈鐵馬、鼓角爭鳴。雖不知青天之高、黃土之厚,卻見風霜雨露、月寒日暖消磨人壽,離合悲歡煎熬七情香港僱傭中心

寂寞如煙。一杯淺酒,一份思念。堂前燕,沐煙雨,鳴月孤飛,月下荷,濯清漣,伴泥搖曳,樓中人,染相思。人去樓空若驚鴻、不知歸路與誰同。背對星月、腳踏塵寰。西風外,古亭外、長道邊,平湖波光連連,揮一袖清風舞蒼月、酌一壺陳酒醉蒼穹,透過古亭蕭瑟的孤影,看氤氳的水霧將夜色蒸騰。浮生未醉,揮斬一世情殤,三生弱水畔,凝眸遙望,輪迴邊緣。笑問誰是擺渡人,醉語何年緣再續,嘆息紅塵情何物!

韶華易老、流光最易把人拋,往事如煙,詩詞歌賦的春江花月夜,且放憂思調NuHart顯赫植髮。輕放筆蹟的憂傷,我把一縷縷深藏的情絲輕弦在前塵舊世的夢裡吟唱,所有風情,只留下那一分分悵惋和悲涼,悠長在春秋輪迴中不斷的轉換?不若遣一份從容、攜一壺淡泊於紫陌纖塵中安之若素。錦瑟琴弦輕輕彈唱,芳華蹉跎,不過紅塵一場歌……
  • URL:http://yaplog.jp/summere/archive/44
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。