帰国 

2017年09月17日(日) 23時39分
さきほど、帰国致しました。

土曜の明るい時間にあちらを出たのに、もう日曜の深夜だもんね。長かった。

最終日は観光というよりお土産とか見る日という感じで、
まずは、いつも下から見上げてばかりで行っていなかった、文化科学宮殿へ。


スターリン建築の代表例のひとつとして興味深い。
上からの眺めも良かったです。


一通り回ってから上に行ったので、どこに何があるかよくわかりました。


その後は旧市街のお土産屋さんなんかをはしごして、終わりという感じです。

昼に何気なく入ったイタリア料理屋さんで食べたカルボナーラが絶品でした。


そんなこんなで、今回も面白い旅ができました。

ウッチ 

2017年09月15日(金) 23時41分
遂に最後の夜となりました。

さて、今日はワルシャワを離れ、ウッチへ。
??d?とかいてウッチです。
読めません。

世界の車窓からよろしくICに揺られること一時間半。
ウッチはポーランド第二(ものによって第三)の都市だそうです。そのわりに知られてないですね。

この都市は私の好きなピアニストのアルトゥール・ルービンシュタイン出生の地ということで、彼にまつわるものがいくつかあることを知り、行ってみることにしたのです。

結果、彼とのツーショットを撮ることができ、満足。




(ルービンシュタインをご存じない方へ)
https://youtu.be/gFlyKTyFfrs

かつては繊維工業で栄えた街らしいですが、今は映画などに力を入れているみたいです。
今は、といっても歴史は古く、アンジェイ・ワイダやロマン・ポランスキーもこのウッチで映画を学んでいます。



繊維工場はリノベーションをへて、ショッピングセンターになっていたりもします。


さ、明日はゆっくり休みつつ、帰りますよ。

ワルシャワ観光 

2017年09月14日(木) 22時22分
もう六日目ですか、早いものです。

さて、今日はワルシャワ観光のメインですよ。

ちょっと天気は悪いですが張り切っていきます。

聖十字架教会でショパンの心臓が埋められている柱を見たり、
ワルシャワ大学でショパンの家を見たり

しつつ、旧市街へ。
大戦で廃墟と化したこの街並みを見事に復活させたワルシャワ市民には頭が下がる思いです。



見事の一言。

ショパンも通ったという店でランチしたんですが、
BGMがポップスで、まあそんなもんだよねと思っていたところ、日本人のツアーが着いた途端にショパンに変わって笑いました。


その後はポーランドユダヤ人博物館と、

ワルシャワ蜂起博物館

という重めのメニューをはしご。
ワルシャワに来たからには見とかないとね。
後者の方が迫力あって個人的には好き。

夜になったのでまた旧市街に出て、夜の姿も拝見です。


雨の夜景はリフレクションが綺麗で味がありますね。


移動日 

2017年09月13日(水) 22時15分
ベラルーシからポーランドへ戻る日が来ました。
あっという間の三泊四日。
来る前は不安も多くあったけど、帰るときにはかなり好きな国になってました。

ワルシャワとミンスクの間は、ポーランド航空とベラヴィア航空のコードシェア便で行き来したのですが、行きはポーランド航空だったものの、帰りはベラヴィア航空になりました。



またこのベラヴィアの機体が古くて。
座席に灰皿ついてるの久しぶりに見たよ。
さすがに使ってはいませんでしたが。
今のところこの旅の一番の恐怖でした。

さて、ワルシャワにつきまして、すでに夕方ということもあり、そんなにあちこち行く気力もなく。
まずはショパン博物館へ。



ショパンに関する色々なものが展示されています。
本人が使っていたピアノとかテンション上がるね。

そのあとはオペラ座を見たり


ショパンコンクールの会場としても有名なフィルハーモニーを見たり


と、なんだかんだまた歩きまくってしまいました。

ミンスク市内観光とオペラ 

2017年09月13日(水) 0時15分
ベラルーシにいられるのもあとわずか。まだちゃんと行けてなかったミンスク市内を歩きます。

そんなに広い街ではないですが、歩くとなるとそこそこの距離。しかも意外とアップダウンがある。でも面白いので歩ける距離なら歩いてしまいます。
しかし、普段5000歩歩かないくらいなのに、今日は25000歩越えてますからね。さすがに限界です。

聖母マリア聖堂

聖霊大聖堂


ボリショイ劇場


十月広場


勝利広場



などなど、とにかく色々と歩き回りました。



朝一でチケット取ったボリショイ劇場のオペラ(カルメン)も素晴らしかった!350円弱の席とは思えぬ素晴らしい席で見事な演奏を聴けました。音楽が生活に根付いてるんだなあ、と実感。

その前にベラルーシらしいものということで、名物のドラニキを頂きました。

じゃがいもを平べったくして揚げたもの。
居酒屋メニューでありそうな感じ。


さて、明日はワルシャワに戻ります。

ミール&ニャースヴィジ 

2017年09月11日(月) 23時53分
今日はベラルーシのメイン、世界遺産のお城二つに行ってきました。

公共交通機関で行ける?って事前に宿に問い合わせてみたところ、
「ロシア語話せないんやし無理だっぺ(意訳)」
と言われてしまったので、現地バスツアーを選択。

で、昨日、ホテルのフロントで頼もうとしたら、明日はロシア語のツアーしかないよって。
まあ、交通手段が確保できれば良いので、一抹の不安を残しつつそれにしました。

延々分からない言葉が浴びせられるってのは、なかなかしんどいですね!(英語話せる人が同行していたので必要な情報だけ聞き出してました。)

さて、ミール城とニャースヴィジ城ですが、どちらも想像以上に素晴らしいところでした。
これに行けただけでもベラルーシまで来た甲斐があるってもんです。

まずミール城

いろんなところで見たこのアングル。
これですよこれ。
中にはいると、

ふーん、という感じですかね。
なんかこのお城、防御力低かったらしいですよ。
煉瓦の間に石挟んで安く仕上げたんだけど、見た目的にレーズンて呼ばれてるとか、面白かった(もちろんロシア語の解説は一言も分からないので、英訳してもらった情報による)。

中の博物館も途中から一人行動にしました。
だって分からないんだもの。

外に出ると、湖に映るお城がきれい。

幻想的!この辺から晴れてきたし。

お昼もついてたんですが、ボルシチ出ました。
名物なの忘れてた。

そしてまたバスでひた走り、ニャースヴィジへ。
こちらは城だけでなく他の建物も世界遺産。

市庁舎や、

教会なんかも含まれています。

でもやはり、メインはニャースヴィジ城ですよね。

こちらも入り口からテンション上がる。

中にはいると、

かっこいい!
ミール城の地味な感じとは違って、洗練されてる気がします。

こちらも博物館は自由行動にし、ぷらぷら。

お堀に映ったお城が美しすぎてビックリ。

なんかのだまし絵かと思ったわ。





そんなわけで、こんな綺麗なところが埋もれていたなんて、というくらいのおすすめ。
公共交通機関で行かなくて良かった(笑)
4000円強で一日楽しめるんだから、ツアーが便利ですね。(ロシア語の嵐に耐えなくてはなりませんが。英語のツアーもあるみたいですよ)

一日かかって疲れたけど楽しかった!

ベラルーシへのビザなし入国 

2017年09月10日(日) 23時09分
せっかくなので。
事前に調べたときもほとんど情報なかったし。

ベラルーシは今年から、ビザなし5日間制度を導入しています。
すなわち、一定の国の国民は、ベラルーシのビザをとらなくても、5日間は滞在が可能になりました。


しかし、条件があります。

その一定の国の国民であることと、
旅行保険に入ることと、
空路で入国することと、
一定以上のお金を持っていること。

二つ目がネックなのですが、ミンスク第2空港で入れますのでご心配なく。
四つ目はチェックされませんでした。

三つ目も落とし穴がありまして、
ロシア経由だと適用されません。
日本からだとモスクワ経由が一番安くて早いんですが、その場合はロシアの通過ビザが必要なようです。
全くけしからんですね。

飛行機乗るときに5日以内かってめっちゃ聞かれるし、入国できないってことはあまり無さそうです。(前述のロシア経由を除いて)

ミンスク着 

2017年09月10日(日) 23時02分
ワルシャワついたと思ったら、もう次の目的地へ。
というよりは、ワルシャワは長めのトランジット扱いです。(また戻ってきます)


てことで、ベラルーシの首都ミンスクへやって来ました。

まだ来て間もないですが、なかなか面白そう。
思ったより綺麗だし平和だし、良さそうな街です。

まず向かったのは、名前が覚えられない大きな広場。

この丸いのの下はショッピングセンターです。

そしてこの広場にいるのが、

そう、レーニン像。
ここだけソ連時代に取り残されているような気持ちになります。
この国ではそういう気持ちになるところがいくつもあるので面白い。


そして、地下鉄に乗り向かったのがこちら。

国立図書館。
このバクテリオファージのような外観に惹かれ、
ずっと来たかったのです。
行けてよかった。
上にも上りましたが、たいして何が見えると言うようなものでもありませんでした。
夜になるとまた光り出すんです。

うける。


帰ってきたら、通りがかっこいいことに。


侮れません。




ワルシャワ着 

2017年09月09日(土) 21時46分
旅日記再開です。

金曜の仕事を一時間早くあがり、
家に帰ってなんか忘れてないかとチェックした上で、バスで羽田へ。

9日の00:01発の予定が、早まって8日の23:50発になりました。
結果的に早めに着いたみたい。

2度目のカタール航空ですが、今回はさらに最新で、タッチパネル2画面という。
結局大きい方しか使わなかったけど。
そして、機外映像がいつでも見放題なのいい。


そこからさらに五時間ほどかけてやっと着きました。

東京からの便はかなり満席状態でしたが、ワルシャワ行きの便はガラガラだったので、横にならせていただきました。
やっぱりよくは寝られませんね。



さて、ワルシャワに着いて、電車降りたらいきなり文化科学宮殿がお出迎え。

テンション上がる。

とりあえずホステルに荷物だけ置きつつ、外れにあるワジェンキ公園へ。
有名なショパン像があります。


それだけでなく、綺麗なワジェンキ宮殿もありますし

公園自体非常に広くて緑も多く、リスなんかもいたり、素晴らしいところでした。
この近くにすみたい。(高級住宅街らしいですが)

そのあと、ここは是非と思っていた、ワルシャワゲットーの跡へ。


歩き方に載ってなくて、Googleマップで見つけたレベルなのですが、当時の壁が残ってるんです。

場所がめちゃ分かりづらいので初見殺しですが、何だかとても雰囲気ある場所でした。
(たまたま学生の見学に当たってしまい、人が多くて微妙でしたが。)

その後は駅前のショッピングモールでうろうらしつつ、フードコートで夕飯食べて帰ってきました。


なんか疲れてめっちゃ眠い。

ワンダーウーマン 

2017年09月04日(月) 20時44分
ワンダーウーマン


アメコミのキャラね、
くらいの予備知識しかない状態で鑑賞。



まさかの敵がナチスドイツ。
これでちょっとテンション上がった。


とりあえず主人公のガル・ガドットがとても美しいです。
凄いスタイル。



意外にも(と言ったら失礼ですが)ストーリーは練られていました。

しかしまあ、笑っちゃうような場面もしばしば。

笑かしに来ている場面もあるんですけどね。



なんだかんだで、アメリカ!って感じの映画でした。

普通に何も考えずに観られて面白かったです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Sue
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-主にクラシック。最近ジャズも
    ・旅行-一人でぶらぶらすることが多い
    ・写真-ミラーレス一眼を手に入れた。
読者になる
Copyright (C) Sue 2005-2017.
All rights reserved.
最新コメント
アイコン画像とら
» 結婚式と二次会幹事 (2016年03月14日)
アイコン画像えすえすえすけー
» 結婚式と二次会幹事 (2016年03月14日)
アイコン画像あや
» ローの友人結婚披露宴 (2015年12月01日)
アイコン画像Sue
» レオン (2015年01月05日)
アイコン画像しまづー
» レオン (2015年01月04日)
アイコン画像Sue
» アルジャーノンに花束を (2014年12月20日)
アイコン画像むしゃお
» アルジャーノンに花束を (2014年12月20日)
アイコン画像Sue
» 機内映画 (2014年11月21日)
アイコン画像むしゃお
» 機内映画 (2014年11月21日)
アイコン画像管理人
» 名古屋 (2014年11月18日)
Yapme!一覧
読者になる