佐伯和也さん講演会

January 06 [Wed], 2016, 19:43
土台は家庭。夫婦の関係。

ひとは生きていくために学ぶ
学ぶのが大好き!快

自発的に積極的に全力であそぶ!
自分のペースで。

小学校〜 学びが強制的なものに 勉強=苦痛・不快

親の意見に対して・・・ A 服従 / B 反発

勉強が嫌いな理由
・先生が嫌。えこひいき、理不尽。
・親が強制する、罰を与える。

子どものやる気を引き出すためには・・・
子どものやりたいことを 素直にやらせてあげる!!!
「今日、何したい?」返答にはすかさずOKを出す!
そのうち子ども自ら、学習に向かう。

「勉強しなさい」をガマンすると、エネルギーがたまる。
→別のものに置き換える。 オススメは「雑談」(勉強、学校以外のこと)

「私がなんとかしなきゃ(この子はダメになる)」
=子どもを信じていない。

「この子は私が何もしなくても 大丈夫だ」と信じ続ける。


信じ続けられる親になるために・・・
自分自身が誰かに信じてもらう体験
自分自身を信じる体験

例えば・・・
1)コーチングを受ける。
2)親が遊びの解放をする。
  やりたいことリストをどんどんやる!


☆天才性を見つけて伸ばす。

☆親の思う真剣と、子の真剣がちがう。
 そのダラダラはもしかして“休息期間”かもしれない。

☆子どもは大丈夫!


Q.子があそびを優先。大丈夫?
A.大丈夫! 一緒に遊んでみる。仲間になる。そうすれば意見がとおることも。

Q.子が学校での課題をやらない。やる必要がない、と。親はどうすれば?
A.親は、基本的には何もしない。とにかく子どもの言い分を聴く。子の味方でいる。




まずは「何したい?」→「すかさずOK!」をやってみよう!

言いたいことをガマンしたときは、雑談してみよう!

私自身が、やりたいことにどんどんチャレンジしてみよう!


アーユルヴェーダ ドーシャの乱れ

December 16 [Wed], 2015, 20:23
Vataの乱れ

便秘、手足の冷え、乾燥、頭痛、腰痛、不眠
緊張、不安、落ち着かない、注意力散漫、ムラ気、空虚感

腰痛への対策
:半身浴、おでこや腰に太白胡麻油を塗る。


Pittaの乱れ
イライラ、怒り、他人に厳しい、闘争的、完璧主義、食べ過ぎ
多汗、発疹、蕁麻疹、充血、体臭、口臭、若禿、白髪、胸焼け、胃痛、胃腸潰瘍

胃痛への対策
:少食、よく噛む、食べる前の深呼吸、辛いものを避ける、食後5分はゆったり、30分は仕事しない、睡眠、規則的な生活リズム


Kaphaの乱れ
執着、思考が鈍くおおざっぱに、怠慢、引きこもり、うつ、独善的、保守的、肥満

朝起きられないへの対策
:22〜6時の睡眠、朝食に生蜂蜜レモン(40度以下の白湯に蜂蜜とレモン)

アーマパーチャナ(アーマをやっつけるドリンク。空腹のとき効果的)
1)白湯・・・10〜15分沸かしたもの 1日5杯まで
2)しょうが湯・・・スライスORパウダー +コリアンダー、クミンもOK
3)生蜂蜜レモン(上記)

田畑の学び 2007.9.9

December 16 [Wed], 2015, 19:47
9月後半〜10月半ば・・・田の水を抜く

草刈り・・・草が茂って、風通し/日当り悪いとき、開花交配が終わってから、地上10pほど刈る。
お米の開花・・・晴天の午前11時くらい〜


〈野菜の苗の定植〉
・3時間前に土が乾いていれば、水をやる。(雨上がりの夕方が理想!)
・苗の状態・・・双葉がついているほうがいい。
・主根草があれば、植えるところだけ、スコップや鎌で根を切っておく。
・ナス、唐辛子はとくに、深く植えるとNG
・双葉が地上に出るくらいに、土をかけ、その上に草をかける。

・自然界で「生きること」とは、「殺すこと」でもある。
サクッとあざやかな収穫。=あざやかに殺す。

・大豆・・・葉が多すぎるとき、上をCUT(9月はじめ頃までCUTしてもOK)
日当りよくなり、実入りよくなる。



・モグラの穴が走っているとき・・・土を落とす。植える/まくところだけ。

・白菜の点蒔

・ネギの定植(九条ネギ)
苗の根元から10pほど土のなか深く植える。
株間10〜15cm/列間20cm

・スイカの収穫どき
1)うぶ毛がない。
2)日に当たってないところが黄色い。
3)全体にみどり色が濃い。
4)へたのおしりがへこんでいる。
(はじめはふくらんでいる)

・玉ねぎの苗床づくり

山荘での学び 2007.9.8

December 16 [Wed], 2015, 19:37
自然に任せきる=沿う

つかみ取るのではなく、上手に受け取るすべを身につける

他に与える/他からもらう
どちらも救われる。

日々 四季の営みと 一体になる。
いのちの営み、海の波のように。
全てと一体で、個々別々にある境地の体得。

もとよりその境地にいるが、忘れているだけ。

芸術性豊かな日々=人間性

美しいものを作ったら、
そこには美しい「私」がうつっているから
「私」が救われる。

なんともいえず、
ぬくもりがある
きれいだな
しずかだな
やさしいな

___

正しいことで相手に迫らない
=小さい「私」を捨てる

思っていることを言う=思索する(言葉によって思索する)
学びたいから言う。

相手がどの場に立っているからそう言うのかを認識する。


___

採集生活したい!

地球はありがとうの星

July 18 [Sat], 2015, 3:34
地球は ありがとうの星


地球

無数のいのち

いのちあふれる 地球

そのなかの 私たちヒト



生まれ、やがて死ぬ

生死はくりかえす



愛を交わし

安心のなかに

希望とともに

他者をたすけ

生きるよろこびに満ち



ありがとう、と生きて
ありがとう、と死ぬ


すべての他者に
すべてのいのちに
すべての交わりに

感謝して

ありがとう arigatou



今日も生きてた ありがとう


地球は ありがとうの星だ

今日まで!環境省パブコメ。

April 09 [Mon], 2012, 16:45
環境省で、今日まで募集しているパブコメです。
放射性物質汚染対処特措法施行規則改正案に対するパブコメ募集

宛先はこちら。
・FAX:03−3581−3505
・電子メール:houshasen-tokusohou2@env.go.jp


私はこういうふうに書いてみました↓↓↓
内容も間違っているかもしれないし、文章をつくるのも下手なのですが、、
「書きたいけどどうやって書こう?」という方の参考に、少しでもなればと思って。
にしても、3日から9日って、募集期間みじかすぎる〜


・2.改正の内容 第一項目について
・事業活動に伴い生じた廃棄物を、事業系一般廃棄物又は産業廃棄物として自ら処理を行うことに、反対です。
・警戒区域等内の空間線量の低い地域で生ずる廃棄物であっても、その放射性物質による汚染がゼロであることは考えにくい。(サンプル検査をすることはできても全量検査することはコスト等の面から不可能)
事業者自らの処理に任せることとなった場合、焼却処分等、放射性物質が環境中に放出される危険性が高まるのではないか。
放射性物質の環境中への拡散、放出を防ぐよう、国がしっかりと管理してほしい。
以上です。

メモ

April 07 [Sat], 2012, 13:54

新聞を読んで

March 29 [Thu], 2012, 22:35
子育てのまいにちで、なかなか新聞を読む時間をとれない。

ひさしぶりに読んだのだけど、うれしいニュースふたつ、ありました。

ひとつは、「脱原発議連設立へ30人」の記事。

前首相の菅サン、がんばってるなぁ。と嬉しくなった。

政治家って、お金や権力に目のくらんだ人ばっかりかと思いきや(失礼)、まともな人もけっこういるんだ!

わたしは「原発を日本からなくしたい」と思っているので、この「脱原発・ロードマップを考える会」応援したいな。


もうひとつは、「飛騨の間伐材割り箸」の記事。

高山の「飛騨製箸」という会社が、飛騨産のスギの間伐材をつかった割り箸をつくっているのだけど、

「1日5万膳出荷の順調な滑り出しを見せている」そうな!

今年の夏には25万膳までのばす目標なんだって。

マイ箸やマイボトルがだんだん定着して、お弁当男子なる人たちも出現しているみたいだけれど、それでも全体から見るとまだまだ。

日本じゅうにある荒れた森林のことをおもうと、こうした取り組みがうまくいくのはとても嬉しい。

この成功をきっかけに、割り箸自給率100%な日本になるといいな。

寄付のこと

March 30 [Wed], 2011, 19:30
「偽善っぽい」

「お金集めたくらいで いいことしたような顔しないで」

「表に出すことじゃない」

私はいま、子どもがいて、被災地に行けない。寄付に回すために稼ぐこともできない。

家計のなかの、夫婦のお小遣い枠は寄付金で使い果たした。

夫は仕事で忙しいが、私は動く時間がとれる。

子どもとの時間を 毎日すこーしずつ削って 

家計になるべく負担のない方法で

長く続けていけること 

何か出来ないかな?


家計のなかから、毎月いくらか、寄付のための予算をくむ。

現在、専業主婦だが、何か収入源をつくりだす。


焦らず、地に足つけて、おなかで深く呼吸して

「私たちはいっしょに穴に落ちてほしいんじゃない、穴から引っぱり上げてほしいんだよ」

毎日に感謝して、明るい未来を想像して、

一瞬一瞬をたいせつに

「明日死ぬつもりで今日を生きる」

「微力+微力+微力+・・・=強力」

あきらめないで、くさらないで、

わくわくするほうへ きらきらする未来が見えるほうへ

選択する、すすんでいく。


よし、まずは 朝ごはんを食べよう。

田中優さんからの最新メッセージ

March 15 [Tue], 2011, 17:09
………転載歓迎………

あなたのネットワークで被災者の受け入れを

遠隔地の支援が大事!!
 
「遠隔地で募金しかできることがない」という声をよく聞きます。
とんでもない! 
遠隔地だからできることがあるんです。
残 念ながら今回の震災には放射能汚染という恐ろしい二次被害がついてきてしまいました。
私たちにとっては必然的で、全然「想定 外」の事態ではないですが。

 ということは、これから必要になるのは一時的にか長年に渡ってか分かりませんが、被災地の人たちを受け入れられる比較的安全な土地になります。
ですから「私の地域で何人、いつまでだったら受け入れられる」と言ってもらえることが一番重要です。
本来は政府が考えるべきことですが、先日阪神・淡路被災者が立ち退きを求められたように、政府はまともな対策を打ったことがありません。

 しかし長年に渡っては困るということももちろんあります。
だから契約書の形を作った上で受け入れる必要があると思います。

緊急度の高い人から順に

 現実に、今放射能が流れ始めていて、小さな子どものいる人たちは気が気でない思いをしていることでしょう。
まだ原発事故はどうなるか予断を許しませんから、当面は一時的なシェルターで
いいから受け入れてあげることが必要でしょう。
しかも、だれか れかまわずしたのでは困ってしまいます。
だから緊急度の高さから考えて、福島原発からの距離の近い人、被害を受けやすい妊婦さんや小さなお子さんをお持ちの方、などから順に受け入れることになると思います。
受け入れるとしても、自分で勝手に生きられるタイプの人からそうでない人もいます。
そうでない人のほうが緊急度が高いものです。
家族を分けてはいけないので家族数を含めてそのバランスで、受け入れを直接相談していく必要があると思います。
今、ある団体でそれができないか、相談しているところです。

原発保険の活用を

 データ把握も大事なんです。
こうした費用も本来は保険でカバーされるべきものだからです。
原発には「原子力損害賠償制度」があって、一炉心、一事故あたり1200億円まで保険から賠償され、それを超える部分は政府から補てんされることになっています。
今回の事故では賠償しきれないと思います。
だからとりまとめて早めに申請することが大事だと思うのです。
ちなみに保険会社はこの保険をさらにイギリスのロイズだと思いますが再保険をかけていて、そこから1200億円は賠償されるはずです。
この保険はイギリス貴族の大金持ちたちが個人で保証しているはずなので、今ごろ真っ青になっているでしょう。

 この再保険、最初に日本に原発がつくられた時、相談して断られています。
「地震国日本に、そんな保険がかけられるはずない だろう」と。
それで支払上限額を600億円までにして、それで再保険に加入することができたのです。
当時、一炉心あたり3億円弱の保険料だったはずなので、当時は200年に一回支払
う計算だったことになります。
日本には54基もあるのだから、4年に一回は支払う計算だったわけですね。
それほど原発は安全ではないものなのです。
でもそんな話、こんなときでなければ誰も聞きません。

 この「原子力損害賠償制度」もきちんと活用して、電力会社と政府にも、きちんと賠償させなければなりません!

足元からの支援を

 だからむやみに支援に出かけなくていいんです。
そうではなくて、あなたの地域で生きている場所でできることをしてください。
私たちは名声を受けたいわけではないし、自己満足したいわけでもないでしょう。
本来、こうした気持ちを実現することは、自分の生きざまのためのことなのです。
 みんなで連絡し合って、できることを地域から考えてほしいと願うのです。