溶存水素計THD-100の口コミや評判!本当に手軽に測定できる! 

April 21 [Thu], 2016, 9:10
水素水が健康をはじめ、
アンチエイジングやダイエットに効果があるという点から、
水素水を生活に取り入れたいと考えるケースは多く見られます。



より体のためにプラスとなる水素水を求めたいと考えた時、
気になるのが水素水の濃度です。

見た目での判断がしにくいため、
取り入れている水素水がどの程度の濃度なのかを、
具体的に把握しておきたいと考えた時に活用できるのが、
溶存水素計です。

溶存水素計THD−100は、
テーブルに置けるコンパクトな大きさです。

サンプルは15mlと少量で済みます。

水素濃度が高いほど測定時間は短いとのことですが、
測定には3〜10分程度が要されます。

水素濃度を測定するためには、補助剤の液を二種類使用します。

各種水素水に使用できる点や、
高精度の測定が可能といった点、
濃度表示の切り替えができる(ppm/ppb)点が大きなメリットになっていると思われます。

持ち運びが簡単であることや、
正確な測定が自宅で行える点が評価されると思われます。

また、測定された数値がハッキリと表示される点も明確な結果という印象です。


溶存水素計THD-100について詳しくご覧になりたい方は下記からご確認いただけます!
↓   ↓   ↓   ↓   ↓