女性ホルモンの影響で歯周病になりやすい 

May 07 [Thu], 2009, 15:17
実は男性よりも女性のほうが歯周病になる確率はかなり高くなっています。なぜでしょうか?女性のほうがお口のケアには敏感で、歯磨きも丁寧にしているので、歯周病になりにくそうな気がしませんか?

その理由は女性ホルモンにあります。女性は月経周期になると、エストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンをたくさん分泌します。問題なのは、この2つの女性ホルモンを栄養源としている歯周病菌がいることなのです。そのため女性ホルモンがたくさん分泌される月経周期には、歯周病がどうしても悪化しやすくなってしまいます。

また、妊娠も歯周病の原因のひとつになります。妊婦さんの多くが歯周病にかかっていると言われています。女性が妊娠すると、女性ホルモンの分泌が大きく変化してバランスを崩します。エストロゲンとプロゲステロンといった女性ホルモンが分泌されるだけではなく、体の免疫力も低下しているので、歯周病だけではなく口内炎やヘルペスなども起こりやすくなります。

さらに、つわりが起こる時期になると、吐き気やムカムカ感が強くなり、どうしても歯磨きが億劫になってしまいます。すると、口の中にも汚れや細菌がたまりやすくなって、歯周病を引き起こしやすくなります。

http://www.periodontal-g.com/woman/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sukati
読者になる
2009年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる