[book]Presents 角田光代 

2009年05月22日(金) 10時58分
ここ最近私にしてはよく本を読んでいます。

学生のときは、課題のためとか、否応なしに読んでいて、レポートに書いて残していたのに、
今読んでるものは、終わったらそのままになってしまっていて、流れていってしまています。
なんとなく勿体無いので、呼んだ証をここに残してこうと思います。


まず・・・最近読んだ中で一番心に残っているのは


角田 光代著 『Presents』 





「プレゼント」に関する12編の短編集です。
12ヶ月で1年。12編というものなんか素敵。


最初にもらうプレゼントは名前。
そして成長と共にもらう様々なプレゼント。

ランドセル、キス、合鍵・・・などなど。


主人公は物語ごとに変わって、1つ1つに繋がりはないんだけど、
不思議と1つの大きな物語の中で繋がっているような感じがします。





全てのプレゼントに共通していることは、


「もらったプレゼントが大切で愛しいのは、そのもの自体の形ではなく、
そこにこめられたエピソードや想い、思い出があるから。」


ということ。


あぁそうだなぁ、と素直に思いました。
なんとなくわかっていたけど、改めて大切なことに気づかされた感じ。

どのお話にもそれぞれの人の思い出や想いがつまっていて、
「プレゼント」って本当に暖かいものだなって思いました。

そして、今生きている限り、この時にも、たくさんのプレゼントに溢れているんだなって思う。


だからどの物語も素敵で暖かくて涙がでる。


こんな物語を読みたいって思ってました。



どの話も素敵だったけど、個人的にた「ヴェール」がすき。

やっぱりそこには個人的に思い出や想いがあるから。

エピソードや性格は違うけど、私の高校時代の親友4人組と重なって思える。



人って人生の思い出に寄り添って生きているんだなぁ。


みなさんの人生に、これからも素敵なプレゼントがたくさんありますように。

もしかして・・・・ 

2008年10月28日(火) 3時13分
どうしよう


こんなはずじゃなかったのに



またすぐ会いたい。

またすぐメールしたい。



こんなはずじゃなかった


どうしよう、すごく好きかも。




気づくとあの人のことばっかり考えちゃってる


まさか、こんなことになるとは。



どうしよう、どうにもならない人なのに。


苦しくなるはずじゃなかったのに。



久しぶりに恋しちゃったみたい。

片思いなんてするはずじゃなかった。



こんな思いするくらいなら恋なんてしない方が良かったかも。

I want to believe in myself 

2008年10月17日(金) 10時47分
自分に自信がないって、カッコ悪い。



って最近思います。

私自身のことです。




自身がないからオドオド。
何も自分で決められなくて、人に頼ってばかり。



「これが正しい」なんて、本当はないんだから、
自分が思うようにすればいいんだよね。



自分がどうしたいのか、めんどくさがらずに考える。

分からないことはカッコつけずに、わからないと言う。

本当の自分から逃げちゃいけない。



・・・って書きたいことからちょっとずれちゃった。


自分を好きになるために、
「頑張る」ことをしてみようと思います。


お休み中だった図書司書の勉強を再開します!!



