富士山登頂 大成功◎!! 

September 04 [Fri], 2009, 2:37


うちの会社の社員旅行で富士山に登ってきました!
まさしく、研修旅行ですね。

かなりタフな社員旅行でした。。。

初日は、朝8:00に会社集合。お昼に5合目に到着してからひたすら8合目まで。
8合目に18:00頃到着して、食事後仮眠。夜中の1時に起床して、また出発。
明け方の4:00頃に山頂に到着し、御来光へ・・・



最高でした!
人生の中で、今までこんなに美しい太陽を見ることはありませんでした。

どんな初日の出よりとんでもなく感動しました。
なんだか、なんでも夢がかないそうな・・・(笑)

途中、夜中の登山もまた、星空がとてもきれいでしたね。
流れ星、2回も見れたし。。。
「人類平和でありますように・・・」(笑)



帰りは、大砂走りといって、富士山登山道の中で最も長い、砂利道を下山してきました。
これが、足がとまらないくらいの坂道で、一気に駆け下りてきました。

みんな、テロリストみたい(笑)←砂ほこりが鼻にはいるので、山頂でマスクを渡されました(実話)


富士山、絶対に登った方がいいと思います。
なんか性格もでるし、気合もでるし、とても意味のある研修旅行でした。

いろいろなドラマも笑いも、ありましたね。

ちなみに、僕は9合目で激しい高山病になりました。
ヘッドライトのベルトで頭を縛ってないと、頭が痛くて痛くて。

帰りは、温泉に入って、ご飯を食べて(社員の誕生日会あり)、みんな会社に戻って仕事しました(笑)


これから結婚する人、これから何かに挑戦しようとする人、ちょっと自信を失っている人。。。
周りの人を誘って、是非、富士山行きましょう!

何か人生のヒントが見えてくると思いますよ。






やっと販売開始! 

September 01 [Tue], 2009, 2:56

とうとう、ブログを書かなくなり、1年が過ぎてしまいました・・・。
とても早いです。。。

そんな中、ようやく完成しました!

西アフリカのトーゴのこどもたちがデザインしたTシャツです。
http://alcebon.com/t-shirt/index.html

実際に、トーゴの子ども達に絵を書いてもらって、Tシャツのデザインにして販売する→売上げたお金で子ども達に文房具やお金を寄付し、また1人でも多くのこどもたちに絵を書いてもらう。。。
このプロジェクトを立ち上げるのに、ほぼ1年半かかりました。。。
なかなか簡単にはいかないですね!

是非、興味のある方は、見てみてください。かなりいいデザインあります。

その他、今年の3月には、国の認可がおりたNPO団体「Lien」もたちあがりました。
http://lien-togo.jp/
こちらも1年がかりですね。

日本国内と違って、アフリカとやりとりするには、とにかく時間がかかります。
少しずつ皆さんに知ってもらって、地球の反対側で起こっていることに興味をもってもらえばうれしいですね!

頑張ってブログ更新してみたいと思います。

では!

募金のお願い 

September 10 [Wed], 2008, 0:26
仕事の仲間から、下記のようなメールがきました。
私もNGOを設立し、アフリカの孤児たちに対しての募金活動を細々とやっておりますが、
このメールが来てから、考えました。

たまたま、日本に生まれ、たまたま健康な身体でいられ、たまたま今の生活ができているだけ・・・。

生きることとは、例え日本人であろうと、アフリカ人であろうと変わりはないと思います。

お金を稼ぐ人、遊びを楽しむ人、趣味を楽しむ人。それぞれの生き方があります。

僕自身は一体何ができるか・・・?

とりあえず、20万円寄付することを決めました。
金額の大小じゃなく、動き出す1歩の大切さ。
痛いほど、分かります。

やれる人がやればいいと思います。やらされてやるものでもないと思います。
いやみを言っているわけでもなく、素直に考えれば、正論だと思います。
私も支援活動をやっているので、批判も浴びることも多々あります。

今、僕ができること!ただそれだけです。

以下概要です。

博報堂DYMPのアウトドアメディア局に所属している岩田天植(てんしょく)さんの息子さん天晴(てんせい)くん(13歳)が重度の心臓病、「特発性拡張型心筋症」にかかっており、アメリカで心臓移植を受けないと助からないというような事態になっています。
そのための費用が、1億4000万円ちかくかかるそうです。

