iPhone 6 Plusの画面サイズは実に絶妙である

March 19 [Thu], 2015, 22:49

■商品名: 新作 ルイ·ヴィトン [Louis Vuitton] iPhone 6 Leather ケース ■対応機種:iphone6 iPhone6Plus ■ご注意: ※パソコンの環境によっては写真の色味が実際の商品と少

し異なる場合があります。ご了承下さい。 ※携帯本体は付属いたしません。 ※サードパーティ製品 ※只今は送料無料


 ルイヴィトンiphone6カバー


ロア・インターナショナルは、キルティングによってクロコ柄を描いたZENUSブランドのiPhone 6/6 Plus用ケース「Croco Quilting(クロコキルティング)」シリーズの販売を開始した。価格は4,601

円より。ZENUS日本ウェブサイトから購入可能となっている。

エルメス6Plusケース
「Croco Quilting Bar(クロコキルティングバー)」は、合成皮革にキルティングでクロコ柄を描いたバータイプのiPhone 6/6 Plus用ケース。革ではめ枠を密着して包みこむZENUSの独自技術「レザ

ーラッピング技術」で成型されている。本体内側のグリーンの部分はデニムのような質感の仕上がりになっている。カラーはブラウン、ワイン、ブラックの3色を用意。価格はiPhone 6用が4,601円

、iPhone 6 Plus用は5,249円。

「Croco Quilting Diary(クロコキルティングダイアリー)」は、合成皮革にキルティングでクロコ柄を描いた手帳型のiPhone 6/6 Plus用ケース。iPhoneを格納するフレーム部分はポリカーボネート

を使用している。前面カバー上部にはスピーカーホールが装備されており、カバーを閉じたままでも通話ができる。本体内側のグリーンの部分はデニムのような質感の仕上がりになっており、ポケ

ットを装備することで、ICカードや紙幣を収納できるようになっている。開閉は留め具なしのフリップ式。。カラーはブラウン、ワイン、ブラックの3色を用意。価格はiPhone 6用が5,249円、

iPhone 6 Plus用は5,940円。エム・フロンティアは、3月3日、エレクトロニクスブランド「amadana(アマダナ)」のカジュアルライン「SAL by amadana(サル バイ アマダナ)」と公式にコラボレ

ーションしたiPhone 6用ケース「SAL by amadana PU LEATHER CASE for iPhone6」を、スマートフォンアクセサリー専門店「UNiCASE(ユニケース)」で数量限定で発売した。カラーは、ホワイト、

ブルー、ピンク、ブラックの4色。価格は5400円。

【写真入りの記事】

 ベーシックながら存在感のあるデザインを採用したiPhone 6用の手帳型ケース。PUレザーに、さりげなくブランドロゴを刻印している。「SAL by amadana」は、「世界中のみんなを笑顔に!

(Smile And Laugh)」がコンセプトのカジュアルライン。 エム・フロンティアは、3月13日からスマートフォンアクセサリー専門店「UNiCASE」でiPhone 6/6 Plus向け「BZGLAM レザーダイヤリ

ーカバー」を先行販売を開始した。価格はiPhone 6用が7800円(税別)、iPhone 6 Plus用が8800円(税別)。

新品Chanel iphone6 ケース

 本製品は、シンプルなデザインとスリムなシルエットの手帳型レザーケース。素材には本牛革を使用し、iPhone 6用は牛革で包み込むスライドインタイプで、iPhone 6 Plus用はホールドベルトで

ケースを固定する。カラーはそれぞれ落ち着いたトーンの3色をラインアップした。販売期間は3月19日まで。 エム・フロンティアは、3月3日にエレクトロニクスブランド「amadana」(アマダナ)

のカジュアルライン「SAL by amadana」(サル・バイ・アマダナ)とのコラボレーションiPhone 6用ケース「SAL PU LEATHER CASE for iPhone6」を発売した。価格は5000円(税別)。

 本製品はPUレザー製。シンプルかつベーシックなデザインにさり気なくブランドロゴを刻印したケースだ。端末全面を保護する手帳型タイプで、ホワイト、ブルー、ピンク、ブラックの4カラーを

用意している。取り扱いはスマートフォンアクセサリー専門店「UNiCASE」の各リアルストアとオンラインストアのみで、数量限定販売。そらゆめは、「ニパ子 スマートフォンケース」「ニパ子 折

り畳みコンテナ」のプロジェクト申込受付を開始しました。

【関連画像】

「CROSSクラウドファンディング」は、アニメ・ゲーム・コミック・クリエイター作品に特化した新しいショッピングプラットフォームです。インターネット上の不特定多数の支援者から資金を集め、

新しいプロジェクトを立ち上げるためのサービスで、支援者はそのプロジェクトが成立するとプロジェクトで出来上がった商品を受け取ったり、限定のサービスを受けたりすることができます。
人気ブランド携帯カバー
今回この「CROSSクラウドファンディング」に、話題のニッパー擬人化キャラクター「ニパ子」のアイテムプロジェクトが登場しました。

◆ニパ子 とは?
はるか何万光年先の惑星コウグからやってきた、地球のサブカルが大好きなお姫様「セリーヌ・P・ニッパーヌ」。特にフィギュアやプラモデルが大好きな彼女は、地球のホビーを独占す……地球人

にホビーの楽しさを伝えるために、星を越えてやってきました。

まるでニッパーのようなリボンとツインテール。真っ白なセーラー服を着た彼女は、今日も地球の何処かで遊びまわっています。今日はあなたのところに現れるかも……?

◆スマートフォンケース
■【CROSS-CF限定】ニパ子 手帳型スマートフォンケース

ニパ子(セリーヌ・P・ニッパーヌ)の手帳型スマートフォンケースです。レザー調素材で高級感も抜群!フルカラー印刷で、表も裏もニパ子の魅力でいっぱい。ちょっとリッチなニパ子でスマホを飾

りましょう。
グッチ iPhone ケース
●3,240円コース
・手帳型スマートフォンケース 1個
※別途送料650円が発生します。
※下記機種よりお選びいただけます。
iPhone6、iPhone6 Plus、iPhone5/5S、Xperia Z3、Xperia Z3 Compact
※機種により、カメラホール等の関係によりイラストの印刷位置をイメージ画像から調節させていただく場合がございます。
●製品仕様:
・素材厚(約)/2mm
・材質/PUレザー
※ハードケースでスマートフォンを固定するタイプとなります。
※スマートフォンの他、カード等も収納できるポケットがございます。

■【CROSS-CF限定】ニパ子 スマートフォンケース/ランナー

ニパ子(セリーヌ・P・ニッパーヌ)のスマートフォンケースプロジェクトの受付を開始しました。今回は、ありそうでなかった?スマートフォンケースとして登場です。お気に入りのデザインで、あ

なたのスマホを飾りましょう。
シャネルiphone6 ケース
●スマートフォンケースについて:
フィルムを使用する印刷方式により、滑らかで剥がれ辛く、丈夫な印刷を実現したアイテムです。また、正面だけでなく側面にも印刷が可能なため、イラストの背景なども損なうことなく表現が可

能です。鏡付のモデルは、パール印刷でより高級感が出る他、ケース背面に手鏡、ICカード入れ(防磁シート付)、microSD/ICカード入れなど、便利な機能付きとなっています。
●なぜ後悔したのか
iPhone 6 Plusを使い始めて約6カ月が経った。さすがにこれだけ経つと、良いところも悪いところもだいたい見えてくる。結局のところ、iPhone 6 Plusを買ってよかったのかどうなのか。6カ月経

過した今だからこその本音を書いていこう。

【もっとほかの写真をみる】

結論から言うと、iPhone 6と死ぬほど迷った挙句にiPhone 6 Plusを選んだことは正解だった。とはいえ、手に入れてすぐにそう思ったわけではない。買った直後はむしろ、iPhone 6 Plusの欠点ば

かりが目につき、「やってしまった……」と頭を抱えたものだ。

最大の欠点は、大きすぎることだ。サイズをわかって買ったクセに何を今さらという感じではあるが、想定外だったのはサイズそのものよりも、大きくなったことでスマホの使い方の変更を余儀な

くされたことだったのである。

たぶん、難しいだろうとは思っていたが、やはり片手操作でフリック入力ができないことは最初、ものすごくストレスだった。それまでiPhone 5を使っていたこともあり、何とか片手で操作できな

いかと様々な持ち方を試みたがすべて失敗に終わった。ついでに、ボディ形状が平べったくなったせいでホールド感が悪くなり、ホームボタンが押しにくくなったことにも閉口した。

また、普段使いしているアプリの解像度も最初の頃はiPhone 6 Plusに対応しておらず、単に画面を拡大しただけで情報量は以前と変わらないという状況にしばらく我慢しなければならなかった。な

お、現在では主要アプリはほぼ対応済みだ。

これらはいわば、ぜんぶ大画面化の弊害だった。iPhone 6を買っておけば、おそらくこんなストレスはなかったはずなのだ。「なんでPlusにしてしまったのか……」と、しばらく後悔する日々が続

いた。
6Plusケースシャネル
●後悔の気持ちに変化
○使い方を変えてみた

気持ちに変化が出てきたのは、iPhone 6 Plus用の手帳型ケースを買ってからだ。片手操作をあきらめたことで、両手で使うことを前提に使い勝手をカスタマイズすることにしたのだ。

この手のケースはいろいろなメーカーから発売されていると思うが、今までのiPhoneでは長く使ったことがなかった。たまたま仕事でレビューした製品が、デザイン、使い勝手ともに良かったため

、プライベートで購入してみることに。改めて使ってみると、これがすばらしい使い勝手をもたらしてくれた。

まず、カードを収納できるようになり、クレジットカード、キャッシュカード、Suicaを財布ではなく、iPhoneケースに入れることができるようになった。いわばおサイフケータイ化したわけだが、

これがめちゃくちゃ便利だったのだ。やはり何だかんだで、おサイフケータイというツールは便利だったんだなと再確認。そりゃあ、AppleもApple Payを始めるわけだ。

