魔物の饗宴。

February 28 [Sun], 2010, 1:09
映画「人間失格」を見て来ました。
全く太宰ファンでもなく(「斜陽」だけは読んでいて好きですが)、「人間失格」も未読の私が何故見に行ったか。
理由は一つです。



中原中也が出るって、何事ですか。



え、何で?
幾ら自伝的作品といっても、どうしてフィクションに実在の人物を混ぜるの?
あまりに謎だったので見て来ました。
以下、ネタばれ注意。











まず、何より強い感想。
生田斗真は本当に良く頑張ったと思います。
いやもう本当に頑張った。
あの明るい顔立ち、どう考えてもミスキャストじゃん?と思っていましたが、逆にあの顔立ちがハマってました。
モルヒネ中毒になった辺りは目もいっちゃって。
良かったです。
いやあ、よく頑張った。
皮肉とかではなく、頑張りに胸を打たれました。

他の俳優陣もなかなか良く。
行きつけのバーのマダム役の大楠道代が特に私は好きです。
良かった。

映画自体は…あの、原作がある映画は、先に原作を読むとそのイメージが強くて受け入れられないことが往々にしてあるので未読のまま行ったのですが…。



これ、原作読んでから行くべき。



説明不足甚だしく、冒頭から置いてきぼりを食らいました。
また、短くない小説を全て詰め込んだ(一緒に行ったユキちゃんは既読で、ほぼ小説通りだったと教えてくれました)上に中也のエピソードまで加えたために、時間ギリギリだったのか、場面転換が唐突で、時間の経過がある場面も間がなく、それぞれの場面の余韻に浸れない。
そして、CG、やり過ぎ…。
この監督の「赤目四十八滝心中未遂」は見てまして、その時も上記の点は気になったので、監督の特徴なのでしょうが…。
しかし、やはり赤目の時も思ったのですが、映像がとにかく美しい。
見惚れるほど美しい場面が幾つもありました。

さて、問題の中原中也。
中也だけでなく、井伏鱒二や菊池寛なども出ているのですが、他の人物がバーで一緒に飲む程度なのに、中也だけあからさまに贔屓されています。
特別扱いです。
主人公に影響を与えちゃってます。
中也に森田剛、というのも首を傾げていましたが、彼も頑張ったと思います。
トンネルの場面、お寺の場面はとても美しかったです。
でも。



これ、せめてオリジナルのキャラじゃ駄目だったの?



森田剛が演じた人物は悪くなかったんです。
未読の私には割にすっと受け入れられます。
でも、これが中原中也だと思うとものすごく違和感が…!
中也を譲らなかったのは、多分製作者にすごくすごく中也を好きな人がいるんだろうなぁと思いました。
中也を描く部分だけ、明らかに温度が違った…。
作り手が一番思い入れある部分は省くと良くなるってこういうことか、としみじみ思いました。
人間失格じゃなくて中也の映画作ったら良かったんじゃないの…?

色々書きましたが、悪い映画ではないと思います。
とにかく生田。
本当に頑張った。
一目で女達が惚れ込むのも納得。
一種の魔物のようでした。
しかし、波打ち際ではしゃぐ常子、薔薇を撫でて微笑む下宿の女、貝を拾う鉄など、女達一人一人にぞっとする場面がありました。
人間の格を失っているのは、登場人物全員ではないかなというのが未読の私の感想です。

見終わった後、ユキちゃんと話した結論は、「主人公は聖母を求めて女を渡り歩いたけれど、彼に必要だったのは父性ではないか」でした。
聖母が必要なのは、むしろ監督じゃないかなぁ…。
キスが熟女以上としかないというのにはびっくりでした。

