早起きしたい 

August 10 [Sun], 2008, 15:16
早起きできるようになりたい。休日は昼過ぎまで寝てしまうので。

http://akihitok.typepad.jp/blog/2007/05/8_f2d0.html

ここから引用。

1. すぐに睡眠パターンを一変させようとしない

普段より15〜30分早く起きてみて、慣れたらまた15分程度早くしてみるなど、少しずつ早起き型に変える。

2. 早寝する

これは当然ですね。テレビやネットを見たりして、無駄に夜更かししないこと。眠くなくてもベッドに入れば、思ったより寝てしまうもの、とのことです。

3. 目覚まし時計をベッドから遠ざけておく

これもよくある話。近くにあると、すぐにアラームを解除したり、スヌーズにしてしまう。ベッドから出なければいけない位置にあれば、解除する間に目が覚める。

4. 部屋から出る

アラームを解除したら、すぐに寝室から出て行くこと。例えば起きてトイレに行き、手を洗い、鏡で自分の寝ぼけ顔を見てみると目が覚める。

5. 二度寝を正当化しない

二度寝しようなどと思わないこと。二度寝を正当化する理由が見つかれば、決して早起きすることはない。

6. 起きる理由をつくる

何か朝にやることを設けておけば、早起きのモチベーションとなる。例えば早朝はブログを書く時間にしてしまうとか?

7. 早起きを楽しくしてしまう

美味しいコーヒーを飲む・美味しい朝食を食べる・美しい日の出を見る、などなど。楽しいことがあれば、早起きは苦ではなくなる。

8. できた時間を有効活用する

早起きしたからといって、余った時間を無駄に使わないこと(ボーっとブログを読むとか)。仕事や勉強の準備をするとか、体を動かすとか、しなければいけないことを早めにスタートするように。

--
これが難しいんだよな。

味噌汁 

August 01 [Fri], 2008, 5:02
ひさしぶりに実家の味噌汁が食べたいな。


http://www.sasaju.co.jp/p2/misosiru-oisii/misosiru-ha-oisii.html
味噌屋・佐々重が、おいしい味噌汁の作り方を、ご説明します。

  『なーんだこんな事知っているよ!』って方も、是非一度試して下さい。
  特に7、8、9のコツをのみこんで頂くと毎日の味噌汁の味が、さらに美味しくなります。
  
  よく、味噌汁はお袋の味と言いますが、同じ材料で作っても、何故か同じ味にならない物。
  それが味噌汁のようです。
  今回は、もっともシンプルな豆腐とねぎ、わかめの味噌汁を、1人前で美味しく作って
  みましょう。

http://www.misosiru-angya.com/
朝、味噌汁のある生活って嬉しくないですか? 蛋白源でもある味噌汁の作り方や、地方によって違う様々な味噌汁を紹介しています。

夜明け前 

August 01 [Fri], 2008, 4:46
夜明け前ですね、もう明けたのかな。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%9C%E6%98%8E%E3%81%91%E5%89%8D

』(よあけまえ)は、島崎藤村によって書かれた「木曾路はすべて山の中である」で始まる長編小説。2部構成。

[編集] 概要

日本の近代文学を代表する小説作品のひとつとして評価されている。米国ペリー来航の1853年前後から1886年までの幕末・明治維新の激動期を舞台に、主人公青山半蔵をめぐる人間群像を描き出した藤村晩年の大作である。

1929年に『中央公論』誌上に断続的に掲載され、第1部は1932年1月、第2部は1935年11月、新潮社から刊行された。

1953年に「夜明け前」として、新藤兼人脚色、吉村公三郎監督により映画化されている。

[編集] 映画

* 監督:吉村公三郎
* 脚本:新藤兼人
* 撮影:宮島義勇
* 美術:丸茂孝
* 音楽:伊福部昭
* 出演:滝沢修、小夜福子、宇野重吉、細川ちか子、乙羽信子、山内明、伊達信、日高澄子 ほか

[編集] 外部リンク

* 『夜明け前 01 第一部上』:新字新仮名(青空文庫)
* 『夜明け前 02 第一部下』:新字新仮名(青空文庫)
* 『夜明け前 03 第二部上』:新字新仮名(青空文庫)
* 『夜明け前 04 第二部下』:新字新仮名(青空文庫)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:summer2009
読者になる
2008年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Yapme!一覧
読者になる