麻疹が関東で流行しているらしい。 

2007年04月25日(水) 10時00分
3月26日からの1週間に、全国3000の小児科から報告された患者数は26人(昨年同期9人)。うち22人が東京都と埼玉、千葉、神奈川各県。同期間に全国約500の病院を受診した成人の患者数は11人(同0人)で、うち8人が東京。同センターは「この地域のはしかの流行はさらに進行している可能性が高い」としている。同センターによると、今年の麻疹=はしかの流行は10代前半や大人に多いのが特徴という。同センターの多屋馨子室長は「例年これからが流行のピークになる。ワクチンを受けていない人は早急に近くの医療機関に問い合わせて受けてほしい」と話している。 こんなことになるのは世界標準のMMR vaccineが日本では1993年に禁止されてしまったためでしょう。(1988年からMMR(Measles+Mumps+Rubella)ワクチンの接種が始まった。しかし、Mumps=ムンプス(流行性耳下腺炎)ワクチンによる無菌性髄膜炎の発症率が予想外に高かったため、1993年にはMMRワクチンの接種は中止されてしまいました。このことには薬害エイズ問題などで薬の副作用に対する社会的関心が高まっていた時期でもあり、腰の引けた厚生省が鱒gomi様等から厳しく責任を追及されたことが影響しているものと考えられます。このような背景から、ある程度の副反応は必ず伴う(病気の毒性を弱めたものを注射してホンマモンの病気に対する抵抗力をつけるものがワクチンです。ワクチン接種を必要以上に危険視するridiculousな論調や、副作用は自然にかかる病気よりも危険である、という間違った認識も多く見られ、その結果日本の感染症予防行政は他の先進諸国と比べて大きく遅れをとってしまっています。麻疹=ハシカは1000人に1人くらいの割合でウイルス性脳炎を発症。数万人に1人が亜急性硬化性全脳炎になって廃人になる、死亡率もあらゆる感染症の中でも第5位かそこらの怖い病気だ、ってわかってもらいたいものです。日本国は麻疹ウイルスの輸出国、ってUSAの小児科学会は非難してますよね。日本の年間の麻疹の死亡者とUSAの年間の麻疹の発症数は同じぐらいなんだそうです。アメリカの人口は日本の2倍ぐらいなのにね。

腱反射ぐらい聞いたことないんか? 

2007年02月24日(土) 0時46分
頚肋(「けいろく」と読む。)というのは7番目の首の骨の横突起(横方向へのでっぱり)が長くてまるで肋骨のようになっています。首の骨から肋骨が出ている、と考えていただければ結構です。ごくごく稀にいらっしゃいます。もともと前斜角筋と中斜角筋のすきまは狭いんです。それに7番目の首の骨の横に肋骨みたいな出っ張りがあるわけですから上腕神経叢(腕に向かう神経の束)に悪さをしやすくなります。胸郭出口症候群の原因になりやすくなります。で、この頸肋症候群の女性が来院されました。「左の腱反射が強すぎますね。」って言ったら「腱反射って何?」って返事。「アキレス腱反射とか膝蓋腱反射とか理科で習いましたよね?」って聞き直したら「そんなもん知りません!」だって。これも理科離し教育の弊害でしょう。カネトリ大学の法文系卒は文部科学省で採用したらあかんよ。(カネトリ大学の法文系卒の連中が国立をすべった腹いせに「数学や理科なんて実社会で何の役にも立たなかった。」などと妄言をほざき、ゆとり狂育という愚民化、選民政策を進めたっていいますもんね。おかげで理科系の学生の基礎学力はがたがたです。別に電子が原子より小さい事が理解できなくても法文系の人は困らんでしょうけど我々はそうはいかんのよ。)

どうせ層化の中卒や高校中退にはわかるまい。 

2007年02月08日(木) 19時39分
佐藤嘉洋選手は別に関根勤氏に言われなくても世界でもトップクラスの技術をもっていることぐらい正規にKarateやキックを習っていればわかります。経験者なら佐藤選手のやっていることがどれほどすごいことかわかると思いますし、とても楽しめる試合でしょうが。高校中退の小林雅人選手が偉そうな口を叩いていますが頚腕なんて層化のやってるおちゃらけイベントの度重なるルールでprotectされているだけの選手でしょ?本当ならちゃんとしたキックのルールで佐藤にじおられる(上方の言葉で屠殺される、という意味)のを見たいですね。Suriyaにもmuay thaiのルールで負けっぱなしのまま放ったらかしにしてるへたれですもんな。どだい無理でしょうけど。

日本テレワーク 

2007年01月26日(金) 14時28分
腐った大豆でdehydroepiandrosteroneが増える、なんてお笑いならまだしも同じ で2006 年12月12日放映された「火スペ!『今、nipponがおかしい! 現役Dr.大告発!アナタの命を救う病院教えますスペシャル』」も、あるあると同じ不治の関連会社=日本テレワークが制作に当たっていたんだそうな。番組の中では、医師や患者の告発をベースに作成されてたが、内容が不確かなまま再現ドラマなどが放映され、しかも医師でない役者に演じさせるなど (役者さんのweblog、なんぼでもみつかります。)かなり「やらせ」を含んでいたため、医師側から番組の時間帯に放映されたスポットCMのスポンサーで あった製薬会社キリン、アステラス、中外、Johnson&Johnosonなど に抗議が殺到し、不買運動が広がり、genericの採用を促す投稿が立ち並び、各社の広報担当者が対応に追われました。中にはこの時間帯の枠からスポット放映する前に、事前に番組内容を確認してからでないとCM放映を見合わせる方針を打ち出した製薬会社も出現しました。 自らは責任を一切負うことなく医療の現場に対し根拠もなく非難をし、現場を疲弊させるこのような姿勢は、現在の日本における医療崩壊の一因となっている事は否めません。日本テレワークにつ いて少し調べていただき、彼ら不治参詣グループの捏造体質を少しはわかっていただけるとよいのですが。まあ参詣の読者の過半数は大阪府と奈良県の下層サラリーマン様です。いずれ国民皆保険が崩壊した暁には民間の保険には入れないだろうから、今のうちに代替医療=インチキ民間療法に誘導しておこうとする様の親 切心から出たことかもしれません。

明J製菓様のような一流会社が何をサラシのメリケン粉。 

2006年08月25日(金) 22時19分
6chのお抱えお笑いタレント=元矢魔愚痴組舎弟花房吾郎様の飼い犬=cheese champion蚊芽駄のスポンサー(キシリトール入りのガムのCFに出てはりますわ。)M治製菓(ここはFスミシンやIソジンなどの医薬品も作っている。)のHPにあるイラストを見て吃驚。「このイラストは御自由にDLしてお使い下さい。」って書いてありますが、見たら左短下肢ギプス固定をした人物が、当然右手で持たなければいけない松葉づえを左手で持っています。CFに出ている蚊芽駄鈎奇様もウマシカならM製菓も大概のもんですね。(人間の重心はおへその少し下です。右の松葉づえと短下肢ギプスを巻いた左脚を同時についていただいたら左脚にかかる力は体重の1/6ですむことぐらい梃子の理屈がおわかりになる方なら小学生様でもおわかりになる筈だと存じます。)明J製菓のような一流企業様ならもっとCFに出す人物をよくよく吟味し、HPも丁寧にチェックしていただきたいものでございます。6chに文句を言うより明J製菓様のようなスポンサー様に圧力をかけていただくほうが賢明かもしれません。

スタジオジブリはもうアカンな。 

2006年08月25日(金) 21時41分
8/20(日)にスタジオジブリの最新のアニメ映画「ゲド戦記」っていうのを見に行きました。けど、あれは外れもええとこ、スカタンの銭失いでした。原作は世界三大ファンタジー小説の一つ(あとの2つは納得の指輪物語と何でやねん?のナルニア国物語)らしいんですがWikipediaで原作の解説でも読んでなきゃストーリーが説明不足でさっぱりわからん。説明不足のストーリーがまたディズニーも真っ青ぐらいに原作とはかけ離れているらしい。Nテレでやってるのを見て「ハウルもスカタンやなあ、ジャニーズタレント使うようになったらジブリも終わりやな。これは見に行かんといて良かった。」と思いましたがそれより遥かに酷い。FDPの偉いさんとか有名芸能人の子弟だらけ、コネ入社ばっかり、と言われる薄呆堂様や臀痛様に騙された私がハオ(=stupidとかいう意味の私の郷里の言葉)やった、ってことでしょう。日本中が盛り上がるイベントやブームは、現在その殆どが臀痛が関与している上に、近年ではLOHASブームなどがその手法を用いた1つのキャンペーンであるとされていますもんね。アメ公のPOCHIでしかない鯉墨を改革者と持ち上げ、世論誘導するぐらい屁でもない。クズ漫画も大ヒット満員御礼かいな。

未だに凪二輪の逃犬を擁護する頭の変なお方はここでも見とくんなはれ。 

2006年08月08日(火) 8時48分
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8B%B1%E4%BA%94%E9%83%8Eでも覗いて見なはれ。

おもろいもの見つけました。 

2006年08月07日(月) 14時40分
亀駄とそのスジの方の関係ってよく聞きましたけどこれは凄いな。8/2なんて平日に世界タイトルマッチやる筈やな。http://news.80.kg/index.php?plugin=attach&refer=%B5%B5%C5%C4%B6%BD%B5%A3%A4%CE%A4%DE%A4%C8%A4%E1&openfile=kameda000.jpg

位置城湯科利大先生がT一K会の分派=背津理の広告塔だって? 

2006年08月03日(木) 13時33分
代表作に「夕刊倶楽部」「鬆菜の師路」などがある有名漫画家の大先生が怪しげなSEXcultとして知られる背津理(以前はJMSとか言ってた。まるで総務省がT木県のど田舎に作った医科大学と同じ頭文字)の広告塔やそうな。ほんまなら怪しからん話や!

さすが「地元判定」の得意なTBS 

2006年08月03日(木) 8時36分
薬師寺さんのいうように「同国人としての贔屓目」+「10-9をどうしてもつけなければならないマストシステム」+「地元判定」を考慮しても、ランダエダの4~5ポイント差勝ち。公平な目で採点すればガッツ石松氏のいうようにランダエダの7ポイント差勝ち。以前にもタノムサクに打たれ続けて疑惑の判定勝ちを納め、以後も打たれ続けて5回防衛(ピークを過ぎた日本人にだけはきっちり勝った。他は疑惑の判定)した鬼塚負也や三沢基地の黒人さんに負けてた試合を引き分けにしてもらった畑山より遥かに酷い。またあの馬鹿面した亀足親子がテレビにはびこるのかと思うとえづき(えづく=vomit)そうになる。WBAライトフライ級タイトルマッチのお話でした。