市販の睡眠薬が効かない理由と副作用について

January 05 [Mon], 2015, 10:53
市販の睡眠薬が効かないと悩んでいませんか?


不眠症の薬は大きく2種類に分けられます。
市販の睡眠薬と病院で処方される睡眠薬。

市販の睡眠薬は睡眠改善薬と言われています。
薬局で買えるのでとても便利ですが、
医師が処方する睡眠薬とは成分が異なります。

市販の睡眠薬はドリエルなどが有名だと思いますが、
ジフェンヒドラミンという抗ヒスタミン薬の成分を使用しています。

抗ヒスタミン薬は風邪薬や鼻炎薬に入っている成分です。
これらを飲んで眠くなった経験はありませんか?

眠くなるのは抗ヒスタミン薬の副作用です。
つまり、副作用で眠くなる状態をつくるわけです。

なので、風邪薬や鼻炎薬を飲んでも眠くならない人は
市販の睡眠薬では効かないということになります。


また抗ヒスタミン薬による眠気は、一時的なものです。

軽い不眠の状態であれば改善できますが、
眠りの質は悪く、浅い眠りになりがちですし、
長く飲み続けるものではありません。

日常的に不眠の人は服用しないでくださいと
説明書に書かれているくらいです。

そのため睡眠改善薬を常用するのは危険かもしれません。
そして市販の睡眠薬も薬なので副作用の可能性があります。

具体的な副作用としては睡眠薬への依存や、頭痛や倦怠感、
日中の慢性的な眠気などがあげられます。


もう一つの睡眠薬は病院で処方される睡眠導入剤です。
即効性がありますが、心療内科や精神科で処方されるもので、
医療機関を受診しなければ購入することはできません。

そして市販の薬より効き目があるということは
副作用もそれだけ心配する必要があるということになるでしょう。


では日常的に不眠の人はどうすればいいのでしょうか。

そんなお悩みの方にお勧めなのがぐっすりんEXというサプリメントです。

ぐっすりんEXは沖縄の眠り草クワンソウから抽出した
オキシピナタニンを成分としています。
このオキシピナタニンは睡眠改善剤として特許を取得しています。

でもクワンソウという沖縄野菜である植物由来のもので
薬ではありませんので副作用の心配もありません。

気になる方は下記のサイトで詳しい情報をご覧ください。