英語初心者がリスニング力を伸ばすたった1つの方法とは?

August 26 [Fri], 2016, 18:30


・英語のリスニングが聞き取れない


英語のリスニングで何を言っているのか、
さっぱりわからない。

え〜と正解はどれにしよう、
と迷っているうちに
次の問題の音声が流れだした。

まだ、前の問題も解答していないのに
いくらなんでも進むのが早すぎる。

このように英語のリスニングで何を言っているのか
分からずに悩んでいる方もたくさんいます。


・リスニングで聞き取れない2つの原因


リスニングで何を言っているのか分からない状態には
2つの原因があります。

1つ目はリスニングの音声を
英語の文字にしても読めないことです。

当たり前ですが、英文として理解できないものは
リスニングでも何を言っているのか理解できません。

なので、そのような場合は
筆記試験の勉強も並行して行うことで
改善することができます。

2つ目の理由は
リスニングで流れた音声を
ご自身で発音できないことです。
(英文を見ながらでも発音できない)

ご自身で発音できない英文は
聞き取ることができません。

これは「モーター理論」と呼ばれています。

なので、英語の発音を鍛える必要があります。


・効果的に発音を鍛えるのは?


効果的に発音を鍛えるのにはネイティブが
発音した音声を聞き取ることです。

しかし、ここで多くの人が効率の悪い
勉強方法をとっています。

それは、ネイティブが発音した英文を
慣れろとばかりにひたすら聞き続けることです。

確かに、英語には「慣れ」の要素があるので、
リスニング力を向上させるには
ネイティブが読んだ英文を聞きこむことは絶対に必要です。

しかし、生得的に英語を習得できる年齢を超えてしまった人が
リスニング力を向上させるのに、
英語の音声に慣れるだけでは限界があります。

英語の音にいくら慣れたとしても、
あなたがその英文を発音できないままだと、
いつまでたってもきちんと聞き取れるようにはなりません。

なので、理想的なのはネイティブが発音した英文の後で
「今発音した英文はこういう風にして発音するんですよ。」
と日本語で1つ1つ解説してくれることです。

このようにすれば、ネイティブの実際の発音と
発音の仕方をセットで学べるため
効率的にリスニングを習得することができます。

しかし、ネイティブがこれをするのは至難の業です。

なぜなら、ネイティブの人は英語が母国語であり、
日本語はあまり上手に話せないからです。

なので、英語の発音はできても、
それをうまく日本語で解説できないのです。


とすれば、
英語を母国語にしていて更に日本語も上手な人から学ぶことが
最も効率の良いリスニングの学習になります。


これが英語初心者がリスニング力を伸ばすのに
必要な方法です。

実は、日本語も上手にしゃべれるアメリカ人の方がいて、
効率的にリスニングを習得できると話題になっている
教材があります。

効果的にリスニングを鍛える教材の詳細は
下の画像をクリックしてください。

クリックすると、
リスニング力向上のために役立つことも
結構書いていますので見るだけでもためになります。
↓    ↓    ↓    ↓