そこで、博報堂が中心となって募金活動を開始しています。


活動としては、

●各自での募金
●各自のブログでの掲載や、救う会HPへのリンク
●友人・知人等に募金活動を紹介し、寄付の呼びかけをする。
●皆様のネットワークで、募金活動の出来る場所の提供、募金箱の設置のお願い

などの協力を募っている状況です。

ちなみに募金の振込み口座は、

口座名:「天晴くんを救う会」(テンセイクンヲスクウカイ

銀行 支店名 種別 番号

ゆうちょ銀行 記号10150 番号:76327571
千葉銀行  千葉駅前支店 普通預金 口座番号:3611882
京葉銀行  西千葉支店 普通預金 口座番号:6427351
三菱東京UFJ銀行  千葉支店 普通預金 口座番号:0021812
三井住友銀行  千葉支店 普通預金 口座番号:7859463
みずほ銀行  千葉支店 普通預金 口座番号:1722973

Webサイトも公開されましたのでご覧ください。
周囲の方々にお知らせするのにはホームページを見ていただくのが分かりやすいか
と思います。

●「天晴くんを救う会」ホームページ
http://www.tensei-aid.com/


※ツールとしては、チラシ、募金箱、のぼりなどを用意していますので
いっていただければご用意いたします。

不明な点などありましたらご連絡ください。

よろしくお願いいたします。



※参考:特発性拡張型心筋症とは?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%B9%E7%99%BA%E6%80%A7%E6%8B%A1%E5%BC%B5%E5%9E%8B%E5%BF%83%E7%AD%8B%E7%97%87

ところが日本では15歳未満の臓器提供が法的に禁止されているため、13歳の天晴君の手術は日本では可能性がほとんどありません。関係者の奔走の結果、アメリカUCLAで受け入れてもらえる内諾が得られましたが、これには莫大な費用がかかります。健康保険などの公的なサポートが一切ないため、とても個人でまかなえる金額ではありません。


●昨日9/2に、千葉県庁で記者会見が行われました。その報道はこちら。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00139830.html
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/080902/trd0809021622010-n1.htm
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/chiba/news/20080902-OYT8T00943.htm
http://www.chibanippo.co.jp/news/chiba/society_kiji.php?i=nesp1220409646
http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20080903/CK2008090302000157.html

天晴くん!NEVER GIVE UP!!

初監督!? 

August 19 [Tue], 2008, 0:51

8月16日(土)快晴 お台場冒険王にて・・・
「芸能人女子フットサル大会 冒険王予選リーグ」に出場してきた。

そうです、女子の大会なのですが、女装をしたわけでもなく(笑)

実は、「OMIASHI」というチームのキャプテンから、急遽依頼を受けまして、プレイヤーでもなく、監督!?として参加した。

正直、監督ってやったこともなく、特にサッカーがうまいわけでもなく、だけどサッカーは人に負けないくらい好きですが、監督って自信ないなぁと試合が近づくに連れて、選手より緊張していたかもしれません。
実際は、スポーツマネージメントに興味があったので、自分自身の成長にも勉強にも繋がるのではないかと思い、引き受けた。

しかし、女子のフットサル大会って、よくテレビとか見たことがあったけど、もっと女性らしい感じかな?って思っていたけど、いやいやそんなことは全然なかった。
なによりも、めちゃめちゃ熱い!
よく走るし、声も出てるし、ひたむきにボールを追う姿に、感動を覚えた。

オレって最近、何かに熱くなったことあったかなぁ〜?

仕事もプライベートも何だか単調で、遠いアフリカにも行けず、ゆっくりとした休みもなく、正直モチベーション的には下がり気味だったから、余計に刺激を受けました。

終わった後の反省会も参加し、試合でた子も出てなかった子も、とにかく熱い意見をぶつけあい、次は頑張ろうって終わった。

マジで、感動。
正直、オリンピックより感動したかも。

忘れかけてた、心の何かをくすぐってくれた。

今までの、僕の数少ないサッカーやフットサルの知識を、フル回転して、何とかチームのためにやりたいと思っていたけど、残念ながら手をたたいて喜べるような結果にはなりませんでしたが、監督として彼女たちにもっともっといい結果をプレゼントしたかった、申し訳ないって気持ちでいっぱいでした。

けれど、僕自身、とてもいい経験ができた。
とにかく、楽しかった。

仕事のことも、プライベートのことも、1日忘れることができた。
真剣に取り組めた。

この機会を与えてくれた、チームのキャプテンに心からお礼をいいたい。
そして、これからも頑張っていく彼女たちを応援していきたいと思う。


ここにも、NEVER GIVE UP!

続けていくことが大事。
雨にも負けず、風にも負けず。

オレものんびりしてられないな。
みんな頑張れ!オレも頑張れ!!

クラブワールドカップ優勝目指します! 

July 27 [Sun], 2008, 2:32
・・・サッカーで世界を救えるか?

僕らの西アフリカ・トーゴの活動で、また新しいトピックを1つ。

当社アルセボンは、この度、西アフリカ・トーゴのプロアマ?サッカーチームのオーナーになることになりました。
実際には単独オーナーではないけれど、一応トーゴ1部リーグの上位に位置するサッカーチームです。
とは言っても、非常に貧しい国なので、役職がある人たちはほとんど、名前ばかりが現状です。
地域の人たちや自分たちで働きながら、支えられているチームです。

実は、以前に西アフリカのトーゴのソコデ市という町があり、この町の市長に支援品を寄付したことが
きっかけで、このソコデ市にホームをおくチームとの話が進みました。

僕らは特にサッカーが大好きで、いつかはサッカーに関わる仕事がやりたいと強く願っていたところに舞い込んで来た話です。

一応、トーゴで優勝すると、アフリカンチャンピオンズカップがあり、さらに優勝すると、日本で開催されるトヨタクラブワールドカップに繋がっています。

ということで、西アフリカのトーゴのチームを育て上げて、クラブワールドカップで優勝を目指したいと本気で思っています。

「サッカーで世界を救えるか?」

単純にサッカーが好きというだけでなく、今回、このプロジェクトを動かしたにも訳があります。
実は、FIFA加盟国は、国連の加盟国より多くあり、実際には、世界中、いや、ほとんどの地域でサッカーをやっている子供から大人までいることを考え、もしかしたら、サッカーで地域貢献し、少年育成をし、さらに経済発展まで持っていけるのでは?ということを考えました。

サッカーをやるのに、他のスポーツよりお金がかからない。
しかもとにかくアフリカ人はサッカーが好き。

馴染みのあるスポーツを支援することによって、様々な影響が与えられるのではないかと考えています。

アフリカ人は、身体能力に優れ、きちんとした指導ができれば、かなり強くなると思います。
実際に、ヨーロッパで活躍する黒人選手のほとんどのルーツはアフリカにあり、その潜在能力の高さを見てとれます。
本当にうまく行けば、クラブワールドカップ優勝も夢じゃないと思っています。

現在、皆さんにお見せできる資料やホームページなどは製作中で、現地と交信しながら進めているので、若干時間はかかりますが、まもなく、チーム名とともに御披露目ができると思います。

そして、私自身、秋から年末にかけて、最終契約をしにトーゴに行きたいと思っています。

簡単に言えば、ゲームのリアル版「サッカーチームを作ろう!」という感じでしょうか。
資金があれば、有名なうまい選手も獲ることもできる。
ロナウジーニョだって、メッシだって、三浦カズだって・・・夢じゃない。


僕らの・・・「サッカーで世界を救えるか?」プロジェクト。

本気です。

何も気負うことはありません。ただ、あのゴールドのトロフィーを目指すだけです!

夢実現まで、NEVER GIVE UP!まだ始まったばかりです。






NEVER GIVE UP! 

July 25 [Fri], 2008, 2:31

かなり長い間、ブログをサボってました。
本当にあっという間に過ぎてしまった、時間。

ブログを書かなくなっても、色々なことはあり続けました。

暑い夏を迎えるのに、気分一新、「初心忘るべからず」でもう一度、色々見つめなおして行こうと思います。

世界よ、待ってろ!絶対に夢を実現してやる!!NEVER GIVE UP すげちん日記!!!