映画「街のあかり」

December 02 [Wed], 2009, 7:54
アキ・カウリスマキ監督(で合っているはず…)の映画「街のあかり」を見ました。
同じ監督の「過去のない男」が良かったのでこちらも見たかったのですが、この二作に「浮雲」を加えた三作で「敗者三部作」らしいです。
わあ…。
今回は友人もなく皆から馬鹿にされている自尊心ばかり強い男が、謎の女に恋をするという話。
あらすじからロマンチックなものを想像していましたが、とても地味でシビアな現実的なな映画でした。
恋人が不治の病!とか身分違いの恋と船沈没!とかそういうのと正反対な、とてもリアルな痛みの連続で、知ってる!この痛さも恥ずかしさも知ってる!あんまり思い出させないで!とじたばた。
ストーリー自体はそう現実的でもないですし、撮り方もわざと作り物めかしているようなのに。
上手いなぁと思います。
ラストシーンがとてもいいです。

■今日のあいぽん■
「Junior Sweet」Chara

映画「赤目四十八滝心中未遂」

November 11 [Wed], 2009, 7:29
ずっと見ようと思っていた「赤目四十八滝心中未遂」をようやく見ました。
原作は未読です。

人生というのは喜劇と悲劇のない混ぜなんだなぁというのが一番強い感想。
流れて尼崎に来て、臓物を捌きながら流されるまま日々を過ごす男と、その周辺の話です。
タイトルの通り、同じアパートの寺島しのぶと赤目四十八滝に向かうのですが、それまでずっと暗かった映像が最後の滝だけは非常に美しくて痛ましいです。
寺島しのぶと出奔するまでが長くて不快(その不快さが狙いなんだと思いますしそれが良い方もいると思うんですが、私にとっては不快は不快)で、また全編見直したいかというと黙ってしまうのですが、寺島しのぶと主人公のやり取りはみんな好きです。
マニキュアのシーンとか。
寺島しのぶの台詞が皆好き。
ラストの寺島しのぶの行動も好きです。
胸が詰まる。

しかし、大森南朋のキャラがわからなかった…。
どんなキャラでも好きなんですが。

■今日のあいぽん■
「時には昔の話を」加藤登紀子

映画録。

September 15 [Tue], 2009, 7:23
「迷子の警察音楽隊」
上映中、ポスターを見て面白そうだと気になっていました。
可愛いポスターだったのです。
エジプトの警察音楽隊が演奏で招かれたイスラエルで迷子になり、地元の人々に助けられる、というあらすじやポスターから、心温まるコメディータッチの映画だろうと思って見たのですが。
めちゃめちゃ切ないんですけど…!!
大人の恋の話でした。
悲しい。でも優しい。
結末も良かったです。

「ぼくの大切なともだち」
仕事仲間と、本物の親友を紹介するという賭をした尊大な男と、親友探しの手伝いをすることになった人の良いタクシードライバーの話。
フランスらしく、やや笑いの毒がキツいのですが、なかなか面白かったです。
しかし主人公が酷い。

「ラウンドミッドナイト」
サックス奏者デイルと、彼の音楽を愛する貧しいデザイナーフランシスの話。
ジャズピアニストのバド・パウエルと実在のデザイナーがモデルとのことで、私はバド・パウエルのピアノが大好きなので見ました。
良かった…!
美しいものを創造する苦しみからアル中になっているデイルをフランシスが献身的に支えるのですが、二人が対等な友になってからのシーンがとてもいいです。
ルイ14世の話、オレンジジュース、海辺の電話。
思い出すだけでじんと来ます。
フランシスの幼い娘とデイルの関係もすごくいい。
ぼろぼろ泣きました。
デイルを演じているのは本物のサックス奏者、デクスター・ゴードンで、彼を始め、バンドのメンバーの演奏がまたとても良く、音楽にも物語にも浸れました。
いい映画でした!
また見たい!