嬉しい誤算だったのは、手帳型ケースにしたことで、擬似的に片手操作ができるようになったことだ。手帳の表紙側を逆に折りたたみ、iPhoneを持つ手の中指と薬指で挟むようにする。iPhone 6

Plusのホールド感が悪いのは、裏面に指をかける引っかかりがないからだが、擬似的にその引っかかりを作り出せるというわけだ。

これで、iPhoneを落とす心配もなく、躊躇なく親指を画面の端に伸ばせるようになり、完璧ではないにしろ、片手操作を復活させることができた。iPhone 6 Plusの操作で悩んでいる人は、ぜひ一度

試してみてほしい。

●なぜ手帳型ケースを使っていなかったのか
では、それだけ便利な手帳型ケースをなぜ今までは使っていなかったのかというと、iPhone 5まではバッテリー内蔵型のケースを使っていたからである。iPhoneはどのモデルもバッテリーのもちが

悪く、筆者の使い方では一日はとてももたない。そこで、何らかの形で予備のバッテリーを持つ必要があった。

一時期、モバイルバッテリーを持ち歩いていたのだが、手ぶらで出かけることも多い筆者としては、そういった余計なものをなるべく持ちたくない。しかし、予備バッテリーは必要。そこで出した

結論が、バッテリー内蔵ケースをiPhoneに装着するという選択肢だったのだ。これならiPhone単体を持つのとそう変わらない感覚で、バッテリー容量を倍増させることができる。

では、iPhone 6 Plusでどうしてバッテリー内蔵ケースをつけることをやめたのか。それは、iPhone 6 Plusのバッテリー容量が、そもそもiPhone 5やiPhone 6の約2倍もあるからだ。むろん、iPhone

6 Plusの本体サイズが大きいからこその特権である。大きいことは、マイナス面だけではなかったのだ。というか、バッテリー容量のこともあってiPhone 6 Plusを選んだことを、このときまですっ

かり忘れていたのだが……。

さて、ケースを導入して一気にiPhone 6 Plusのマイナス面が改善されると、今度は良いところが次々に見えてくるようになった。
iphone6ケース
まず、Bluetoothキーボードと組み合わせて、ノートPC的に使えることがわかった。それまでは取材時には必ずMacBook Airを持参していたのだが、単にテキストをベタ打ちするような仕事の場合、

iPhone 6 Plusとキーボードで十分。かなりの荷物の軽量化を図ることができた。

その用途で考えると、iPhone 6 Plusの画面サイズは実に絶妙である。あとほんの少しでも小さいとノートPCの代用としては微妙だし、逆にこれ以上大きいと、さすがにスマートフォンとして普段使

いにくくなる。仕事での使い勝手と携帯性を両立できるディスプレイサイズは、今のところ5.5〜6インチくらいかなと感じている。

ちなみにその場合、iPhone 6 Plusは横にして使うことになる。知っての通り、iPhone 6 Plusは横画面用のインターフェースが用意されていて、メールアプリなどは左にメールの一覧を出しながら

、右側に内容を表示することができる。こうした横画面用のインターフェースがなかなか便利で、サードパーティのアプリもぜんぶ対応してくれればいいのにと無茶なことを思ったりもした。

●カメラ機能には満足
○手ぶれ補正の効果

それから、良いところといえばカメラ機能だ。iPhone 6には入っていない手ぶれ補正が入っており、補正効果はかなり高いようだ。実は以前、iPhone 6 Plusでわざと手ブレした写真を撮るという実

験を仕事で行ったのだが、楽勝だろうと思っていたら暗所でもぜんぜんブレなくて苦労した。iPhone 6と比較したわけではないので、どれくらいの違いが出るかはわからないが、少なくともiPhone

6 Plusの手ブレ補正がかなり強力なことは間違いない。

フォーカス速度もかなり向上しており、他のスマートフォンよりもホワイトバランスが安定して好みの色を出してくれるのも嬉しい。画素数こそ少ないが、せいぜいトリミング耐性が低いくらいで

たいした問題ではない。一度、カメラにトラブルがあったとき、iPhone 6 Plusで対応したのだが、問題なく撮影することができた。あともう少しだけフォーカスが速くなって、光学ズームでも付い

た日には、本当にiPhoneのカメラだけで仕事ができてしまいそうだ。

○iPhone 6 Plusで起きた変化
シャネルiphone6 ケース
最後に、生活に起きた変化について。それは、iPad miniの稼働率がガクンと落ちたことだろうか。最初はiPad miniと使い分けるつもりでいたのだが、iPhone 6 Plusの画面サイズがあれば、電子書

籍もWordもExcelもPDFも問題なく閲覧できてしまう。そりゃあiPad miniの方がさらに見やすいことには違いないのだが、わざわざそのために持ち出すかというと、iPhone 6 Plusで十分かな、とな

ってしまうのだ。

これはいかん、ということで、現在はiPad miniの余生の過ごし方を考え中である。

iPhone 6 Plusに限らず、このレベルの大きさのスマートフォンは、片手操作をあきらめる覚悟が必要だ。それさえ納得できれば、逆に画面サイズを生かした使い方がいろいろとできて便利だと思う


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:suinsee
読者になる
2015年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sumbsy/index1_0.rdf