四国旅行3。

August 06 [Sat], 2011, 23:05
<3日目>
3日目は一路、金刀比羅宮へ。
石段が785段と聞いて、途中で力尽きるんじゃ…と超不安。
バスガイドさんも、無理だと思ったら途中で引き返して下さい、と引き返し方をものすごく丁寧に説明してくれるし。
添乗員さんも、絶対に無理はなさらないで下さい、と繰り返すし。
おいおいこれ相当きついんじゃないの?!
でも、数年前に行った母が、「思ったよりきつくないよ?」と言っていたので、それを信用することにして決行。
お昼ご飯を食べる場所で杖を借りて、現地ガイドさんに連れられて出発です。
参道を通ってしばらく石段を登ると、見えて来る大門。


ガイドさん「あの門からが神域です。つまりまだ入ってさえいません(にっこり)」


さすが神域…大門で365段、だったはず。
心配していた私の体力ですが、ここまで意外と軽い。
これはいけるかも、と口に出しかけて、すぐさま撤回。


私「…後でどうなるかわかんないから、大口叩くのはやめとく」


すぐ調子乗るからね。
調子乗って失敗するからね。
大門に着く前にいた狛犬は逆光でこんな写真になりましたが、これはこれできりりとした感じが出てる、ことにして下さい(笑)。

逆光の写真って、結構好きだったりします。

大門を過ぎて少し行くと、真っ白な馬がいました。
神馬だ!
子供達大喜び。
とっても綺麗でした。毛並みつやつや。
その少し先に、何だか違和感のある看板。


「資生堂パーラー この先」


えっ


敷地内に、資生堂パーラーのレストランがあるのでした。
この辺りでご休憩をどうぞ、優しい癒しの場所、みたいなことが盛んに書いてありましたが、多分ね、ここで休んだらもう登らない。
何て誘惑!負けないんだから!

更に登ると立派な社が。
着いた時にちょうど更に上から降りて来る団体さんがいたので、まだ上に続くんだなとわかりましたが、そうでなければこちらが本宮と間違えそう。
実際、勘違いした方もいるそうで。


ガイドさん「清水の次郎長の代参で来た森の石松が、この旭社を本宮と間違え、刀を奉納したと言われています」


い、石松!!
それ切ないから!本宮ここじゃないよって書いといてあげて!

旭社を過ぎると、大きな門が。
長曽我部元親がここまで攻め込んだ、と聞いてぞわっと鳥肌立ちました。
おおお…元親…!
歴史がフィクションじゃないと体で感じると、ぞくっとします。
で、元親は攻め込んだ後で狂乱したそうで…寺社は恐ろしい。
その先に、一段だけ下がるところが。


ガイドさん「本当は石段、786段あるんですよ。でも、な、や、む、ってなっちゃうのは良くないから、ここで一段マイナスしてるんです」


えー!面白い!
語呂や言葉遊びを真剣にしてるのすごく好き!

最後に一気に石段を上ると本宮。
石段登り、きつくなかった!
程よい運動で、登った後はむしろ爽快!わあい!
本宮は手の込んだ、とても堂々とした建物でした。
お参りをして、境内散策。
装飾の見事な灯篭があって写真を撮っていたら、山之内一豊が奉納したものだとか。

足元はこんな。


この灯篭の下の部分を女性が撫でるとへそくりが貯まると言われているそうです、というガイドさんの言葉を聞くなり、同じツアーのおば様グループが殺到。
うん、その意気があれば多分、貯まるんじゃないかな…(笑)
私は撫でてませんよ!隠したところ忘れるのが落ちだから!(そっち)
捨てようとした貯金箱に諭吉が入ってたこととかあるから…ね…。

