ありがとうありがとうありがとう 

2007年01月13日(土) 21時33分
最後に言った言葉は元気でね、だった。
馬鹿だなあと言った後に気付いたけど、それでも無意識にそう言っていた。

元気でね、離れても忘れないからね。




もう半分以上の確信がそこにはあった。多分この子は離れて行くだろうと、さよならの時間だと。
分かっていたけど苦しみながら居なくなる彼女は見たくなくて、例えさよならが近付いてしまっても穏やかにいってほしくて、眠れなくてはっきりした頭と彼女と一抹の期待を胸に病院へ行った。
手術なんて私も受けたことないのに、あの子は受ける事になった。
死なないかもしれない。
きっと死なないだろうと何度も口の中で呟いた。
元気になったら、遊ぼうね、お前ならやれるよと言った。彼女はぐったりしていた。大丈夫ですか?とお医者さんに聞くと、大丈夫でしょうと言われた。
安心して泣いてしまった。
それでも胸に不安は残った。


家の布団で暫く眠ろうとした。昨日眠れなかったから寝られると思ったけれど不安と期待とで寝れなかった。病院から電話があった。

心臓が止まったと言われた。

車で急いで病院に行った。
心臓が止まったなんて死んだと同義だ。
ここ数年祖父母の死が続けて三人死んだ。何と無くそれを思い出した。一緒に暮らしていた祖母も駆け付けた時には既に心臓が止まっていた。

あぁやっぱり。

彼女は死ぬのかと諦めた。私はその時、期待を半分以上捨てた。
今日はお別れの日だ。
ねえ、日向。



病院に着くと、彼女は心臓マッサージを受けていた。
動かない心臓を無理に動かそうとしていた。
子宮に腫瘍があったと言われた。呼吸が止まってから十五分たったとも言われた。あぁもう無理だと悟った。無駄だと思った。
何度お医者さんに「もういいです」と言おうとした事か、でも私から彼女を諦めようと口には出来なかった。

三時三十七分、ご臨終。

泣かないと思っていた。
覚悟があったから泣かないだろうと、
「ごめんなさい」と何度もお医者さんが謝ってくれた、私はそれが悲しくて「気にしないで下さい」と言いながら泣いた。
お医者さんはいい人だった。悔しいと言ってくれた。
私は泣きながら彼女に謝った。

気付いてあげられなくてごめんね、ひなちゃん。

段ボールに入った彼女は死体になっても日向だった。


火葬場に行った。
行く途中道が混んでいて私はその長い道中何度も泣いた。
堪らなかった。
自分が情けなかった。
おじさんに彼女を渡すとき、渡した後も何度も泣いた。頭の骨だけ貰えると知って、書類を貰った。

「元気でね、日向」

最後に言った言葉はひどく馬鹿っぽかった。







今までお疲れ様でした。
ありがとう。
ありがとう。

貴方が好きよ。 

2006年12月07日(木) 1時42分


おめでとおございますッ!
全世界待望のッ
全米が泣いたッ
サラダ記念日の更に上をいく記念日ッ
26歳おめでとうッ

きょうはさとうゆうやさんのたんじょうびです
(思い起こせば去年もこんなテンションで過ごした気がします)

実は父親の誕生日の次の日なんですね、今日。
んでもって佐藤さんの誕生日。
私にとってはテスト期間絶賛格闘中!…、



さぁ、寝るとするか。
(最後になりましたがお久しぶりです)(まだ生きてますっ!)

そして生きている僕。 

2006年11月07日(火) 22時45分


11月7日おめでとう。
今日は記念すべき日でした。『新潮 第百三巻第十二号』の発売日です!
一年ぶりぐらいの新作。
佐藤友哉の新作です。
あまりの嬉しさに、いつもは買わないこの文芸誌を買ってしまいましたよ。三百七十枚一挙掲載。頁になおすと百二十一頁。『1000の小説とバックベアード』です。上下段はきつかったけど、久しぶりの佐藤さん、めちゃめちゃ充実した気持で読めました。夢をみているような気分でした。
今日バイトがなくてよかったぁ…。
最近京極夏彦しか読んでなかったから(浮気もたまにするけどね!)色々思い出すことも多かったです。この雰囲気が好きなのだと、すごく思った。

今回は、大人な感じでしたね。興奮して馬鹿みたいにおかしなところに飛んでいく若気のいたりを無理矢理小説にしたような文章は相変わらず、でも顔を出す回数は減ったかな?
佐藤さんが真面目な人なんだと思いました。木原くんは自分がモデルなんですか?一ノ瀬さん主役の短編、書く予定はありませんか?バックベアードが少し好きでした。


