子どもの遊びの見守り方【第2回】(幼児編)

April 04 [Thu], 2013, 14:32
けんかを通して、自分の主張をぶつけ合い、お互いの気持ちに折り合いをつけ、仲直りすることを学び、社会性を身につけていくからです。幼児が初めに興味を持つのは音なので、まず両親はガラガラや太鼓などの音具を与える。また2歳からの幼児のための親子の幼児 音楽教室 や4歳から実際に簡単な楽器を試す事ができるコース、6歳から8歳くらいの子供たち用に一年間で本格的な約9つの楽器を試すコースなど、子供たちのための音楽教育も盛んです、ただ、ドイツでの実際の子供たちの音楽レベルは以外に高くなく、日本の方がレベルも上で、教え方も少し厳しいような気がします。


幼児 音楽教室


成長する過程において挫折や葛藤はつきものです。それを乗り越えるための土台を、幼児期のこの時期にしっかり築いておくことが大切です。ところがどうして、決して容易ではないのだ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:松島淳之介
読者になる
2013年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/sugita2012/index1_0.rdf