今期は4単位。


亀の歩みでも、あきらめなければ必ず結果は残る。


役立たなかったとしても、頑張った証になる。

頑張ったことは無意味には決してならないと思うんだ。



こんなことって今の職場だからできること。

今だからできることを大切にしていこう。

別れ恐怖症 

2008年10月04日(土) 1時21分
あと2カ月で今年も終わります。


そしたら、私の大好きなお姉さんも退職してしまいます。



前々からもうすぐ任期満了って話しは聞いていたけど、


いざ具体的になると、心の準備ができていなくて焦る。


本当に尊敬できる憧れの人なんです。


疑り深くて、なかなか人を信用できない私が、
初めて心から、こんな風に生きたいって思える人です。


職場の仲間たちはみんな仲良いけど、その仲の良さをつくりだす、人と人の要になってるような人。


その人がいるだけでみんなが安心できる。


派手ではないし、自己主張もしないけど、みんなをしっかりまとめてる。


自然体で人に気を配れる人。



どうか行かないで欲しい。


永遠の別れじゃないのに
どうしても寂しい。


どうか行かないで欲しい。



これから職場の仲間たちの関係はどうなっちゃうのかな。



・・・私はお姉さんがいなくなるのが寂しいんじゃなくて、仲間たちをまとめてくれる存在が欲しいからいてもらいたいと思ってるのかな。


それって自分の都合が悪くなることばっかり気にして、本当にはお姉さんのことを考えてないってことなのかな。



結局は自分のことしか考えられてないのかな。





もっと強くならなきゃ。



写真 

2008年09月21日(日) 0時25分

久々にアルバムを開いたら、写真の順番がめちゃくちゃになっていた。

几帳面なお父さんがきちんと整理してくれていたアルバムも、私が整理してたアルバムも、お兄ちゃんによってめちゃくちゃ。


母に言ったら、「別にどうでもいいじゃん」て言われた。


こういう時、「普通」の兄妹なら、お兄ちゃんに怒りをぶつけたりして喧嘩できるんだろうな。


たいしたことじゃないかもしれないけど、

兄を怒れないぶん、私の気持ちもわかって欲しかったなぁ。


小さなことでもイライラを表に出せないぶん、
気持ちが収まらない。


小学校入学の後に生まれたての写真があったり、
幼稚園のところに私のホームステイの写真があったり。


・・・せっかくきれいになってたのにな。

BADDAY 

2008年06月06日(金) 20時55分
楽しかったことは書かずに過ぎてくけど、
辛かったことはなぜか日記に書きたくなっちゃうんだよね。


はけ口にしちゃってるんだろーな。

誰に話せば良いかわからないから、ここにおいときます。

今日はついてない1日だったなぁ。

本当は「ついてない」じゃなくて、自分がしっかりしてないからいけないんだけどね・・・


まず、仕事の対応が良くなかった。相手も良い相手じゃなかったんだけど、私の対応もオドオドしてて良くなかった。

そんな自分にガッカリ。

いや、結局は上司への報告が嫌、上司に使えないと思われるのが嫌なだけかも。

結局つまりは自己保身。

TSUTAYAの半額クーポンのメール来たから職場近くのTSUTAYAでCDを5枚、試聴しながら1時間かけて選んだら、半額なのはビデオとDVDだけだった。

で、借りた後に家近くのTSUTAYAのクーポンを見たら、ちゃっかりCDも半額だった。


確認をちゃんとしなかったのがいけないんだけどさ…。


もう職場近くのTSUTAYAでは借りない!!


今日はなんか疲れたなぁ。


明日も仕事の買い出し行かなきゃだし。


もう、今日は早く寝よ。

手軽なトキメキ 

2008年02月28日(木) 1時00分
初めて合コンを体験しました。

なんていうか、「手軽なトキメキ」って感じ?
その場の雰囲気で流されてる感じが否めない。

合コンの後、1回目のお誘いがあった時は嬉しくて舞い上がってその人のことしか考えられなかったけど、

間にたまたまもう1回合コンが入ったら、急にどうでもよくなっちゃった。

あの人だけが男の人じゃないし、出会いってゴロゴロしてるんだなって。

男の人と接することが少なかったから、舞い上がっちゃっただけなんだろうなぁ。


恋に恋してたってだけ。

その後のお誘いってただの友達として会っていいものなのかな?

最初乗り気だった分、断りにくいのよね。。

下手なこと言って「自惚れんな」って思われるのもやだし。

こんなこと書いてる時点で私の自惚れなんだけどね…。

いらいら 

2007年12月17日(月) 1時53分
先週と先々週は土曜出勤。
そして先週と今週の日曜は仕事の買いだし。
13時に外出、21時30帰宅。

しかも、いつもすぐに返してくださる、前の先輩の指示メールが今回に限って遅かったので、今回の買いだしは全部失敗。意味無し。

しかも明日、明後日には荷物発送しなきゃいけないから、明日(今日)は4時起きで出社。

失敗買いだしの穴埋めのために明日も仕事終わってから買いだし。

しかも失敗買いだしは自腹で持ち帰り。


もーーー。


いつもギリギリで早く動かなかった自分に腹立つ!!!



私の職業って特殊だから、楽そうにみられるんだけど、それなりに大変だし、悩みもある。

でも「大変さ自慢」みたいなことしたくないから、自分の大変さとかあんまり声に出せない。

ちょこっとこの間、意を決して大変さを話してみたんだけど、やっぱり「年末はどこも大変だよ」とか「休み多いでしょ」とか言われて、それ以上何も言えなくなっちゃった。

私含め、誰もが自分の大変さしか実感できないし、だから自分の大変さばっかりしか見えないんだけど、

やっぱりなんか辛かった。
人に理解してもらうって心に必要なことなんだと思った。

普通の企業だったらすんなり聞いてくれるのかな。


私は否定とか現実論とかする前に、まず「うん、うん」って相手に理解示して受け止めてあげようって思った。

欠点 

2007年10月26日(金) 23時58分
私の欠点は周りを気にしすぎること。

自分がしっかりしてれば心が揺らぐこともないのにね。

うまくいってる人の話を聞くと素直に喜べない。
むしろ嫌な気持ちがする。

大手と取引してること自慢してる?スゴイって思われたいの?
人に恵まれてること強調してる?
それって自分が好かれてるって言いたいの?


多分全部自分の職場になくて気にしてる部分だから鼻につくんだろうな。

その話は今聞きたくない。

この間は元気なくてそっけないメールだったのに、いやに元気あるじゃん。



会う予定も合わせようとしてくれない。
メールの返事もそっけないし上から目線。
お店の情報に至っては、情報請求しといて、感想や反応は何もなし。

私はどーでもいいってこと?
必要な時だけいればいい、質問に答えればいい便利屋って感じ?




…違うって知ってる。
こんな風に感じてしまう自分が醜くて嫌い。
こんな風に思わないような強い心が欲しい。


周りに振り回されるんじゃなくて、自分をしっかり持ちたい。

足りなかった気持ち 

2007年10月21日(日) 23時40分
マチャアキJAPANを見て思いました。

自分のしたことによって、相手の喜ぶ顔を見て、得られる満足感、達成感、喜び。


どちら側も必要としてるんだ。

職人さんも、技術を喜んでくれる人がいるから存在するし、私たちも職人さんを必要とする。

利用してるんじゃなくて、支え合ってるって思いたい。

そうして生きてるんだ。

そのために生きてるんだ。

自分ができることでその人に必要だと感じたら、知恵を分けて手助けすること。

相手の好意は素直にありがとうということ。


ひとつひとつがその繰り返しなのかな。

支える側がエライとかじゃない。


「利用する」じゃなくするには、
あげる側もうけとる側も
利益以外の心が大切。


そうした中にきっと笑顔があるんだ。


押し付けてはいけない。
喜んでもらえないからといって不機嫌になるのはやっぱり間違ってる。

昨日の私に足りなかったのは相手を思う心と謙虚さ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sugar_flower
読者になる
2009年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる