シーズン到来!

March 01 [Wed], 2017, 9:05

「釣りは2連休の初日の天候次第」、

と決めてから更に釣行回数が減ってしまいましたが、

そのチャンスさえ到来すればちゃんと行きますので


目指すは北の海





現地近くの海岸通りに出て、予報通りに風が平穏で一安心です






2月28日(火) 北の海  7:00〜13:30






ここは砂浜からの出航なので少し苦労します。

この時期は特に波打ち際から20mくらいまでは海藻が生い茂っているので、

帰港時もちゃんとオールで漕いで戻らねばなりません。








浜から沖に500mのポイントから開始、

いつもよりピンポイントだけど、らしき反応があります

メバルなら一投目で仕掛けが着底前に止まります

そして、そのとおりに来た

でも・・・








ちいせぇ〜

メバルはその群れの中で大きいのが最初に釣れますので、

そのパターンとなるとお先真っ暗

でもそうでない事を祈って何度かやってみるも・・・







あ〜、もうダメ

こやつが集まってきたらこのポイントはもうおしまいです

粘っていれば小アジがやってくる可能性もあるのですが、

この水温ではちょっと無理っぽい・・・

ポイント移動するにも、さてどっちへ行くか・・・






最初にやっていたポイントがAです。

CよりもBのほうが水深が浅いので、基本ならBが先です。

ということでBへ。

今日は海況が良さそうなのであとからでもCへ行けそうなので







山にはまだ残雪が残っております

車で道路に表示されている温度計は−1度でした、

それでも海面から湯気が出ないという事は、

海水温は10℃前後でしょう。

雪解けが始まっており、

日本海では珍しいくらい海水が濁っております


9:00、Bポイント到着。


魚探の反応ではさっきと同じような感じです。

しかし・・・








うひょひょひょひょー

これがサビキメバルの醍醐味

サイズ的にはイマイチですが、

それでも楽しい〜

これが良型揃いならまぁ、日頃の嫌な事をすっかり忘れます


それと、なぜかサビキ釣りで釣れるメバル、

針を飲み込む事がほとんどありません、

飲み込んでいてもペンチで届く範囲に引っ掛かっているので、

小さな魚をリリースしてもちゃんと生きて潜っていってくれます

それとこの時期のメバルは抱卵していないので、なんとなく安心です。

まだそんなに太ってない魚体でしたが、

これからどんどん脂が乗ってきます、これからが楽しみです

でも水温が上がると同時にスズメダイが増えるし、

黒メバルから赤いメバルに変わります。


グレが釣れたのですが、20〜27cm位が数匹、

一番大きなのを一匹だけ持ち帰ったのですが、

捌いたらスゴイ脂乗り

これが30cmオーバーともなればそりゃ相当なシロモノでしょう

こりゃ本格的にグレ釣りもチャレンジせねばなりません




帰り道、刀根のほうの道を通りました






道路は完全に除雪されており安心して走れます

両脇が残雪の道をスイスイ走れてとても快適でありました




本日の釣果




メバルは最長27cmでした。


メバルの18〜19cmは煮付け用、


それ以上のサイズとグレは干物にしました






この赤い丸の部分がいちばんウマい


電動リールだからこそ

February 16 [Thu], 2017, 12:25

ようやく初釣りに行く事ができました



2月15日(水) 三重県南部 7:00〜16:00







しばらく釣りに行ってなかったので少しワクワク感がありました

よって現地到着がいつもより早目、

いつもなら港で係留艇が2〜3艇は準備・出港していくのですが、

今日は好天にもかかわらずひっそりとしています、

こりゃ相当釣れてないに違いありません




出航してみても、まったく釣りをしている船が居ません・・・

ま、地元の人はあっしのようにアジ釣りの人は少ないですけど







この時期の出港時はいつも海面から湯気が立ちます、

かといって、海水を手で触るとやっぱ冷たいです、

年末の頃の温度とはだいぶ違います。




7:30、大アジポイント到着、やはりいつものオジサンも居ません、

そのかわり、くまなくポイントを探れるのですが、

ん〜、イマイチ・・・

小アジ釣りのようにハッキリとは魚探には映らないので、

海底のモヤモヤっとした所を転々とやってみます。

2〜3回仕掛けを入れてみて、

釣れる時はそれで釣れるのですが、

ダメな時でも、魚探に何かしらの変化が出るかを見極めます、

反応があっても釣れない時もありますが、

今日は変化すらありませんでした


こういう時にこそ電動リールが役に立ちます。

手巻きリールだと、マメな手返しがおっくうになります、

水深50m、アイパイがあってこその場所移動ですし、

それでも釣れないのですから、

まぁ、居ない、と言い切れるでしょう


青アジも少ない感じですのでタテ釣りもイマイチです、

漁礁に付いている居付きのアジを狙うので、

タテ釣り仕掛けではハリスが太いので根掛かりしてしまうと厄介、

漁礁の上までアジが出てくるのを待つしかありません、

出てきて仕掛けに掛かっても、仕掛けを下げる事もできません、

でも、アジが仕掛けに付けばけっこうな確率で何かが追い食いしてきます、

一回目はアジ仕掛けで糸が細かったのかハリス切れ、

二回目三回目はすっぽ抜け、

四回目でようやくマハタGETでした。

その後はアジが仕掛けに掛からずで・・・

一応イケスに青アジが居るのですが、

ノマセ仕掛けもなんとなくこのところ良い思いをしてないし、

手が濡れると冷たいので


それと、居ない!と見切っていても、やっぱ大アジが気になっちゃいます

1時間くらいおきに大アジ釣り、タテ釣り、の繰り返しをしてました、

前回クエが出た場所まで行くと大アジを諦める事になってしまうので・・・


ま、そういう性分ですので仕方ないですわ





本日の釣果








ん〜、次回は北の海のメバルかなぁ・・・






今回は久々に係留艇の様子も見て行く事にしました、






いつ以来だろ・・・台風シーズン前だったような

でも何事もなく浮かんでいてくれました

しきしまさんの言う通りの係留方、やはりあの人は百戦錬磨ですわ










前回のクエ、やっぱ鍋がいちばん旨かったです

マハタもやっぱ鍋がいちばんでしょう








P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:すぎなり
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:愛知県
読者になる
リニューアル「俺流U号」
これまでとは違った釣果に期待するも・・・
基本は「快適さ重視」です♪
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31