肌が弱い方は無添加の化粧品を使うのがおすすめ。 

April 12 [Tue], 2016, 12:29


肌が弱い方の中には、化粧品を使用することで、
カブレや湿疹ができて、皮膚科に受診する方もいます。

今の美しさを保ちたい、もっと美しくなりたい。

そう思って、化粧品を購入され、毎日のお手入れを
頑張ってしているのに、逆に肌の状態が悪くなるのは、
とても気の毒なことです。


化粧品には合成の化学物質が入っているものが多いです。

化粧品の香りを良くしたり、
化粧品の見た目がきれいに見えるように、
さまざまな合成化学物質が含まれていることもあります。


これらの化学物質は、種類によっては、
シミができたり、肌の色をくすませたり、
噴出物を治りにくくさせます。


このようなことから、肌の弱い方はもちろんのこと、
それ以外の方でも、化粧品はなるべく
無添加のものを使うのがおすすめです。

化粧品の無添加に潜むワナ 

April 12 [Tue], 2016, 13:15


肌が弱い方や敏感肌の方は、
なるべく肌に刺激や負担がないように、
無添加の化粧品を探されている方も多いです。

しかし、美容雑誌などでは、
「無添加の化粧品でも、合成成分が入っていることもあります。」
とさりげなく書いていたりします。



合成成分などいらない。
無添加の化粧品がほしいのに。


せっかく無添加の化粧品を
探そうと頑張っているのに。


その努力をバカにするかのようで、
許せない!




お気持ちは分かりますが、残念ながら、
雑誌に書かれていることは事実です。


化粧品の販売は「薬事法」という法律に基づいて行われます。


「薬事法」では、化粧品に合成化学成分を使用していれば、
きちんと化粧品の成分欄に表示する義務があります。


しかし、全ての化学成分を表示する義務はありません。


「薬事法」によって、この成分は表示しないとダメですよ、
と指定されている化学成分については、
きちんと表示しないといけないです。

でも、特に表示することを義務付けられていない成分については、
表示しなくても大丈夫なのです。



ですので、たとえ無添加の化粧品であっても、
化学合成物質が入っている化粧品もあります。




本当に無添加の化粧品はあるの? あるなら教えて! 

April 12 [Tue], 2016, 13:49

化粧品で無添加といっても、
化学成分が入っているものもあります。

なので、本当に肌にとって安心できる、
無添加の化粧品が知りたいという方も多くいます。

まず、最初にお断りしておきたいのが、
最終的には相性があるので、
アナタにぴったりとは限りません。


ですが、私なら
「素肌レシピのホワイスチャーエッセンス(美容液)」
をおすすめします。

ナゼ?
かといったら、
100%天然由来原料のみを使用しているからです。


前回の記事で、化学合成成分の中には
表示しなくてもいいものもあると書きました。

表示しなくてもいい成分のことを、
「キャリーオーバー成分」といいます。

「素肌レシピのホワイスチャーエッセンス(美容液)」は、
キャリーオーバー成分まで含めて、
100%天然由来原料のみを使用しているからです。


「キャリーオーバー成分まで含めて、
100%天然由来原料のみを使用している」ことは、
ホームページにもきちんと書かれています。


本当かどうか、確認してみたい方は、
下記の画像をクリックすれば、確認できます。
↓    ↓    ↓    ↓