Salyu 

2005年07月26日(火) 14時18分
 3日間も休んでしまいました””あわわ・・・
 23日は専門の友達3人で、あるブランドのファミリーセールに行って来ました。帰ろうとしたら、渋谷の駅で地震にみまわれ・・・普段なら家まで1時間弱なんですが、電車が止まって5時間後にやっと家にたどり着きました・・・相当大変でした(^^;
 24日は卒業以来始めて母校の高校に行きました。毎年3月にある演技の授業の発表会で、衣裳大道具その他裏方を担当したんですが、その本番とメイキングをビデオに編集したものを観に行ったんです。本番は転換なんかも担当したので客席から見られなくって。なかなか完成度の高い舞台でびっくり。とっても貴重な体験を高校のうちに出来ました。
 昨日はバレエのレッスンに行き・・・

 さて、今日は好きな音楽のなかからひとつ紹介します。Salyuという歌手のCDなのですが、これがとてもいい。私は、歌は歌詞よりメロディーを気にするというか、歌詞がどうであってもメロディーに惹かれるところがあればそれでお気に入りなんですが、Salyuはどちらもいいなと思える。
 初めて知ったのはこれまた私の大好きな映画「リリィ・シュシュのすべて」を観た時。(映画についてはまた別の日に。)歌い方は、UAみたいな感じなのかな。歌詞は身近なことから、何だか自分でも分からないような漠然としたことまで、結構色んな詞があります。
 Salyuの歌は、私の中では今までに無かった位置にいて、「音楽として聞き流せない」というか、どんどん自分の中に入ってきてしまう。私は割と歌は楽しんで聴ければ良いというスタンスなので、そこまで重要なものではなかったんですが、Salyuの歌は何故か、私の中にどんと居座っています。
 ジャケットも可愛いんですよ☆本人もキュートだし。衣裳も全部ステキ・・・
 このアルバムで私が特に好きなのは「valon-1」という曲です。この曲は特別ですね。多くは語りませんので、皆さん是非聞いてみてください(笑)。

世界のこども部屋 

2005年07月22日(金) 15時06分
 この本に出会ったときはもう・・・発狂寸前でした。(笑)
世界各国のこどもと、そのこどもたちのお部屋を紹介した本なんですが、これがもう、すばらしくカワイイ!! この本に載ってるお部屋の持ち主は大体が小学校低学年くらいのこどもたちなんですが、あまりにオシャレで私が住みたくなるくらいです。中にはほんと、大人の部屋でしょ!?っていうような大人顔負けの素敵なお部屋もあって。

 こども部屋って、やっぱり夢がありますよね。大人になっちゃうとやっぱり居心地のよさとか、機能性とか、そういうことを優先しがちになるけど、その点こどもは、そのへんのことよりも、自分のお気に入りやかわいい、カッコイイと思うもの、単純に楽しいものなんかにとっても敏感だから、そういうものが自然と溢れる空間になっていくでしょう。だからこどもって、みんなアーティストだと思う。

 しかしながらですよ。(笑)
こんな素敵なお部屋をもつこどものご両親は、一体どんな人なのか、是非知りたいですよね。この本はお部屋の持ち主の名前、年齢、住んでいる国なんかの他に、ちゃんとご両親の職業もデータとして載っているんですが。
 やっぱり、大体がミュージシャンとか、建築家とか、ファッションデザイナーとか、・・・そういうクリエイティブな方が多いんです。いくらこどもがみんなアーティストだとはいえ、育つ環境はなかなか重要ですよね。

 それにしても(ひとくくりにして言うのもあんまり良くないですが)、外国のものって、どうしてホントに何でもないようなものが、結構サマになるんだろう。例えばお菓子の空き箱とか、普段使いの食器とか、その辺にぽろって置いてある文房具とか。日本でお菓子の空き箱が部屋に転がってたら、私には汚いイメージしかなくて。外国のものだとそうは見えないんですよね〜・・・
 でもきっと、逆に外国の人からすると、日本の何でもないものが、とっても素敵に見えるんですよね。不思議なものです。。

 さて、今日に予定していたお買い物が明日に変更になりました。今日は学期末の課題で微妙に汚くなっていたお部屋を、少しお掃除。でも、夏休みに入ってから今までの分を取り返すかのようにもの凄いダラダラ生活を送っていて、・・・そろそろ自分でも心配です。

タンブラー 

2005年07月21日(木) 15時53分
 高校生のとき、友達とお揃いで買った某コーヒーチェーン店のタンブラー。ちょっと分かりにくいかもしれないけど、桜柄です。
 最近は忙しくてめっきり行かなくなっちゃったけど、高校の時は、しょっちゅう行ってはコーヒーと共に勉強したり、友達と長話したり。このタンブラーを買って、ますますス○バ好きに拍車がかかったのを思い出します。

 このタンブラー、色が本当に綺麗なの。桜の部分はちょっと版画っぽいタッチになってて、バックの背景は綺麗な春色のいろがみみたいなものがランダムに重なってて。これが出てからその後何回か桜柄のタンブラーは見てるけど、私の中ではこれが一番かわいいと思う!!色使いは綺麗なんだけど、桜の堂々とした強さみたいなものも見えるんですよね。たかがタンブラーだけど、奥が深い!!