■今日のあいぽん■
「ワダツミの木」元ちとせ

映画録。

July 17 [Fri], 2009, 7:38
例によってドラマ交じり。

「おくりびと」
ようやく見られました。
うん、良かった。
どうだ泣けるだろう、っていう感じではなく、死は生の一部というスタンスで、笑いも涙も程よかったです。
若干ベタ過ぎる部分もあるので、そこは好き嫌いが分かれるところかとも思いますが、後味を考えたら一番良かったのかな。
笹野高史がとにかく良かった。

「親孝行プレイ」
去年深夜にやっていたドラマです。
数話ネットで見ていたのですが、レンタルになったのでまとめて見ました。
いやもう最高に馬鹿馬鹿しい!(笑)
安田顕、要潤、斎藤工がだめだめな三兄弟になって、毎回親孝行に挑むゆるーいコメディーです。
笑った!
安田顕、要潤は元々大好きなんですが、三人とも更に好きになりました。
DVD特典の、三人によるぐっだぐだなビデオコメントも好き(笑)
二人にいじり倒される最年長安田顕、意味もなく真顔で大嘘をつく要潤、さり気なくSな一言を安田顕に投げつつ締める斎藤工。
いい三角形だ!(笑)
爆笑しつつ、時にちょっとじんと来るドラマ。
また見たくなりそうです。

以下ネタばれ含みますので、ご注意!

「MW0」
ドラマ版の。
…うーん。知人が、
「設定も言葉も何もかもが昭和臭がする中、一人完全に平成フェイスの佐藤健が浮いていて気の毒だった」
というようなことを言っていたのですが、言いたいことはよくわかります。
何もかもが随分使い古された感じでした…。
そこに無理矢理ソウのパクリじゃん、という状況を押し込んでいて、もう何が何だか。
映画もそういう感じでドラマを合わせたのかなと思っていたら、全然そういうわけでもないですし。
うーん…。
知人も私も、佐藤健は頑張ったなと思ってますが。
しかしラストも中途半端だったなぁ…。
どSの小出恵介はいいと思いました。

「MW」
ドラマが上記の感想なので、あまり期待せずに行きました。
期待していないのに行ったのは、ひとえに「平成の北島マヤ」山田孝之見たさです。
役によって変わり過ぎ!
まさかぽっちゃりでぼさぼさの今の山田を美しいと思うとは思いませんでした。
でも!
賀来(山田)腹立つ…!
こんの役立たず!
原作は賀来が好きで結城(玉木)が嫌いだったのですが、映画は見事に逆転しました。
前半は好き嫌い以前に玉木宏が一人スタイルが良過ぎて出る度吹き出しそうだったのですが(あそこまで顔がちっちゃくて足が長いと、もはや第一印象はかっこいいとかじゃない。笑ってしまう)、石田ゆり子を殺させるシーン以降は俄然結城派に。
まさかゆり子が死ぬとは!
ヒロインじゃなかったの?!
びっくりです。
ここまで容赦なかったらいっそ清々しいよ結城!
思ったより面白かったです。
しかし賀来はブルース・ウィリスか。
ダイハード過ぎる。
突っ込みどころは無論多いですが、一番の残念さは結城→賀来への感情が何なのかがブレてわかり辛かったことかなと思います。
原作は完全に愛情なんですよね。
恋愛であると共に、多分親への思慕に近いものがある。
私はそれが念頭にあって見たので最後までそう思い通してラストも納得しましたが、原作未読で見た子は、
「二人の関係が薄っぺらかった」
と言っていて、映画だけで思い返したら本当に薄かったです(笑)
盛り込むことが多すぎたのかな…。
もうちょっと主役二人に絞って良かったんじゃないかと。
エンディングテーマはぴったりで良かったです。

■今日のあいぽん■
「当たれ!宝くじ」憂歌団

映画録。

June 12 [Fri], 2009, 7:41
3本中2本が映画じゃないんですが、まあいいか(笑)

「魁!男塾」
映画公開時、サイトから漂うC級感が好みだったので見ようかなーと思いつつ、原作未読だからなぁとそのままになっていたのですが、好きな俳優が出ていることがわかって見ました。
普通に面白かった…!
や、ほんと普通に。
色々原作の噂を聞き、壮大ながっかりを想定していたので、ある意味期待外れでした(笑)
さり気なく脇役が豪華でびっくりしました。
キャストと衣装と小物にお金がかかって音楽に回せなかったらしいところだけ残念です。
主題歌はいいんですけどね!
THE BACK HORN。
好きな俳優は予想通りキレた役で嬉しかったです(笑)
似合う☆

