iPhoneのスキン 

May 14 [Thu], 2009, 22:09
シリコンスキンは、iPodの頃から使っているが、どうしても手垢がついて、汚くなってしまう。しかしこのスキンは手垢がつかず、使い出して2ヶ月になるが、買った直後のツルツル感を残している。ただ、付属の液晶保護シートは最初に貼った時に気泡が入ってしまったからか、かなり劣化してきた。保護シートだけを貼り替えればいいだけの話なのだが、こういうシートをうまく貼れた試しがないので、まだ躊躇している。

ヤプース移行 

December 08 [Thu], 2005, 14:18
ヤプースからヤプログへの移行ツールを使ってみたが、どうもうまくいかない。
困った....

2005 TASCHEN CALENDAR 

December 22 [Wed], 2004, 22:57
日めくりカレンダーが好きだ。このTASCHENは去年に引き続いて、二回目の購入とな

った。去年のは世界の面白オブジェクトのカレンダーだったが、今回はアート色の強

いものとなる。ネタに困ったときなどボーと眺めるにはいいのかもしれない。



Little Blue and Little Yellow 

June 06 [Fri], 2003, 14:53
青と黄色のコンポジットのページから始まるこの本が「絵本」だとは想像もつかなかった。二人の孫をアトリエから、うまくお引き取り願うための方便だったというが、確かに狙ってこの効果を出せるものでもないと思う。ただこうして抽象化された形を擬人化し、そして物語を構築出来るというのは人間の優れた「想像力」ゆえのことだと思う。わたしたちが「イメージ」という言葉で語る「心の中に思い浮かべる姿や情景。心象。形象」はその「想い」がよりいっそう鮮やかに形づくっていくものなのだと実感できた。

Little Blue and Little Yellow/Leo Lionni

あおくんときいろちゃん/レオ レオー二<

Bruno Munari 

May 19 [Mon], 2003, 11:56
ミラノ生まれのデザイナー(1907-1988)「役に立たない機械」で有名。

この「芸術としてのデザイン」という本書の中に「デザイナーとは何か?」という問い掛けがある。その問いとして、「それは美的なセンスをもったプランナーである」とある。「周囲の人たちの芸術及び芸術家に対する先入観、学校で覚えた概念を取り除くこと」でもある。「ほんとうの意味でデザインされたものを用いる人は誰でも、自分のためにつくってくれた芸術家の存在を感ずる。その生活条件をよくして、その美的な好みや感覚の発達を助長してくれているのを感ずる」とある。かつての宮廷芸術家たちがそうであったように、現代のデザイナーとは他人より「美」に関する感覚が鋭敏な人を差す。何をもって「美」となすべきかは様々な意見があろうが、少なくともダイナミックで計算されたプロポーションは必然的に、黄金律をまとい美しいと多くの人は感じるだろう。最大公約数的に、「美」をまとめプランニングするのが現代のデザイナーであるならば、「役に立たない機械」こそ、誰のためにもデザインしないそれこそ至高の芸術と「ムナーリ」は考えていたのではないか?とふと思う。

「芸術としてのデザイン」 ダヴィッド社 ISBN4-8048-0046-8

Thin FireWire 

March 26 [Wed], 2003, 17:48
パッケージングというのは、プロダクトデザインをユーザに伝えるための重要な要素だと思うが、個々の製品においてすべてに目を行き届かせるのは大変難しいことだ。

しかし、重箱の隅をつつくがごとく細かなサプライ品にまでそのデザイン的な配慮が施されていると大変気持ちが良い。先日のiPodの充電に関して、付属のFireWireケーブルでは長すぎて面白くないと感じていたので「AppleStore」にて30センチの「6pinto6pin」と1.8メートルの「4pinto6pin」をオーダーしてみた。

届いた商品は、画像のごとくAppleのコーポレート戦略に沿ったかのようなシンプル&エレガントを基調としたパッケージングである。SONYも「iLink」としてFireWireをサポートする会社であるが、かの会社はVAIOカラーの「紫」を基調としておりApple製品を併用するにはそぐわない。またサードパーティ製品も「黒」もしくは「灰色」で、オーディオ製品にマッチするカラーの選択となっている。となると、やはりApple純正のFireWireケーブルが一番収まりが良い。

ケーブル自体も、細いしなやかな構造となっておりサードパーティ製の剛性が強いかつてのSCSIケーブルのようなものとは一線を画く。Apple製品のすべてがベストとは言わないが、こうした細かなサプライ品のアイデンティティにまで気を配っている点は高く評価したい。

かつては「20周年Macintosh(いづれ取り上げる予定)」という少量限定品において、添付のリモコンが量産品の「Parfomer」と同じもので大変残念に思ったこともあったが、少しずつブランドとしての「Apple」を取り戻しつつあるように思えることが大変喜ばしいことだ。

また、このパッケージは什器用にパンチ穴が開けられている。日本ではまだ展開されてはいないが、おそらくこれは「Apple Retail Store」こと直営店での販売向けに生産されているものなのだろう。銀座に日本の第一号店が進出するという噂もあるが、もしかしたら日本でも、Appleの整然とした陳列にお目にかかることができるのかもしれない。

