アホ臭 

2005年06月01日(水) 19時25分
あんたに、私のナニが判るっていうんかい?
ワンネスだとか、愛だとか、
綺麗な耳障りのいい言葉だけで、
ただ飾り立ててるだけやないか?

だから、なんだっちゅーねん?
ふざけたこと抜かしおって
人を惑わしているだけやないか?

烏合の衆相手に、
金儲けしているだけやないけ?

クソッタレにもホドがあるわ。

バカバカしい。
全く持って、アホらしい。

お話にならん。

「心」、ココロ・・・。 

2005年05月25日(水) 19時56分
気分がコロコロ変わる。
コロコロ変わるから、
ココロ=心、だと言う人もいる。

「心」という漢字を見てると
なんとなく、気分がアチコチに
点在しているような、
そんな文字にも見えてくる。

気分がコロコロ変わるのは、
青空に現れては消える雲の如く
それがごくごく普通の当たり前の出来事で。
でも、自分のコロコロ変わる気分は
どうにか自分でコントロールできると
信じ込んでいるけれど、
結局は、徒労に終わる。

湧き出てくるココロの有態は、
そのまま、放っておくのが
一番の得策。

孤独からは逃げられない 

2005年05月23日(月) 18時34分
疑っている訳ではなく、
ただ信じられないだけ。
それは疑うことではない。

どんなに優しい言葉をかけてくれても
その場限りの「優しさ」だと
なぜだか条件反射のように
思ってしまう。。。

そんな冷めた自分が
なぜ存在するのか
自分自身でも分からない。

固体としての肉体が存在する限り
全てはひとつ、だと、
どんな宗教家や経典が説いても
シャム双生児で無い限り
自分が抱えている
孤独感から逃げることは出来ない。

もがいても、避けても、逃げても、
薬を飲んだとしても、
アルコールで自分を麻痺させても
無いフリをして明るく振舞ったとしても、
夜になり独りで寝床に入る時。
眠りに落ちる時。
どうしようもなく、
独りであることを
身に染みるほどに
痛感する。

知らぬ間に 

2005年05月22日(日) 22時02分
知らぬ間に、身近な人にまで
「嘘」とまで言わなくても、
本音が言えない時があることに
気が付く。

所詮、人は独りで
生きていかなければならない。。。
どんなに相手が
いつも一緒にいるよ、と
言葉にしてくれても。

そんなことは、ありえない、と
心の片隅で、冷たく嘯いてる自分がいる。

肉体を持ち、人間として生きている限り
死ぬことも、眠ることも、歩くことも
食べることも、トイレに行くことも
自分以外の誰かが、
代わりにやってくれることではない。

最後の最後は、
結局は「独りぽっち」なんだと、
思い知らされる。

知らぬ間に、人の言葉を
素直に受容れられない
自分に気づく時、
つくづく、自分の中に在る
深い孤独感を味わう羽目に
陥ってしまう。。。

好き勝手言いたい放題 

2005年05月22日(日) 21時32分
笑いたい時は笑い
ムカついた時はムカつき
悲しい時は悲しみ
塞ぎこみたい時は塞ぎ込む。

常に自分の胸に沸き起こる
感情をそのままに
受け留めていよう。

ここは、私の心の裏を
思いっきり誰かカレに
気兼ねすることなく
表現できる場にしたい。

常に自分と向き合う場。
隠し事することなく、
自分に向かい合って素直に
良い悪いという判断無しに
ただひたすらに向き合いたい。

嘘偽りなく、
ありのままの心を映し出す
鏡のようなブログに
していこう、と思う。
2005年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sukihoudai
読者になる
Yapme!一覧
読者になる