社務所で御朱印をもらっていると、シュシュを見せてくれた女の子が不思議そうに、何もらったんですか、と聞いてくれて、こういうのがあるんだよ、と見せたんですが、いまいちよくわからない顔。
スタンプ帳みたいなもの、と付け加えたら納得したみたいでしたが、その説明でよかったかな…(笑)
そして金刀比羅宮ではただいまこんぴら狗なるキャラを大アピール中でした(笑)。
江戸時代、参拝に行けない人々が、犬の首に初穂料や道中の餌代を入れた袋を提げて参拝する旅人に預け、代参してもらうこともあったんだとか。
も、ちょっと、やめて!
わんこが頑張る話にめちゃくちゃ弱いんだから…!!
まんまとこんぴら狗みくじやミニこんぴら狗つきお守りを頂いてきました、よ…!
おみくじについてる金のこんぴら狗が可愛いんだ!
お守りは、狗がつくと値段がほぼ倍というがっつり商売でした。
でもセットになると入る袋も可愛いんだよう!
家、両父母、義妹と、4セットも買ってしまった…。
どうぞお守り下さいまし。



本宮傍の別社の狛犬をぱちりして、帰り道です。
帰りは行きとちょいちょいルートが変わり、途中からは石段もなくなって下り坂でした。
同じツアーのちっちゃい男の子が、「がんばってのぼったから、こんぴらさんがかえりはらくにしてくれたんだよ」って言ってて胸きゅん。
いい子だ…!

下ってお昼。
ツアー最初から感じよくしてくれてた、品のいいマダム姉妹が、一緒に食べましょうって言ってくれて嬉しかったです。
ご飯はぶっかけうどんとおにぎり、醤油豆。
参拝でぺこぺこになったお腹にせっせと詰め込みました!



続いて、祖谷のつづら橋へ。
植物を編んだ橋です。
橋は板を並べてありますが、隙間はかなり広い。
下の川までは15mほどあるらしい。
ええと。


渡りませんでした!!


渡 れ ま せ ん よ !!
数年ごとに架け替えているし、今は植物の間にワイヤーを入れて強化もしているので、橋が落ちるようなことはないそうですが、そういう問題じゃないから!
だって、これ!!

つづら橋に向かう手前にコンクリートの橋があって、そこで団体写真を撮るので、その場所までは行きましたが、ここも高いんだよ!
つづら橋を眺めただけで足が震えそうだったので、写真を撮ったらくるっとバスに引き返しました。
ええ、振り返りもせずに。
でも、40人もいたので他にも渡らない方いるだろうと思ったら、私だけだった…。
何で?!みんな怖くないの?!
唖然としてましたが、バスに戻って来たら皆、口々に怖かったと言っていて、バスガイドさんも、


ガイドさん「ここはいい思い出になるかトラウマになるかみたいですよ」


と笑顔で言ってらしたので(結構鬼だ)、私は正しかったんだと思っています。

最後に立ち寄ったのは大歩危峡谷。
こちらも切り立った崖と勢いのよい川の流れにどきどきしながらパチリ。

ラフティングもやっているようでした。
やってみたい!

最後に高松空港ではまち丼(はまち大好き)をたらふく食べて、

飛行機搭乗。
盛り沢山な楽しい旅でした!
四国面白いなー、また行きたい!


  • URL:http://yaplog.jp/suigosui/archive/495
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2011年08月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像うかれマダムの友人 その2
» 転勤のお知らせ。 (2012年04月04日)
アイコン画像うかれマダム
» 転勤のお知らせ。 (2011年12月23日)
アイコン画像呆れ顔
» 転勤のお知らせ。 (2011年12月18日)
アイコン画像スイ
» 転勤のお知らせ。 (2011年12月12日)
アイコン画像
» 転勤のお知らせ。 (2011年12月12日)
アイコン画像スイ
» バースデーケーキの話。 (2011年10月11日)
アイコン画像suttoku
» バースデーケーキの話。 (2011年09月10日)
アイコン画像スイ
» 四国旅行2。 (2011年08月13日)
アイコン画像すっとく
» 四国旅行2。 (2011年08月07日)
アイコン画像スイ
» 四国旅行2。 (2011年08月01日)