「日本の形」
ラーメンズ小林賢太郎の絡んだ作品。
ラーメンズ関係はユニットが多くて覚えられません!
NAMIKIBASHIだったかな。
外国人観光客向けに作られた日本案内のビデオ、というコンセプトです。
これがまあ酷い!(笑)
日本人は全員お寿司が握れるんですよ。
土下座は相手に許され、相手が見えなくなり、唾を吐くところまでが土下座ですよ。
やあ笑いました。
小林さんもちょこちょこ出演しています。
片桐さんも最後の方で出演していて嬉しかった!

「執事ホテル」
タイトルでうわあと引いた方、ちょっと待って!!
何でこのタイトルなのかわからない、普通の演劇ですから!!
オープン間近なホテルの、従業員達のてんてこまいな数時間を描いた舞台です。
そのごたごたの中で、それぞれの心の傷が次第に明らかになる、という好みなあらすじなことを確認して見ました。
…まあ、9割、主演のイケメン俳優目当てで見たんですけど!(やっぱり)
主演の方のかっこよさはわかっていたんですが、シェフ役の方もワイルド系のかっこいい方できゅんきゅんでした(笑)
テンポもなかなか良く、笑いのツボも私に合っていて、楽しかったです。
肝心の従業員達の心の傷については、中途半端な触れ具合で終わったのが残念ですが…。
アドリブコーナーも役者さん達のいっぱいいっぱいぶりが面白かったです(笑)
可愛いなぁ。


近くにレンタルビデオ屋さんがないので、TSUTAYAネットレンタルを始めました。
ジャケット借りが出来ないのがつまらないですが、楽です。
舞台ものが割と入っているのも嬉しい。

■今日のあいぽん■
「ブラックホール」山嵐

映画録。

May 22 [Fri], 2009, 7:48
実家にいた時に見たものを、時間が経ちましたが大放出(笑)

「スノー・バディ」
ひょんなことでアラスカに来てしまったゴールデンレトリバーの子犬達が、ハスキーの子犬と共に犬ぞりレースに出る話。
CMであまりの子犬の可愛さに私がのたうっていたので、父が借りて来てくれました。
か わ い い の な ん の
CMはゴールデン兄弟をメインにしていたのですが、主役はもうハスキーの子だったと思います。
可愛い上に健気で切ない。
話も面白かったです。
子犬達の声(犬同士では喋る)を子供がやっていて、ぴったりでした。

「築地魚河岸三代目」
大沢たかお主演の。
世知辛い世に疲れたサラリーマンが、築地の人情に触れて癒されながら自分も築地を新しく変えていく、といったありがちな話だろうと思っていたのですが、いい意味で裏切られました。
これ切ない…!!
お兄ちゃん…!!(涙)
良かったです。
程よく笑いもちりばめられ、気分良く見終われました。
続編出来ないかな!と父母と楽しみにしています。

「次郎長三国志」
中井貴一主演。
タイトル通り、清水次郎長の話です。
かーっこいーい!
女性陣も粋で素敵でした。
次郎長は、子供の頃に石松(石倉三郎がやってた)の最期をドラマでたまたま見、哀れ過ぎてちょっと避けているのですが、これはそれより前の話だったので見られました。
山本太郎が石松をやったのも、石松の最期だけタイミング悪くチャンネル変えて見ちゃったんですよね…酷かった…うわあん!
これも続編見たいねと父母と言いましたが、石松のことを思うと私は見られないかも知れません…。
しかし、これが結婚前に実家で見たラストの映画で、何か感動ものを選ぶべきかなと思ったら、母が「これ見たかったのーーー!!」とダッシュでこれを持って来まして、ああ私の母だなと思いました。
見ながらどこかで最近見たなこのノリ、と思ったらクローズでした…。
そんな母娘です。