あぁ、この小説はミステリですか?それともファンタジーですか?まさか私小説ですか?私もバックベアードの図書館に行きたいです。でも、失格にすらしてもらえないのだろうなぁ。

探偵が探偵に探偵を依頼するくだりが好きでした。
もっと言えば、オールデンの革靴の『いやぁ今日は熱いですねえ(略)これから裁判所に行ってきます』のところは爆笑でしたね。


今回も、ちゃっかり
「弱者は自覚して死ね」
でしたね。


選ばれなかったものの妬み。

だから何が言いたいの? 

2006年10月23日(月) 23時49分


漸くです。
鉄鼠の檻を読み終わりました。なんてゆーか、無難なところを突かれた感じがしました。
あれだけ引いといて、結局はそこに落ち着くのか、と。

京極堂シリーズを読んでいて思うのは、世界が広がりすぎている気がするなあと言うことです。
狂骨の夢の際に某有名歴史上の人物が関わってきた時は流石に吹きました。無理だろう、って。
そんな訳で今回も宗教の話がやたら多くて、なんてゆーか、姑獲鳥越えはならずかなぁ、みたいな。
姑獲鳥の時みたいに、京極の何気無いウンチクが、憑き物落としに繋がる流れが好きだったのに。

何が不服なのかってやっぱり殺されかたや犯人、作風とゆーかラスト?もっと淡々としてほしい。怒涛なんて求めていないのに。

あと関口一味が事件に巻き込まれるのが不自然で嫌だったりね。

こんなに言いましたが、
面白かったです。
少し、物足りなかっただけです。




言葉を遣う人の天敵は言葉に重点を置いてない世界の人なのでしょう。
言葉のない世界なのでしょう。

馬鹿は寝て言え。無理だけどさ。 

2006年10月23日(月) 0時25分


こんばんわ。
もしくはお久しぶりでございます。物部です。

添付は今日の買い物の成果です。戦利品です。
トータルでもちゃっかり高いこの品々。憂鬱です(どーでもいいですが、憂鬱って漢字が好きです)

憂鬱と言えば、今日は毎週楽しみにしていたラジオドラマがお休みでしたね!
百器徒然袋ってゆーラジオドラマなんですが、大好きな佐々木さん出演で尚且薔薇十字探偵シリーズものなんでワクワクですよ!
妹やその他友人からは意味不明や、内容が難しいなど色々言われますが、
私の週一のオアシスだったのに!

中日も日ハムも嫌いだバカヤロー。(苦笑)

例え何回犯した罪でも 

2006年10月18日(水) 1時07分


あべひろしサンがスキです。でも、ささきくらのすけサンのほうがもーっとスキです。

と、主張してみる。

いや、明らかにドラマの影響ですよね。
でも、かっこいいからいいの!大好きなの!!




閑話休題。
女子高生にもなって人の悪口を言う人に引いてしまう。もう高校生なんだからさ、悪口は自分の腹の中に溜め込むようにしようよ。
どうしても我慢ならないときは愚痴ってもいいけどさ、悪口を話題にしちゃいけないでしょ。
ブリッコとか男好きとか言うけど、逆よりましでしょ?男嫌いよりよっぽど健全で正しい姿じゃん。
人の彼氏の容姿をとやかく言わない!自分の好みの顔じゃないからってまるで最低、みたいな言い方、価値観の押し付けだよ。
少なくとも容姿しかみていない人に馬鹿にする権利なんてない。


皆、他人を見すぎ。もっと自分を見ましょうよ。
もう高校生なんだし。
人の悪口も結構疲れるし。
明るく元気に朗らかな表面だけの皆が好きさ!



適度に、適度に。

旅だった君の生暖かい帰郷 

2006年10月11日(水) 23時28分


昨日授業中にコンタクトが目の裏にいって素で焦った物部です。お久しぶりです。

いやはや、さっきまで十四歳の母を見ながら数学やってましたが(テスト期間絶賛格闘中!)まったく頭に入らないあげく、弱冠うるっときて、興奮しました。

後、次長課長の河本が意外に演技うまくてびっくりしました。




私の愛すべき愛玩動物(嫌味な言い方)日向ちゃん二歳♀のウサギが、とてもアホなので、困ります。
ウサギ小屋レベルなら軽々ジャンプできるので、それをつたって私の勉強机に上ったはいいが、降りれなくなってビクビクしていました。

仕方ないので手を貸してやると、我先にと飛び下りてきて、

後先考えなしに行動してはいけないなぁと思いしった一日でした!

外に癒しを求め内に引き篭る馬鹿 

2006年10月07日(土) 1時13分


馬鹿な父親を持つと困る。
酔って帰ってきたと思えば、いきなり車に引きこもり挙げ句「一人になりたい」とダダをこねる。
風邪をひくと、あまりよろしくない年齢だから布団を持っていってやるとお礼もない。ただろれつの回らない言葉で「〇〇(本名)のせいや」とか「もうほっとけ」とかアホなことを言うだけ。

くだらないのでこの時間まで待っていてやった。
お母さんはもうすでに眠っているから、代わりのしり拭いは私がしてやらなければならない。
眠いけど、凍死などされたら元も個もない。

杏ちゃんと電話で一時間くらい話した。

お父が車に篭ってから、四時間ぐらいたった。
もうそろそろ限界であろうと、父親を迎えにいった。
よろよろとおぼつかない足取りだが、だけど今度は少しばかり物分かりがよかった、家に帰ると車を出てくれた。

お父の手から布団を受取り、「アホ、アホ」と繰り返した。父親は文句をたれながら、なんのお礼か知らないけれど、私の頭を小さく撫でた。嬉しくはない。私はもう高校生だ。



馬鹿な父親を持つと困る。
布団に横になるお父の体に毛布をかけてやりながら、けっ飛ばしてやりたい、と思った。

知らないでしょ、忘れたでしょ。 

2006年10月03日(火) 20時45分


今日は文化祭でしたー。
疲れたよー、うわぁ!

唐揚げが美味しかった。
ジャガバターとクレープと、その他色々食べました。
画像は部活で作った創作集です。小説とか詩とか書いてあります。結構真面目です。


ちなみに、部活でのだしものは『占い』です。
全然人が来なかったので、暇で暇でしょうがなかった!!イライラしてたので店番ほっぽりだして遊びに行ったら、先生が店番してました。

申し訳ありません。

可愛そうなので、『ちんすこう』をあげようとしましたが要らないから働きなさい、と言われました。
だから全力で働きました。


校長の運勢を占ってやったら、何を思ったか彼は私に自分の携帯の機能についてことこまかに説明してくれました。

面白くなかったけど、貴重な体験。

この前紹介してあげた小説がとても気に入ったらしく、その感想を言いに来たんだー、と最後にいっていました。






明日は二日目。楽しみだー。

君が好きだよ、と繰り返す馬鹿。 

2006年09月30日(土) 0時59分


名探偵の物部です。

名探偵ごっこや、お嬢様ごっこ、タキシード仮面様ごっこを


一人で(強調)


やりました。
友達は見ていただけです。

「今だ、セーラームーン」とか「名探偵の物部です」とか「パンがないのならお菓子を食べればいいじゃない」とか下らない台詞を腐るほど並べて休み時間をすごしました。

制服のスカートの端をつまんで可愛らしくお辞儀をしたりね!(可愛らしくないよ、っていわれましたよ)

個人的にはタキシード仮面様が一番似てて、似合ってたなぁと。







窒素になりたい。
とかよく言う私だけど、今日理科の実験で液体窒素を使ったよ。

私が思ってたよりずっと、窒素は人に疎まれてたんだね。(靴下にかかると危険ですので、使用するさいは十分にお気を付けくださいな)
2007年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像フィネ
» ありがとうありがとうありがとう (2007年01月21日)
アイコン画像
» そして生きている僕。 (2006年11月19日)
アイコン画像フィネ
» そして生きている僕。 (2006年11月14日)
アイコン画像
» だから何が言いたいの? (2006年10月24日)
アイコン画像フィネ
» 馬鹿は寝て言え。無理だけどさ。 (2006年10月23日)
アイコン画像フィネ
» 馬鹿は寝て言え。無理だけどさ。 (2006年10月23日)
アイコン画像フィネ
» 例え何回犯した罪でも (2006年10月21日)
アイコン画像
» 例え何回犯した罪でも (2006年10月18日)
アイコン画像フィネ
» 旅だった君の生暖かい帰郷 (2006年10月14日)
アイコン画像フィネ
» 外に癒しを求め内に引き篭る馬鹿 (2006年10月07日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:suibotupiano
読者になる
Yapme!一覧
読者になる