Digital Imaging 

March 24 [Mon], 2003, 13:39
FinePIXF601は、これまででイチバン気に入っているデジカメである。

今まで購入したデジカメはEPSON「CP-500」NIKON「COOLPIX 100」Fuji「FinePIX PR21」と三台使ってきたところで、「FinePIX6800Z」に出会った。この縦型デジカメは、ポルシェデザインと600万画素相当のハニカムCCDとクレードルシステムが斬新な存在でした。ポルシェデザインは今までの縦型FinePIXの造形処理をさらにそぎ落とし、機能美がデザインとして存在できる製品に仕上がっていた。これには一目ぼれで、欲しいと思いつつも定価128,000円を鑑みつつ、逡巡していたら新型に変わってしまった・・・

結局、その後継機「F601」は「6800Z」のソリッドデザインを曖昧な感じにしてしまったものだったが、それでもCCD回路の設計リファインに期待を寄せて(6800Zには不具合が頻発した)手ごろな価格になったところで入手した。

フラッシュが自動でポップアップしないことと、ハニカムCCDが光量が少ないシーンでの再現力に劣ることに面食らったが、所有しそれで撮影することの面白さは堪能している。クレイドルシステムは6800Z以降、他のメーカーでも採用されているが、やはりこれは便利である。ただ惜しむらくは、電源を別に必要とすることとUSBであることだろう。もしこれがFireWireならば、充電と転送速度の問題はクリアできたと思う。

ことさら、モノに執着するなんてのは自分にアイデンティティを確立することのできないモラトリアム青年みたいだが、そのフェティシュな嗜好から生まれる何かがあるのだ!と自分を自分で納得(自愛ともいう)させつつ、日々是シャッターを押すのであった。

Air Conditioner 

February 27 [Thu], 2003, 10:39
昔、「パラダイムシフト」という述語が流行った覚えがある。社会全体の理論的枠組みの変動、社会全体の価値観の移行のことなのだが、有り体に言えば今までと見方考え方そして行動を変えることにほかならない。FolksWagenのGolfというクルマが好きで、購入してから3年になるが今までのこのクルマのエアコンの吹き出し口は、デフロスターと車内冷暖房は同時に使えないと思い込んでいた。しかし在るとき、そのダイアル式スイッチはデフロスターと車内冷暖房の切り替えの中間でも、その役割を果たすと気づいた時にはがく然とした。日本車は大抵切り替え式のスイッチで、デフロスター、車内冷暖房、その両方といった役割のボタンをあてがい、ユーザーは自分の好みに応じて、そのボタンを押すという構造なのだが、これだとデフロスターを少し弱めつつ、車内への風量を上げたい場合はどうにもならない。しかし、Golfの極めてアナログ的ダイアルならばその調節はユーザの自在である。そういったことに気づかずに、今まで乗ってきた自分のバカさ加減にあきれつつも、今となっては古めかしい感じもするダイアル式のインタフェースを採用したプロダクトデザイナーの力量に感嘆する。物事に当たるに先入観をなくすことが肝要と日頃思いつつも、それが実行できていないことのよい例のようにも思えた。すべての行動を様式に当てはめ、想定する行動しかできていないというのは、発想の貧しさゆえか?それともデジタルな二進法的(0か1か)思考法が身に染みついてしまったゆえなのか?いづれにしろ、このAirConditionerには驚かされた。

iPod is here 

February 20 [Thu], 2003, 17:25
Appleが販売しているMP3プレイヤー「iPod」。コンセプトは画期的でとても使いやすいと評判の代物。しかしMP3プレイヤーは過去にグリーンハウス社製の「Kana2000」を一万円弱で購入しており、ポータブルプレイヤーとして購入予定金額としてはそれくらいでとても「iPod」の三万強の金額を出すには躊躇していたのだが、先日懸賞でそれが当たってしまった。手元には10GBのiPodがあるのだが、やはり使ってみて初めてこの製品の素晴らしさに驚嘆してしまう。iTuneはすでに11GBになっているので、そのすべてを持っていくわけにはいかないが、今までに購入したCDのほとんどを持ち歩けるということは本当にスゴイことだ。前述のKana2000の場合、CFメディアを使うということで128MBのものを購入し使っていたが、アルバム2枚程度しか入らず、曲の入れ替えはUSB1.1で遅く面倒かつ音飛びもありほどなくして使わなくなっていたが、このiPodならばそれが苦にならないのである。FireWireの利便性は言うまでもないが、メディアの容量が大きいということはそれだけ用途が存在するわけで、ファイルの持ち運びにもとても重宝するものだ。ただ現在ひとつ心配なのが、これが所謂ハードディスクであることと、充電池の交換の問題である。ハードディスクは消耗品であるから、経年劣化も起こすだろうし如何に「リチウムポリマーバッテリ」と言えど、へたりを起こすだろう。そうなったときに、アップルはサポートしてくれるのだろうか?それとも新しいものへの買い替えを促すのだろうか?使い捨てを推奨するがごとく、モノの価値が目減りしている昨今において、愛着の湧いた品物を末長く使い続けることの難しさは年を追うごとに増していくようで、憂うばかりである。
P R
2009年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像盗賊
» ヤプース移行 (2008年10月20日)
アイコン画像じゃぶ
» ヤプース移行 (2008年10月06日)
アイコン画像新妻Y
» ヤプース移行 (2008年09月30日)
アイコン画像酢だこ
» ヤプース移行 (2008年09月26日)
アイコン画像隙間男
» ヤプース移行 (2008年09月24日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sugajun
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 職業:会社員
読者になる
ヤプースから移行した時に、エントリーをほとんどなくした模様。悲しいねぇ...というわけで、Respect Memo の逆襲というカタチでBloggerの方で新たにサイトをすることにしたのでした。でもここも更新するかもなぁ。
Yapme!一覧