家は産業廃棄物

March 17 [Fri], 2017, 9:57
産業廃棄物の埋め立てに使う最終処分場の余裕がほとんどなくなっている中で、ゴミの減量は大きなテーマになっています。

現在の家は長持ちする家になっていますが、永遠に存在できるものではありません。

住まいも、解体すれば立派な産業廃棄物になることは覚えておきましょう。

しかも、木やコンクリート、ガラス、鉄、樹脂、石、タイル、紙など、さまざまな素材によってつくられている住宅は、ゴミになったときも非常にやっかいな存在です。

「建設リサイクル法」では、機械で一気に壊す「ミンチ解体」を禁止しており、分別解体を行うことや、その後「木材」「アスファルト」「コンクリート」の3種類については確実に再資源化することなどを義務づけています。

しかし、実際には木の表面にいろいろなものが付着していたり、釘が残っていたりと、リサイクルに回らず、単純に焼却されたり、埋め立てに回されるケースが少なくありません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:いえまん
読者になる
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/sugeee1e/index1_0.rdf