今、ここに再スタートします。
山あり、谷ありの人生、まだまだ先が長いので、しっかりと記していこうと思います。

まずは、あけましておめでとうかな?(笑)

ここで、最近のニュースを。

実は、以前から行っていた、西アフリカ・トーゴ支援活動は引き続きやっております。
今は、NGO団体Lien(リアン)という団体を立ち上げました。

Lienとは、フランス語で絆という意味。

今までは手探りで進めてきた、西アフリカ支援活動は、新しい仲間も多くなり、さらに活動は幅広くなって
います。
もちろん、僕も西アフリカの大地に足を踏み、今までやり続けてきたことも、継続してやっていきたい!と思っています。
最近、世間では、アフリカだとか社会貢献とかを頻繁に聞くようになってきました。
果たして、社会貢献って一体なんだろう。。。

いつも僕はこの言葉で悩みます。

僕らの活動を批判する人も、もちろん、います。

けれど、そんなの関係ありません。

僕は、自分の手で、世界を救ってみたい。と本気で思っています。

どれくらいまでできるかわかりませんが、自分が全力で突っ走って、自分の人生を実りのある人生にしていきたいと思っています。

かなりモチベーションは上がってます。

色々と御迷惑をお掛けすることもあるかと思いますが、気付いたことや、悪かった点、などなどたくさん
言ってもらいたいです。
宜しくお願い致します。

さらに、最近のニュース。

今週の日曜日に、高校の仲間とフットサルがあります。
正直、かなりのウエイトオーバーと運動不足で非常に自信はありませんが、まずは参加すること!

これ大事です。

最初の一歩。久しぶりの一歩。一歩は勇気でもあります。
年をとるに連れて、だんだん臆病になっていきますよね!
だから、あえて初心忘するべからず!で、もう一度色々なことにチャレンジしていきたいと思います。


今まで知り合った仲間、これから知り合っていく仲間、今以上に大切にして、感謝して、生きていきたいと
思います。

なんだか、何の話をしていたかわからなくなりましたが、久しぶりということで、ご容赦ください。

NEVER GIVE UP!

いい言葉だな〜。これからも僕のスローガンです!







アフリカ支援WEBサイトOPEN! 

November 26 [Mon], 2007, 0:20
ボランティア活動を初めて、約3ヶ月。
とうとう念願の、アフリカ支援WEBサイトがOPENしました。

アフリカ支援サイト(URL)
http://www.alcebon.com/

完全な完成まではもう少し時間がかかりますが、知人・友人から集められた支援物資を実際にアフリカに持っていって、どのように人たちに、どのように渡されているか?を見れるようなサイトにしたいと思い、作成しました。

今回、このサイトを作ってくれたK氏。色々と無茶な相談をしましたが本当にありがとう
非常に爽やかなビジュアルに仕上げてもらいました。

「僕らが今できること」

タイトルに書いているこの言葉が、今の僕らでやれることを伝えられる全てだと思います。

もちろん、今回洋服だけでも6500枚以上が集められたので、1枚1枚を写し出すことは難しいと思いますが、できる限り目で見て、活動を理解してもらえるように努力したいと思います。

近況のご報告ですが、

11月14日(水) 第1弾支援物資
11月21日(水) 第2弾支援物資が横浜を出発しました。

年内に残りあと1回、第3弾を準備中です。
だいぶスケジュールが押してしまいましたが、着々と進めております。

12月下旬にアフリカに渡り、実際にこの手で支援物資を子供達中心に配ってまわります。

果たして喜んでもらえるのか?けんかにならないのか?
色々な不安はよぎります。

日本でも僕らの活動に共感をもってくれてる人もたくさん出てきました。
必ずいい報告ができることを信じて、頑張ります!

引き続き、ボランティア物資を募集します。
文房具、子供服、包帯やおもちゃ、まだまだ募集します。
ゴミはやめてください。動かないもの、壊れているものはやめてください。
生もの、医療品(医薬部外品はOK)はNGです。

何か質問があれば、直接連絡いただくか、サイト内に問合せがあるのでそちらにメールください。

Boys be ambitious!
NEVER GIVE UP!!


ボランティア活動報告 in 日本 

November 08 [Thu], 2007, 1:13
先日ボランティアの募集で、とても多くの方々から物資を送って頂きました!
その数、なんと250箱以上!!

本当にありがとうございました。

内容は、家具から家電品、子供から大人までの洋服などなど様々です。

洋服は、実に4500枚くらい。
有難い気持ちと日本には、本当に物が溢れているというジレンマに襲われました!

皆さんがどんな思いで荷物を集めて、どんな思いで送り、どんな思いでいるか・・・
改めて、預かった責任と気持ちを感じることができました。



荷物は全て開梱し、輸出用に仕分けをしました。
子供服もかなりあって、たたんでいると子供がすぐにでも欲しくなりそうでした!(笑)

あまりの荷物の多さに、11/7(水)出発のアフリカ行きの船には間に合わなかった。
11/14(水)出発で、何とか間に合わせることができ、ちょっとひと段落です

一部は、今月末に再度船で送る予定です。

船は12/27(木)にアフリカに到着。
僕は、この日程に合わせてアフリカに向けて出発します。

そして届いた荷物を現地の孤児院やその他の方々へ寄付する予定です。
どのように寄付するかは現地で調整して、また皆さんにご報告差し上げます。

こんな感じで、初めてやることなので問題や課題にはかなりぶつかってますが、
実にやりがいがあります!

現地では、どのようなことが起こるかは分かりませんが、僕らは僕らなりに頑張っていきますので
引き続き応援宜しくお願いします。

また、皆さんにはご報告しますね!!

ボランティア募集 その2 

October 09 [Tue], 2007, 0:49
もし興味がある方は以下の手順にてご連絡ください。

>@私宛にご連絡ください。
  送付内容、リスト、梱包数、大体のサイズをメールください。 
  ※個別にメールアドレスをお伝えいたします。 

>Aそのメールの内容を弊社が倉庫に確認します。

>B倉庫より返答があったら、送り主様に発送のご連絡を致します。
  ※送料は元払い(送り主様ご負担でお願い致します)

>C倉庫宛に、お送りください。(横浜)
  ※送り先は個別にご連絡致します。
  
>備考欄に【アフリカ向け】と記載ください。ダンボールにもアフリカ向けとマジックで記載してください。
>送り主名(名前と住所、連絡先)を必ず記載してください。

こんな感じです。
初めての試みなので、いろいろと弊害はあるかもしれませんが、一度これで試してみます。
期日は、10月19日(金)着までにお願い致します。




イチ企業がどこまでできるか?僕らはN●O法人にもN●O法人にも属さないでやるつもりだ。

先日社会的貢献を行なっている団体や企業を表彰する表彰式に出席した。
そこでは、20年以上も前からカンボジアのこどもたちを支援している女性の方や、身体障害者を雇用してパンを作り販売をしている会社、豆腐を作っている会社、様々あった。
彼らの説明を聞いていると、熱心さがとてもよく伝わってきた。

実際に社会貢献として活動している人は、ひと目見ればすぐわかる。
逆に、やらされている人もひと目見ればわかる。

悲しかったのが、それらの団体を食い物にしている事業もあった・・・
アフリカでも、欧米人が国から支援を受けて、その支援金で豪遊している人もいるらしい。
そして、アフリカ人も利用されていることをわかっているらしい。

実際に、ボランティアなんて言うけど、正直コンビニの募金も町で集めている募金も本当に活用されているのかわからない。
本当に助けたいという気持ちをどれくらい実現させているのか?本当に不透明だ。

だから僕らは、西アフリカに向けて、僕らの手で集めて僕らの手で渡す、ということを選んだ。

もしかしたら日本で、圧力がかかったり、嫌がらせを受けたりってことも十分に考えられる。
そもそもこのような活動は、非営利団体が行なっているかもしくは個人で行なっているのかがほとんどだ。
常識的にも厳しい条件は多々ある。

けれど、僕らは僕らで独自でやりかたでやる。

今回の、10月下旬〜11月上旬に横浜から出港する船は、アフリカに12月の中下旬に現地に到着する。僕は、この到着と同時にアフリカに向かう予定だ。

僕らは自分たちの手で渡します。

みなさんから預かった大事な品物も、僕の手で渡します。
これをデジカメで撮影して、みなさんの目で確かめてもらいたい。

ボランティアは自己満足だけで終わらせるのではなく、喜ぶ笑顔があって、人に役に立つものがあって
初めてボランティアをやったと言えるのではないだろうか?