■今日のあいぽん■
「GT400」Thee Michelle Gun Elephant

アンティーク・韓国映画版。

April 20 [Mon], 2009, 7:57
9日、ユキちゃんが当たった試写会に連れて行ってもらいました。
よしながふみの「アンティーク〜西洋骨董洋菓子店〜」、韓国映画版。
…正直、あまり期待は…まあ、試写会なら、いい、か、くらいの気持ちで二人とも行ったのです。
が。



予想を裏切って、面白かった!!



最初の期待値が低過ぎたのもあるんですが、なかなかよく出来ていて面白かったです。
原作は一巻くらいまでしか読んでいないので、原作ファンの方にどうかはわかりません。
でも、かなり善戦なのでは?と思います。
時折原色のCGを駆使した心象風景や妄想ミュージカルが繰り広げられるのに最初は慣れなかったのですが、ボクサーの子の過去の辺りからはそれが上手く効果を発揮していました。
使えないボディーガードいいなぁ(笑)
「若! 卵焼きが出来ません!」
がツボでした(笑)
以下、ネタばれ。











後半、主人公の過去と現在起きている犯罪がリンクしていく流れは澱みなく、かなり上手く作ったなと思います。
見入りました!
元々の原作の上手さももちろんあるんでしょうが、それを壊さず映像化するのは難しかったと思います。
最後の、
「手先が器用なんだな」
には、ぐっと来ました。
いい結末でした。
主演の俳優も良かったです!
また見たい!

■今日のあいぽん■
「1sec.」10-FEET

クローズゼロ2(ネタばれなし)。

April 13 [Mon], 2009, 8:12
予定と体力を無理矢理調整して、初日初回(9:50)に駆け込みましたが、何か。
イカツい男性お一人様陣とヤンキー少年グループの中、一人で見ましたが、何か。
公開25日前から待受は芹沢多摩雄(山田孝之)の公開カウントダウンflashでしたが、何か。
一ヶ月前に前売り買いましたが、何か。
ほんとはもっと前に前売り買おうと思ったものの、先着特典のポスターがついて来ても扱いに困る、と一ヶ月前まで待ったのにまんまとポスターがついて来て途方に暮れましたが、何か。

……知ってる!
自分でも馬鹿だと思ってる!
でも面白かったーーー!!!
1より面白かったです!!
続編の方が面白いってほんとすごい。
1は原作を意識していたけれど、2は今度こそオリジナル、というようなことをパンフレット(買いましたよ、ええ)でキャストの誰かが言っていましたが、納得しました。
1はやっぱり原作に対して少し遠慮しているような、反応を伺っているようなところが2を見た後思えばあった気がするのですが、2はそれをぶっちぎった感じで気持ち良かったです。
主人公達の鈴蘭高校に敵対する「殺し屋」鳳仙高校が今回の相手で、鳳仙は原作でもめっちゃかっこいいところ満載なのですが、映画も全く負けておらず、オリジナルキャラがほとんどなのに、ああ鳳仙だ!と納得しました。
頭の鳴海(金子ノブアキ)がすごい。いい。
ロックバンドRIZEのドラマーさんだそうで、申し訳ないことに私音を聞いたことがないんですが、相当いい音出すんだろうなと俄然聞きたくなりました。
心の大きさが出ていたもの!
かっこよすぎる。
しかし、坊主頭の群れが押し寄せるのは何とも言えないシュールさで笑いました。
実写にするとこうなるんだ…(笑)
鳳仙は原作から幹部数名以外は全員坊主という学校なんですが、知らずに映画だけ見たらびっくりすると思います(笑)

大好きな芹沢は今回もかっこいいったらなかったです。
山田孝之の俳優力って怖い。
「鴨川ホルモー」であれだけへなちょこだったのに、今回は台詞もなく立っているだけで「百獣の王」のたたずまいでした。

