2004年09月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像ekdeaj
夢乃ありす (2008年06月15日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sugisawa
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
募集しゅーりょーっ☆ / 2004年09月26日(日)
ご無沙汰です そーこーしてる間に募集しゅーりょーですっ
といっても…今日26日、PM5時まで待ってる人もいるんだけど・・・
まぁそこはツッこまないとして
その後選考に入りま〜すっ☆沢山のご応募有難う!

トキコちゃんの応募数が30台を越えました・・・
これは全然予想してなかったことだから、今本当にすっごくビックリしてるんだ。
トキコちゃんみたいなコが好みなのかなのかなぁ…
私はモチロン皆好きだけどねっ

待ってる人からの応募が来て、PM5時になったら色々語ろうかな・・・
 
   
Posted at 08:12 / まおの日記 / この記事のURL
コメント(0)
レッツ・花嫁修行♪(1) / 2004年08月27日(金)
放課後。
「明日、私の家で料理作ろ!」
「「・・・・・・・・・は?」」
るなの突然の言葉に、きよみ、ゆうきの2人はワケのわからないといった顔を浮かべていた。
「聞こえなかった?明日、土曜日で休みでしょ?私の家で料理しよーって言ってるの!」
「…アンタの言うことが唐突すぎて、驚いてんのよ」
ゆうきもコクコクと頷く。
「だって、私達オンナノコたるもの…欠かしてはいけないものがあると思わない?」
「…何それ」
「オシャレ、お手入れ、そして花嫁修行よっ
言うと思った、と心の中で呟く2人。
「キヨちゃんだってユキちゃんだって、そういうのに興味全くないわけじゃないでしょ?」
「・・・まぁね。でも…アンタいきなり何?……なんか隠してない?」
きよみが言うと、
るなはニッコリと笑って顔を逸らし
「別に?」
「「ウソだ」」
2人の声が重なった。
「やだなぁ〜疑うなんて。…それとも2人とも用事あるの?」
「ないけど」「…うん」
「ならおいでよみっちぃ先輩もヒメ先輩も呼んでるんだよv他にも先輩来る予定♪」
「えっ…先輩も?」「…………!」
ちなみに、みっちぃ先輩=赤崎みちる(3年)、ヒメ先輩=北条トキコ(2年)のことである。
・・・2人が慕う先輩達を呼んで吊ろうという作戦らしい。

数十秒の沈黙。そして。
「……行く」「……(コクリ)」
同時に2人の決断が出た。

「じゃ明日、エプロンと三角巾を持って1時に来てね♪バッハハーイ♪♪」
そう言うと、るなは脱兎の如く走り去った。
「あ、ちょっと…!
きよみ、呼びとめるが既に遅し。

「やったv作戦大成功ーv」

えへへと笑う、るなはとても楽しそうだった。
…さて、一体どうなることやら。   まて次回!
 
 続きを読む…  
Posted at 20:52 / しょうせつ。 / この記事のURL
コメント(0)
『食堂』 …1年生の場合 / 2004年08月26日(木)
とあるお昼の食堂。
学生達の戦場の地となるこの場所の入り口で、突っ立ってる3人組を発見。

「……混んでるわね」
「食堂に来たの久しぶり〜vv」
「………うん」

3人の名前は、最初から…相馬きよみ、伊東るな、内川ゆうきである。

「…えと……どこ、座る?」
「キヨちゃんとユキちゃんはここで買ってくんでしょ?なら私が席とっといてあげるーv」
「……任せていいの?ちゃんと3人が座れる所にしてよ」
「りょーかいっ★るなちゃん行ってまいりまーす♪」

ちなみにここでは、最低でも1人が食堂で何か買って食べているならば、持ちこみがOKという太っ腹なトコロなのだ。

---------------------------------

「2人ともー、こっちこっちぃvv」
「…キャピキャピうるさい」
「………どうも」
ちゃんとした所に席をとっていることに内心ホッとするきよみ。

「…るなちゃん……お弁当、いつも…自分で…?」
「う?そだよー♪心を込めて作ってるのvv」
「…どうせ食べるの自分なのに心を込める必要が何処にあんの?」
「えへへーvvそ・れ・は…vv愛するダーリンに、いつか最高のお弁当を作ってあげれるようになるためなのっ♪
『美味しいよ、るな…でもオレが食べたいのは料理よりも…オ・マ・エ
…キャーどうしよーどうしよーvvそんなこと言われたら私…vえへへ〜
「…ゆうき、無視していいからね」
「………う、うん…」

---------------------------------

「ごちそうサマーvv」
「ご馳走様」
「……でした」

「えへへー美味しかったvでもお醤油ちょっと多すぎたかなぁ…」
「あんた今フリーじゃない。無駄な努力はしないに限るわよ」
「何よぅ〜!人の将来設計崩すようなこと言わないでよぅ〜イジワルぅ」
「………え、えと…」
「所詮『理想』でしょ。そのキャピキャピと我侭直さないと、男なんて…」
「ムキーッ、キヨちゃんだってカレシいないでしょっ!」
「…け、ケンカしちゃ…ダメ…

・・・食堂で、彼女達の声は響いてゆく…。


PS:えーと…誰かテーマ下さい…【汗】必ず書かせていただきますっ!(↓のコメントよりっ!)
 