僕らが目指すアフリカプロジェクトは、まだ始まったばかりだ。
今回のアフリカプロジェクトは、ほんの始まりにしか過ぎない。

イチ企業がどこまでやれるのか?模索しながら頑張りたいと思う。




最後に・・・
●品物を預けてくださった皆様
●力を貸してくださった皆様
●知恵を貸してくださった皆様
●応援してくださった皆様


わからないことばかりでスタートした1年前
日本だけでなく、各国の多くの方々にご協力をいただきました。

感謝します

僕らにできることを、やれるだけのことを精一杯頑張ってみたいと思います!





おしまい

ボランティア募集 その1 

October 08 [Mon], 2007, 19:36
僕らが手がけている『アフリカプロジェクト〜第1弾〜』をいよいよ実行するときが来た!

今までブログでは、アフリカプロジェクトとしか伝えられなかったが、ようやく形になった。

なぜ僕らはアフリカを向いているか・・・?
なぜ僕らはアフリカにこだわっているか・・・?


・・・答えは簡単。

経済が発展していないアフリカを・・・
自分たちの手でなんとかしようとしたいだけ。


黒人は、人種差別の名残から自分の国や地域を出ることを許されない。
外国で生活をしている黒人は、軍や政府の関係の人、由緒ある家庭で育った人、ビジネスに成功したが国外に出ることが許される。
しかし、それはほんの僅か。

アフリカでも時代は進んでいて、インターネットの普及やテレビもある。
(※僕らが展開しているのは西アフリカ。中央はまだまだ遅れている、南も東も一部は大都会だ)
悲しいかな、情報や物は入ってくる。プレステーション、薄型テレビ、携帯電話。
みんな知ってる。
世界のTOYOTAもSONYも、FUJITSUも、SHARPも、CANONも・・・

しかし生活は決して豊かではない。

そんな光景を目の当たりにすると、僕ら日本人で生まれたことをとても幸せに思う反面、ただのラッキーでしかないということを感じる。
たまたま日本に生まれただけの人生。こんなに差があることにとても歯がゆさを感じた。

だから、僕らは日本人として微力だけど、やれることをやってみようと思い立った。
ただそれだけ。

この1年間何度も壁にぶつかった。本当にやめようと思ったことが何度もある。

本来の仕事に追われて、手が付けれない時期もあった。
けれど、うまくいくかわからないけどようやく形にすることができた。

『アフリカプロジェクト〜第1弾〜』
西アフリカ孤児院へのボランティア支援活動




現地でひらまりんがコンタクトを取ることに成功した。
すでに、アフリカでも慈善団体と名乗るものがある。
そこの団体と一緒に、現地の孤児院を視察。



今月から、我々もわずかながら毎月寄付金を進呈することにした。
また、日本から孤児院向けの文房具や洋服、遊び道具を送ることにした。
サッカーボールを50個購入して送ることにした。
知人や友人から昔の着なくなった洋服や不要になったまだ使える物を送ることにした。

そのために10月下旬から11月上旬にかけて、アフリカ向けのコンテナ(船の輸送)を用意した。
およそ広さは25平米くらい。

西アフリカへボランティア支援物資募集中



子供たちに渡されるノートと鉛筆。 つづく

2009年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新のありがたいコメント
アイコン画像http://hfdjkkpool.dtiblog.com
» 募金のお願い (2012年10月15日)
アイコン画像kaori
» ボランティア募集 その1 (2010年09月28日)
アイコン画像褌一丁
» 募金のお願い (2008年10月20日)
アイコン画像姫衣
» 初監督!? (2008年08月19日)
アイコン画像姫衣
» NEVER GIVE UP! (2008年07月27日)
アイコン画像せぶん
» アフリカ支援WEBサイトOPEN! (2008年06月17日)
アイコン画像中@出し太郎
» アフリカ支援WEBサイトOPEN! (2008年02月01日)
アイコン画像洋二郎
» アフリカ支援WEBサイトOPEN! (2008年01月31日)
アイコン画像ori
» アフリカ支援WEBサイトOPEN! (2007年11月27日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sugetin
読者になる
Yapme!一覧
読者になる