今回からの原作キャラ、美藤兄弟と川西も納得な配役と物語でした。
まあ、この2自体が原作狂わせてるんですけどね!(笑)
この時点で鳳仙とぶつかっちゃだめだし!
そこは異次元として切り離せってことなんでしょうから、そうしておきます。

ああ面白かった。
それ要らないよ!とかそこどうよ!という突っ込みも、ラストの乱闘延々30分で吹き飛びました。
あっはっは。
ここまでやってくれたら笑うしかない。
すっきり!
最後の最後が原作主役の春道の台詞引用だったのも良かったです。
満足!

■今日のあいぽん■
「I WANNA CHANGE」THE STREET BEATS
1に続いて今回もオープニングでした!

鴨川ホルモー。

April 09 [Thu], 2009, 8:07
30日、またまた試写会が当たりましてユキちゃんと「鴨川ホルモー」を見て来ました。
会場爆笑でした。
栗山千明と濱田岳に。
やってくれました。
元々大好きな美人栗山千明がここまで弾けてくれて、嬉しい限りです。
濱田岳も好き。
山田孝之は相変わらず可愛い過ぎです。
芦名星に弄ばれて喜々とする姿がもうめんこいこと(笑)

以下、ネタばれ含みます。











最初に、うーん、なところ。
前述の通り、栗山千明と濱田岳はかなりキャラが立っていたのですが、逆に他が…。
双子、薄っ!
原作未読ですが、ここまで薄くはないんじゃあ…。
物語も、まとめ切るには時間が足りなかった感じが。
全体的に駆け足で、見た!っていう充足感に後一歩欠ける。
それでも二時間いっぱいいっぱいだもんねぇ…これ以上は難しかったのでしょうから、よく頑張った!とは思うのですが。

良かった点。
芦名星は自己中と責められていましたが、みんな自己中だよね!!(笑)
山田孝之の天敵が、オニを奴隷呼ばわりしていたので、山田孝之の奴隷解放宣言的いい話にまとまるのかと思ったら、オニの人権は全員無視したままでした。
わー、ばたばた死んでるよー。
その他、全員の自己中っぷりがいっそ清々しかったです(笑)
CGのオニは気持ち悪いかと思ったら、何だか可愛く見えました。
使いに来たオニがとりわけ可愛かったです。
脇役陣のキャラが薄かったと書きましたが、荒川良良の存在感のせいも大きいと思います(笑)
相変わらず面白かった。
レナウン娘は大笑いしました(笑)。
栗山千明のキレのあるレナウン娘もすごかった(笑)

しかし、ヒロインが一番強いのはお約束としても、栗山千明は強過ぎやしませんか?!(笑)
めっちゃ男前でした。
素敵!
でも、山田孝之に告白するシーンの栗山千明は本当に可愛かった。
まさかきゅんと来るところがある映画とは思いませんでした。
とてもいいシーンでした!

気軽に楽しめて、京都の美しい風景も満載ですので、こういった映画が好きな方は、機会があったら。
原作読みたいなー。

■今日のあいぽん■
「Rest In Peace」NiNa

2010年02月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
最新コメント
アイコン画像うかれマダムの友人 その2
» 転勤のお知らせ。 (2012年04月04日)
アイコン画像うかれマダム
» 転勤のお知らせ。 (2011年12月23日)
アイコン画像呆れ顔
» 転勤のお知らせ。 (2011年12月18日)
アイコン画像スイ
» 転勤のお知らせ。 (2011年12月12日)
アイコン画像
» 転勤のお知らせ。 (2011年12月12日)
アイコン画像スイ
» バースデーケーキの話。 (2011年10月11日)
アイコン画像suttoku
» バースデーケーキの話。 (2011年09月10日)
アイコン画像スイ
» 四国旅行2。 (2011年08月13日)
アイコン画像すっとく
» 四国旅行2。 (2011年08月07日)
アイコン画像スイ
» 四国旅行2。 (2011年08月01日)