 最近はこのあとに買った蓋付きのを使ってるから、これは観賞用(笑)。でも、お部屋のアクセントとしてなかなかいい味出してます(笑)。

 今日はちょっと涼しくてよかった☆明日は久しぶりに気合い入れてお買い物に行ってきます。雨ふらないといいんだけど・・・

バレエ 

2005年07月20日(水) 12時10分
 記念すべき(?)第一発目。何を紹介しようかなって結構悩みましたが、今一番身近にあるバレエについて書くことにしました。

 バレエは、3歳のときに始めました。だけど、自分の中で本当にバレエが好きだと思えてきたのは、中学1年生の発表会を終えてからだったと思います。

 私にとってバレエの魅力ってなんだろうか。

 たくさんあるような気がするけど、ひとつは、やっぱり発表会の存在かな。人前で踊るのって、緊張するけど楽しいんです。
ただ健康のためとか美容のためとか、そういうものとしてやっていくのもありだと思うけど、年に一度、自分の踊りを見てもらう場があると思うと、自然と普段のレッスンにも目標が出来てやりがいも出て来る。
 それから、発表会の演目も、『くるみ割り人形』とか、『白鳥の湖』とか、いわゆる古典バレエの全幕ものはやらないんです。全て、先生独自の選曲と振り付けで、それが毎年ホントにおしゃれなプログラムで。そういう舞台に立てるのはホントに幸せ。

 他にも、あるポーズをしたいとして、そのポーズに綺麗に入るには、身体のどこをどう使えばいいかっていうのを、レッスンを通して考えるのも楽しい。バレエのポーズって、無理な体勢で頑張ってるように見えがちだけど、本当のところは、いかに楽に綺麗なポーズに入るかっていうのが根底にあるんです。辛い体勢でもの凄い頑張っちゃっても、見てる人には全然綺麗に見えないんですよ。そこが、バレエのちょっとおもしろいところ。

 つらつら書いてしまいましたが、私にとってのバレエの魅力ってそんなところです。

 昨日は母親と、なんと今シーズン初めてのお買い物に行ってきました。学校が忙しくてわき目もふらずやってきたら、世の中セールの時期だったみたいで。(笑) いやいや、よくここまで自覚ナシでやってきたと思います。 お買い物もたまに にすると新鮮味がありますよ。(笑)

おそるおそる 

2005年07月19日(火) 19時19分
おそるおそる、始めてみました。ブログ。
人に見てもらう日記って、一体どんなこと書けばいいの!?とか、散々オロオロしてたのですが。

私は現在、服飾の専門学校に通っています。早く日本を出て、舞台衣裳で生活していくのが目標です。
今の学校に入って分かったんですが、こういう職業って、自分が一体どんなものが好きなのか、客観的に見ることがすごく大事みたいなんです。
毎日普通に過ごしてたら、「あ、あれ可愛い」と思っても、それのどこがどう可愛くて、なぜ好きなのかまで、いちいち考えませんよね。でも私の目指すものになるには、そういうことをコツコツやる必要があるみたいで。

私の好きなものって、確かにたくさんあるけど、私は何でそれが好きなんだろう?
せっかくだから、私の好きなもの、皆さんにも紹介しながら、自分も新たな発見をしていけたらいいなと思っています。
明日から一つずつ、紹介していきます
2005年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像
» バレエ (2005年07月29日)
アイコン画像恵里子
» バレエ (2005年07月29日)
アイコン画像まゆ
» 世界のこども部屋 (2005年07月23日)
アイコン画像
» タンブラー (2005年07月22日)
アイコン画像
» 世界のこども部屋 (2005年07月22日)
アイコン画像まゆ
» 世界のこども部屋 (2005年07月22日)
アイコン画像アリス
» タンブラー (2005年07月21日)
アイコン画像あっこっこ
» タンブラー (2005年07月21日)
アイコン画像まゆ
» おそるおそる (2005年07月20日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sukinamono-05
読者になる
Yapme!一覧
読者になる