エゾナキウサギ 

2005年11月27日(日) 23時12分
学名:Ochotona hyperborea yesoensis
分類:ウサギ目 ナキウサギ科
分布:大雪山系、日高山脈ほか
体長:11〜16cm
体重:60〜150g
特徴:名のとおり高い声で鳴きます

大陸からの移住者 

2005年11月20日(日) 16時58分
過去、幾度かあった大きな氷河期のうちでも、
比較的に気温の下がりかたが小さかったと
いわれているウルム氷期(最終氷期)に、
大陸からのマンモスハンターたちが北海道に
移住してきたことは前記事で述べたとおりです。
今回は、その時期に北海道へと移動してきた
そのほかの動物達についてお話します

最初の北海道人 

2005年11月13日(日) 6時49分
最終氷期…シベリア大陸と日本が陸続きだった時代
サハリンを経て、マンモスやナウマン象などの動物達が
北海道へと移動してきました。
2005年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
なまえ シュマリ
すみか 北海道
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sumari
読者になる
Yapme!一覧
読者になる