まさかあれが運命の出会いになるなんて

June 28 [Fri], 2013, 13:51
私は大学生時代、居酒屋さんでアルバイトをしていました。毎日毎日色々なお客さんがやって来ます。彼もそんなお客さんの一人でした。

職場が近くのようで、毎週水曜か金曜のどちらかに飲みにやって来ます。いつも会社の同僚と男同士でやって来るのですが、私は初めて出会った時に彼に一目ぼれをしてしまいました。背がスラッと高くて、日に焼けた顔もイケメンです。

でも、私も仕事中ですし、当然、こちらから声をかけるわけには行きません。ただ、時々、彼の席に食事やお酒を運んだり、注文を取りに行ったりすることを密かに楽しみにしていました。

するとある時のこと、バイトが終わって友達と外にでると、彼とその同僚がまだそこで話していたのです。そして、彼らの方から「あれっ、今終わりですか?良かったら一件飲みに付き合ってくれませんか?」と声をかけられたのでした。

私は友達にも彼のことを話していたので、友達も快く了解。チャンスが訪れたのです。

それをきっかけにして私達はお付き合いを始め、その5年後に結婚して今に至ります。あれが運命の出会いだったなんて、人生分からないものですね。

就職活動で見つけた恋の行方は

June 21 [Fri], 2013, 21:54
大学3年の冬、就職活動で1次選考会へ出向いた会社で、1人の男の子との出会いがありました。

彼とはグループディスカッションで同じグループになり、選考会の帰りにメンバー皆で連絡先を交換する事になりました。彼はかなりのイケメンで、友達になれたらいいなと思っていた私は、連絡先GETにかなり心が躍ったのを覚えています。

その日の夜にすぐに彼から連絡がありました。(私を選んでくれたの!?という思いで有頂天)お互い忙しい事もあり、ひとまず次の週にカフェでお茶をすることになりました。

それから何度かカフェデートを重ね、1ヶ月ほど経った頃に彼からの告白があったのです。そうまさに、就活ラブ!本当にあるんだ就活ラブ!

就職活動の合間にカフェでお茶をしたり、彼の家に遊びに行ったりと暫くはラブラブな学生カップルでした。しかし3ヶ月ほど経ち、いよいよ就活も山場を迎えた頃、徐々に彼からの連絡やお誘いが減ってきたのです

そこで大人しく待ってられるような大人の女ではなかった私は、「もし私との関係がめんどくさかったら、暫く距離置こうか?」と追い込んでいました。今考えると、「それがめんどくさいわ!」の一言ですね。

そんなことを言われた彼は、「いや・・・めんどくさいとかではないけど・・。ちょっと今就活が上手くいってなくて、そういう話できる状態じゃないから。また連絡する。」という一言を最後にそこから1ヶ月、音信不通になってしまいました。

1ヶ月後にようやく電話に出た彼からは、案の定お別れの言葉が告げられました。

『男が窮地に陥っている時は、構わずじっと待つ!』その時に学んだ恋愛の教訓です

友達以上恋人未満の恋

June 20 [Thu], 2013, 20:33
私には高1年生の時、仲が良かった男の子がいました。放課後に一緒に帰ったり、公園で何時間も話したり、毎日のように2人で過ごしていました。

最初は仲が良い友達でした。しかし、寒い日に冷たい手を温めてくれたり、落ち込んだ時にずっと側にいて励ましてくれた彼に、いつしか恋愛感情を持つようになりました。このままでも十分幸せでしたが、付き合ったりできるのではないかと淡い期待も抱いていました。

しかし、ある日友達から「彼はやめた方がいいよ。同じクラスに好きな人がいるみたいだよ」という衝撃的なことを聞かされたのです。私はすごくショックを受けました。よく考えれば、私も最初は友達だと思っていたし、彼だって友達としかみていなくて当然だと気付きました

それからは、彼とは友達としても上手くいかず、一緒に帰る誘いを断ったり、メールの返信もしなくなりました。その態度に彼も最初は心配をしていましたが、だんだんと彼から話しかけてくることも、メールをしてくることもなくなりました。

完全に彼との関係は終わりました。少しの間は引きずりましたが、次の恋愛をしようと吹っ切りました。

そして高校3年生になり、卒業式の日。卒業式が終わってから、みんなで写真を撮ろうということになりました。その輪の中に彼もいて、久しぶりに顔を合わせ、会話をしました。

そして彼から、「実は、好きだったんだよ」と言われました。彼はそれ以上は何も言わず、写真を撮り終わるとその場を立ち去りました。私はなぜ?という気持ちと共に、猛烈な後悔に襲われました。

あの時、友達の言葉を鵜呑みにせず自分の気持ちを伝えてたらどうなったんだろうと思いました。今となっては良い思い出ですが、これほど後悔した恋愛はありません。

P R
月別アーカイブ
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる