水素水はペットボトルだと抜けちゃう?おすすめ保存方法は?

April 03 [Sun], 2016, 14:47
水素水と言えば、身体を錆付かせて老化へと導いてしまう
「活性酸素」を取り除いてくれるといったアンチエイジングや
肌のしみやくすみをとってくれるといった美容効果に
さらにダイエットにも効果があると話題になっていますよね


ですが、皆さん水素水をちゃんと保存できていますか?
せっかくの水素水なのですが、それを理解していないと
思ったような効果もあげられないですし
何よりもったいないですよね


ということで、今回は
水素水の保存方法についてご紹介していきます


一般的に水素水を携帯される方で
多いのがペットボトルかもしれませんね

ですが、ご存知の方も多いかもしれませんが
ペットボトルの分子よりもずっと水素の分子が小さいので
長期保存、携帯にはまったく不向きです


では、アルミ缶タイプはどうかと言いますと
これはペットボトルよりかは効果はあるものの
やはり一度あけてしまうと水素が出ていってしまいますので
長期保存気には不向きで一気に飲む必要があります


また、アルミパウチタイプも有名ですね
これは現在、最も水素が抜けにくいと言われている保存方法です
アルミパウチは空気を抜くことができますので
水素が空気に揮発するのを防いでくれます


ですので、水素水を職場に持って行きたい方に
おすすめな保存、携帯方法はアルミパウチということなのですが
実は、このアルミパウチも飲み口の所から
ペットボトルほどではないにしろ水素が抜けていってしまいます


では、それを防ぐにはどうしたらいいでしょう
そこで私がおすすめしたいのが
その場で作るドリップ式のタンブラーの
「ドリップ式水素水タンブラーSwish」

先ほどから書いています通り
水素はすぐに抜けていってしまうので
何よりも大事なのが鮮度なのです


このタンブラーはその場で手軽に水素水が作れますし
鮮度も抜群でさらに高濃度の水素水が楽しめちゃいます
コスパ的にもアルミパウチよりもずっとお得ですので
気になる方は下の画像をクリックして情報をご確認ください

<<500mlたったの25円で楽しめる>>