体内時計をリセットし気持ちよく目覚める方法

  • 2014.03.04 [Tue] 11:54
あなたは朝気持ちよく起きることができていますか?


毎日生活する上で求められるのは、深い睡眠が取れて朝は
気持ちよく起きられることです。

これなら、1日が気分良く過ごすことができますね。

でも、中にはなかなか起きられない、目が覚めても布団から出られ
ないという方も多いのではないでしょうか。

時間ギリギリまで寝ていて、遅刻しようになり慌てて仕度して
出かける。

こんな日常を送っていませんか?


こんな時に、もっと気持ちよく目覚められる方法がないものかと
思ってしまいますよね。


目覚めやすくなると言えば太陽の光です。

朝に朝日を浴びることで、自然に目が覚めます。

これは、朝日によって体内時計がリセットされ脳の覚醒を促すホルモン
が分泌されることで脳が活動状態に入ります。

現在は、文明が発達して夜でも明るい環境の中で生活することが出来ます。

でも、本来人間は、太陽の光と火の光の中で生活してきましたから、古代
の人々は光によって体内時計の24時間の周期である概日リズム
(サーカディアンリズム)を調整してきました。

目覚めさせる手段は、目覚まし時計の音が常識ですが、音よりも光の方が
人間には適しています。

すっきりと目覚められるのは、やっぱり光の方が上ですね。


朝気持ちよく起きれる方法としては、部屋のカーテンは開けておいた方が
光が浴びやすいので効果的です。

太陽光は、肌に当たるより目に当たるようにした方が良いとされます。

でも、部屋の環境やベットの位置などで朝日を浴びることができない方も
いらっしゃると思います。

そんな方のためには、太陽光と同等の光を発する「光目覚まし」というものも
ありますから試してみるといいですね。

これなら、朝日と同じ光を目に当てることができるので、すっきり目覚める
ことができると思いますよ。

この光目覚ましは、ネットだけの購入者特典がもらえるようです。


体内時計のずれによる影響

  • 2014.03.04 [Tue] 11:53
人間の体に備わっている時を刻む機能(体内時計)は、ずれを
生じるもので人それぞれ生活習慣によってずれの幅も変わって
きます。

では、体内時計がずれるとどんな影響が出てくるのでしょうか?


体内時計が狂うと、眠りを誘う物質であるメラトニンの分泌が
少なくなり、その結果眠れないという不眠症に陥ったり、仕事中に
眠気が襲ってきたりします。

また、自律神経やホルモンバランスの乱れが生じて病気の引き金に
なったり、体調不良になるケースもあるそうです。

現在は、体内時計のメカニズムは研究されていますが、今度その仕組み
が解明されることで様々な病気の治療に応用できると期待されています。


体内時計は、加齢によっても調節する機能が下がってくると言われて
いますから、私達に今できることは、生活習慣を見直し規則正しい生活
に心がけることです。


体内時計の仕組み

  • 2014.03.04 [Tue] 11:52
体内時計は、生物のほとんどが持っているものであり、24時間という周期
(サーカディアンリズム)で働いています。

人間の場合は、光という外的な信号を受けることによって睡眠と覚醒のリズム
を刻み24時間の周期に合わせます。

例えば、光を遮断した中で生活した場合は、体内時計が少しずつずれて
きて、リセットできなくなってしまいます。

ですから、体内時計の調節には光が欠かせないということになります。

朝になって太陽光が入ると、細胞が時計をリセットしようと働き、脳を
眠りから目覚めさせます。

体内時計はずれていくものですから、そのずれを調整してくれるのが
太陽光というわけです。

人間に限らず犬にだって体内時計が備わっています。

よく帰宅したときに、愛犬が迎えてくれるなんて話を良く聞きますよね。

犬の場合は、さらに聴覚が人間より優れているので、飼い主などが帰って
きたときの微妙な音を察知しているので時間に正確な行動がとれるようです。