緑内障とビタミンB1の関係性

June 30 [Tue], 2015, 12:54
緑内障は失明の原因になることの多い病気です。
40歳以上の17人に1人がかかるといわれているかかる人の多い病気です。
「症状の進行を抑える」ということが目的で完治はできず、
飛蚊症は緑内障と違い、「生理現象」であることが多いので健康な方にも現れます。
飛蚊症は放っておいても問題がないこともありますが、緑内障はちがい放っておいたら視野が狭くなったり失明する病気です。
傷んでしまった神経を元に戻すことはできません。
つまり、進行して緑内障によって見えなくなってしまった視界は元に戻すことが出来ないのです。
いちど緑内障にで失われてしまった視野は回復することはありません、また、手術で回復させたりすることも出来ません。なってしまったら進行を遅らせるということしか出来ません。

ということは、予防をすることが一番良いということです。

緑内障を防ぐと言われているビタミンB1が多い食品としては
豚肉、うなぎ、玄米、たらこ、だいず、あおのり、いくら、さけ、などがあります。
比較的摂りやすい成分でしょう!

多量に摂っても、排泄されます。毒素は知られていないようです。
不足すると、糖質を分解できず、乳酸などの糖質の疲労物質がたまって疲れやすくなります。

以上緑内障の人に不足しがちと言われるビタミンB1についてをご紹介しました!m字ハゲ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:なおsuhdi3zd
読者になる
2015年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/suhdi3zd/index1_0.rdf