   
Posted at 22:58 / しょうせつ。 / この記事のURL
コメント(0)
夢乃ありす / 2004年08月24日(火)
ありすちゃんのことを他キャラに聞いてみましたっ

■みちる
 「そーですねー…すごくカワイイですよ〜女のコって感じです」
■まりや
 「…もう少ししっかりしてくれればなーとは思うけど…
■ゆうか
 「ギューッって抱きしめたくなる可愛らしさを感じるね!
  イメージはふかふかでピンク色のテディベアさ!
■レディア
 「ウーム…カレーのお供のキャロットを嫌いだなんて…変わってるな〜…と思うヨ
■トキコ
 「ウフフ、ありす先輩は姫塚高校のマスコット…って感じかしら?
■るな
 「とーっても可愛い人だと思うから、ダーリンとられないか心配ですよ〜っ
■ゆうき
 「…すごく…自分に素直な人…だと思います」
■きよみ
 「本人は天然でそうなんだろうけど…キャピキャピしすぎね」

・・・だそうです

声のイメージはやっぱり可愛らしくもうロリで!
結構大げさに演じても問題ないと思う〜・・

次はまりやちゃん
 
   
Posted at 20:01 / まおの日記 / この記事のURL
コメント(1)
赤崎みちる / 2004年08月11日(水)
キャラ語り。

赤崎みちる、あだ名は「みっちぃ」。
身長は160cm台、体重は秘密らしい

ちっちゃいコに本当に優しくて、笑顔が耐えないです。
自動販売機の下に落っこちた500円玉を取ってあげようとして、手が届かないとか。
眠ってる子にマフラーをかけてあげて、一緒に寝ちゃうとか。
……そういう子です【苦笑】

声のイメージとしては、可愛らしくて芯の通った声…ってところでしょうか。
明るい声には間違いないですね〜

最近のマイブームは、イルカの抱き枕だそうで。
 
   
Posted at 20:38 / まおの日記 / この記事のURL
コメント(0)
『食堂』…2年生の場合 / 2004年08月08日(日)
昼休みの最中の食堂は戦地である。
そして、その戦地の中 体力の限界も知らず叫びつづける2人娘がいた。

「アタシ、ジャムパン1つくださいデスネッ!」
「華麗なるA定食を1つ持ってきたまえ!!」

1人はレディア、そしてもう1人は、ゆうか。

「はいよー!今日も元気だねー!!」
ポイポイッ、と食堂のオバチャンに注文の品を投げられる。

「ナイスキャッチ…っと★フフ、今日も華麗だね♪」
「Thank you!オネィサン☆」
「あらやっだ〜vフフ、ホレもう1コ持ってきなーvv」
「わっ、アリガトー☆★」

この2人の声は、無数にたかる生徒の中でも一際大きく聞こえる。
空いてる席はすぐさまGETしてしまうので、このかた座れなかったことは1、2回くらいだという。
ちなみに声がデカいのは元々らしく、喉も痛くないときた。
毎回席をとれない人々にとってはうらめしい、苦労知らずなヤツラなのだ。

「ん〜、美味しいネッ★☆ジャムとパン…v絶対運命のコイビトサンだね♪」
「美味だね。この梅干とご飯のカップリングは手放せないさ♪」
ちなみに、言ってることがワケわからないのも本人たちは無意識である。
「ユウカは相変わらず和食ラヴァーだネ〜♪1口下さいNa〜」
「仕方がないね。可愛いキミだから許してあげよう」
「ラッキーだネ☆Thanks!…パクパク。…美味しいvv」

そんな時、この学校定番・お昼のテーマソングが流れはじめる。

「あ、トキコの出番だネ〜vv」
「おぉ、あの美しい声が今日も響くねっ!素晴らしい…」

彼女達の友人、トキコはたった1人で放送部をつとめ、昼の放送を担当しているのだ。

『えー皆さん グット☆アフタヌーン♪』
「Good Afternoon〜♪」
「発音もキレイでグット、だね♪」
『今日も食堂の座席に座れちゃってるアナタ?たまにはゆずる思いやりを忘れちゃダ・メ・よ?』
「私達のことか?」
「サァ〜?違うと思ウよ??」
『よぉし、それじゃあ今日の1曲目、行ってみよー!』
「「おー!」」

ちなみに3人とも(1名はスピーカーなので仕方ないとして)超大音量で喋っている状態である。
若干2名は結構な迷惑を蒙っていると思われるが 本人達は無意識なので放っておくが吉…

・・なのだろうか。



さて、最後は1年生。…どんな昼を過ごしているのでしょう…?
 
   
Posted at 21:46 / しょうせつ。 / この記事のURL
コメント(0)
『食堂』 …3年生の場合 / 2004年08月08日(日)
現在時刻、PM12:30。
お昼休みの時間である。

ユサユサ。
「あーりーすー、起きて?」
「…ふみぃ…ありす、もう食べれないですぅ…」
「何寝ぼけてんの、早く行かないと食堂いっぱいになるわよ!」
「はわわっ!?」

ガバッ!!

勢いよく起きあがるありす。

「…ありゃ?」
「『ありゃ?』じゃないの。ほらおいてくわよ」

そんなありすを呆れ顔で見ているのは まりや。
「ありす、また寝ちゃってましたか〜」
てひひ〜と笑うありすに、深いため息をつく。
「…1時間目からずっとね」
「ありゃ、今何時ですか〜?」
「12時半」
「はわわっ、ありすのカレーがぁぁ〜っ!」
「泣くな喚くな、やかましい。ほら急ぐわよ」
「はうーっ、おいてかないでですぅ〜〜っ!!」

走ること3分弱。

「…ありゃりゃ、いっぱいですぅ〜…」
すでに席は満杯であった。
「あんたが寝てるからでしょ」
「うー、だってだって、センセのお話退屈で ありす分からないんだもん〜」
「退屈とかそういう問題じゃないの」
と言って、まりやはありすの頭をこづいた。
「あう〜…」

と、そのとき。

「二人とも〜っ、ココあいてるよ〜っ!」

「あっ、みちるちゃん〜っvv」
「みちる…。助かったわ…」
声のした方へと てとてと歩いていくありすに、のんびりついてくるまりや。
ちなみに、みちるは隣のクラスなのだ。

「わぁ、もうカレーがおいてあるです〜vvここは魔法のテーブルですかぁ〜?」
「あはは、違うよありす。きっと食べたいだろうなって思って頼んでおいたの♪」
「みちるちゃん、ありすの食べたいもの分かるですかっ!?すごいです〜vv」

3年間カレーしか頼んでないから そんなの分かる。
と心の中で呟くまりやだった。

「あ、まりやはソレで良かったかな…??」
まりやの前には、サンドイッチとサラダのセットがおいてある。

「うん、ありがと」
「じゃあいただきます〜vv」




「さーてそろそろ5限目だね〜 ありす達のクラスは何?」
「体育です〜…嫌ですぅ〜眠れないですぅ〜〜…」
「授業はもともと寝るものじゃないの。みちるは?」
「私はね〜…」





そんな日常が繰り広げられる、3学年。

・・・次は、2学年をのぞいてみましょうか…。
 
   
Posted at 16:48 / しょうせつ。 / この記事のURL
コメント(0)
初日記☆ / 2004年08月08日(日)
こんにちはーっv 杉澤真央デスッ
初日記です〜〜

…日記って何書けばいいんだろ【待て】

この日記は… いつかつくる真央の本館サイトと
企画製作日記とか思いつきの小ネタ小説を書く日記にする予定
女の子萌えが多分多いデスと宣言しておきますっ
真央本人がそういう人間だからね…

とりあえず今は企画サイトにしか繋がってないし企画について★☆

…ウィルスメール大量に来ます勘弁してくださーい…

クリクするとメーラーが出てくるようになってた…あのコンテンツがいけないと思うんだけどねー…。
というわけでウィルス防止。撤去【笑】
そしてこの日記を置いて、現在に至る…ってコトで

応募は今のトコ… 4人?
〆切まで長いからなー… まだ妥当
うぅん…何もかも初めてだから分からないことだらけ〜

うん、勉強しなきゃっファイトだ、真央

企画サイトさんを見てると、キャラ語りやってるトコ多いみたいだから私もやってみます〜
・・・・・・・・次回から【笑】

赤崎みちるちゃんからスタートしますっ

みっちぃ「…ふにゃ?あたしですか〜…??」(睡眠不充分)
 
   
Posted at 16:22 / まおの日記 / この記事のURL
コメント(0)
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!